FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

     ※
昨日から、少し気になっていたことがあった。
それは、「鬼首(おにこうべ)」が近いこと。

鬼首トンネルを見てもなあ・・、と思っていたら、鬼首温泉があった。
行ったら、何か分かるかも知れない。
そう思って、昼に出発した。

鬼首については、以前書きました。
   1月11日   1月12日

鬼首温泉は、鳴子温泉から、山の中に入っていった。
              場所は、ここ

温泉宿は幾つかあったが、「すぱ鬼首の湯」という温泉に入った。
受付は、若い男の人だった。(もしかして、女の人)
鬼首伝説について聞いたが、知ってはいなかった。
資料も特に置いていなかった。

温泉は、若い男の人二人と私。
変わったことがあった。
シャンプーなどが、温かい。
変だなあと思って、目の前のタイルの壁を触ってみた。
温かい。 熱いといってもいい。
この理由は、後で予想がついた。

_MG_3039.jpg

受付のお兄さんに、近くに、行って面白いとこはないか、聞いた。
地獄谷があると言った。 道を教えてもらった。

駐車場に、鬼首伝説が書いてあった。
ブログに書いたのと似ている。 最後の方は、初めてかな。
この地獄谷との結びつきが、何かありそうなんだが。

_MG_3044.jpg

細い道を歩くんだが、川沿いが何となく湯気でかすんでいる。
この後見る光景は、私の予想を、はるかに越えるものだった。

_MG_3050.jpg

私は、もしかして、川の水は温かいのでは、と思って道から降りて、川に手を入れようとした。
その瞬間すべって、片足をぬらした。 
手を入れる前に、足で温かいと分かった。 ほぼ温泉と同じ温度。

_MG_3051.jpg

このように、湯気が濃くなってきた。
いたる所から出ている。

_MG_3053.jpg

お湯が流れてきている。 沸騰した状態で。

_MG_3054.jpg

さらに行ったら、お湯を吹き上げていた。
お湯は、7㍍くらいか。 水蒸気は、30㍍位。

_MG_3060.jpg

近づいて、吹き出し口を撮った。 すごい勢い。
足下の、あちらこちらから、お湯が出ている。
どうして吹き出すのか、その理屈を知りたいです。

※予想  地下水が地下の高温の所に流れ込む。 一気に沸騰して体積がふくらみ、その逃げ場所が上に狭くあったときに、このように吹き出す。

_MG_3066.jpg

この蝶は、温かいとこが好きなようだ。 薄い紫色でした。

_MG_3064.jpg

温泉で一緒だった二人が、先に来て温泉卵を作っていた。
近くに、金網で出来た、ザルが置いてあった。
一つご馳走になった。

_MG_3063.jpg

向こうから歩いてきた。

_MG_3079.jpg

音を立てて吹き出している。
転んで落ちたら、大やけどだ。 用心して歩いた。

_MG_3072.jpg

こういうのが、いっぱあるから、川がお湯になってしまう。

_MG_3076.jpg

大きく宣伝してないから、人は少ない。
出会ったのは、若い二人の他に、二組。
子供を連れて行ける場所ではない。

ここは、温泉から、すぐ近く。
温泉街にも、湯気が噴き出しているところが、あっちこっちに。
今日入った温泉も、吹き出してる所に作ったかもしれない。
そうしたら、建物も温かくなる。

登別温泉にも鬼がある。
地獄谷があるから、はっきりした鬼伝説が残ったのか。
その部分は、分からない。

まてよ。 地獄のふたの番をしているのは、鬼だったか。
そうか、地獄谷と鬼は結びつきやすいんだ。
そういうことか。

伝説の中に、事実が含まれていることもあるのかな。
今となっては分からないが、何かの事実があって生まれたのではとも、思いますね。

温泉をもっと行くと、鬼首トンネルです。
それを越えると、4月に通った、小町の雄勝に着きます。

7月に入りました。 旅に出て、3か月が過ぎました。
これが、梅雨なのか。 毎日雨が降ります。


※ 芭蕉は、320年前、1689年の旧暦5月15日に、昨日書いた封人の家に着きました。 その日は、新暦では、7月1日。 つまり、今日なんですよ。 梅雨の時期なので、今日と同じ雨でした。 明日も雨で、明後日、山刀伐峠を越えます。 今日、私は鳴子温泉の辺りを走っていましたから、320年前の芭蕉にどこかで会っていたかも知れない。


【今日の道の駅】   路田里はなやま 

【温泉】      すぱ鬼首の湯   500円

【明日の予定】   ここに何かあったら、ここに。  中尊寺に向かうか?  雨が降ったら、どこかで一休み。 本を読みます。

《今日の歌》    太陽がいっぱい(YouTube)  これを聞いて、寝ます。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/611-9d6da51f

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。