キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ※
この女の人の、心の中を知りたい。
そんな思いで、絵を見に行ってきました。
ほぼ、分かりました。

国立トレチャコフ美術館展。
忘れえぬロシア
会場は、盛岡市にある岩手県立美術館。 
展示作品数、75。

ロシアには、二つ大きな美術館があります。
エルミタージュ美術館(サンクトペテルブルグ)と国立トレチャコフ美術館です。
モスクワにあるトレチャコフ美術館は、10万点以上の作品を所蔵し、年間133万人が訪れるそうです。
   トレチャコフ美術館
その中で、絶大な人気を誇っているのが、この「忘れえぬ女(ひと)」です。
ロシアのモナリザとも呼ばれています。

会場は幾つかの部屋に分かれており、メインの部屋の奥の真ん中に、この絵はありました。 大きな存在感をもって輝いて見えました。

作者は、イワン・クラムスコイ。 1883年の作品。 油彩。 大きさは、75.5×99.0。
この写真の色合いは、原画とほぼ同じです。

この表情です

7no3.jpg

初め、絵の左側に立って見ました。 しばらくして、右側に絵を見ながら移動してみました。 彼女の視線は、私を追いました
傲慢な表情だという意見があるが、そうは見えません。

この絵が描かれた場所は、サンクトペテルブルグ。(昔のレニングラード)
冬の冷たい朝靄(もや)の中を、馬車でネフスキー大通りを通った時、クラムスコイと視線が合いました。
着飾ったこの女性(麗人)が誰かは、分かっていません。 クラムスコイは記録を残しませんでした。 今も、伝説に包まれています。 
この絵の原題は、「見知らぬ女(UNKNOWN LADY)」です。 

会場には、ほぼ2時間半いましたが、そのうちの2時間は、この絵の前にいました。 説明をメモしたり、絵を見て感じたことや気づいたことを小さなノートに書き続けました。 また、音声の説明が聞けるのを、首から下げ、イヤホンで聴いていました。

※ 大きくなります。
2.jpg

絵について気づいたことは。

 
① 帽子の飾りにある、真珠のような二つのものが、実物では写真以上に輝いていました。それは、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の、真珠のような存在感でした。 その絵はここに
② 頬(ほほ)と顎に、うっすらと、が入っていました。
③ 唇に、つやを出している。(このような化粧品が、ありますね)
④ 服装は、黒で統一している。 ただ、髪は黒でなく、少し焦げ茶っぽい。 写真でも分かります。 朝靄でバックの家が霞んだのは、その黒を引き立たせるには、ちょうど良かった。 (引き立たせるために、朝靄にした)
⑤ 黒いリボンが胸に掛かり、とてもいいアクセントになっている。 体つきを豊かな感じにしている。
⑥ この馬車は、幌を上げた状態。
⑦ 手の状態がはっきりしない。 毛皮の手袋を浅くはいているのか。
⑧ 単純に、つんとした感じではなく、誇り高い感じに見える。
⑨ 近づくに従って、目の表情がはっきりするため、心の中の想像がしやすくなった。
⑩ 耳は、下の写真より色が白く、薄く感じる繊細な耳。
⑪ 耳の前の髪は、小さくカールしていますね。
⑫ 髪は後でまとめていると考えていいでしょうか。
⑬ 頬から顎にかけては、ふっくらとしており、小野小町と共通のものを感じた。
⑭ 誘惑の視線とも言われているが、そうも見えるし、そうでなくも見える。
⑮ 目を至近距離でみると、潤いがある。
⑯ 保存状態がとてもよく、近づいても、ひび割れは全くない

誇り高い、端正な顔立ちです。
  ※ 右から見たら右を、左から見たら左を見ますよ。

6no2.jpg

本題に入ります。 心の中についてです。
まず、クラムスコイはどんな人間だったかです。
説明に、こうありました。

サンクトペテルブルグには、美術アカデミーという組織があった。 約束事や厳格な行動基準があって、彼はそれに反発した。 アカデミーを脱退した。 彼は、常に民衆の立場に立ち、民主的理想を胸に、リアリズムを追求した。
この作品を描いた1883年は、ロマノフ王朝の時代。 30数年後、1917年のロシア革命で王朝時代は終わりをつげる。 そういう時代。

そして、こうありました。(想像で)
彼は、社会の中での女性の平等といった、来るべき新しいロシア社会の到来を見据えていたのでしょう。 それは、忘れかけていた人間の誇りだったかもしれません、と。

説明は、ここまででしたが、これで分かりました。

この女性の、尊厳と誇りに満ちた表情は、クラムスコイのアカデミーに対するものでした。 また、その時代の社会、つまりロマノフ王朝に対するものでもありました。 個人の自由や尊厳が抑圧された時代であり社会でした。
彼は、女性の美を借りて、自分の意志を表現していました。

それは、クラムスコイが、一番描きたかったものでした。 また、描かなければならないと考えていたものでした。 考え方によっては、この絵は、クラムスコイの自画像と言ってもいいかもしれません。

これは、本物の自画像。 何かを思っている目ですね。
映画のパピヨンの中で、命をかけて自由を求めた、スティーブ・マックイーンの目と同じですよ。  ※ここに
権力や社会の矛盾に対して挑戦する目です。 もちろん、鋭く見抜いて。

10.jpg

クラムスコイは、絵の中の女性を知っていたのか、という問題です。
想像ですが、知っていたと思いますね。
この人の考え(思想)も知っていた。
その日、通ることも。

これだけの服装をしているから、上流階級です。
でも、そういう人の中にも、今の社会に矛盾を感じてる人は、います。
その女性は、クラムスコイを見て、何らかの表情をし、気持ちを伝えたと思います。 それは、私もあなたの考えと同じですよ、かもしれない。
クラムスコイは、女性の表情に、自分の心の中の表情を重ね、この絵を生み出したと考えます。

絵の題名は、彼はその女性を知っていたし自分を重ねていたから、反対の「UNKNOWN LADY(見知らぬ女)」にしました。 知っていたから、記録に残さなかった。 そう思います。

※追記  別の考えです。 もしかしたら、この二人は、綿密な打ち合わせをしていた可能性がある。モデルを彼女にお願いした。馬車に乗っている姿は、別の場所でも描ける。服装も表情も要求したかも知れない。望む表情は分かっているし、彼女の内面を知っているから、彼女がそういう表情を作れことも知っている。 外に対して、そのようにして描いたとは言えない。見知らぬ女にすれば、一瞬を捉えて描いたことになる。 どうでしょう。この可能性はありますよ。彼女の身なりが、あまりにも完璧なので、そう思いました。 考えすぎでしょうか。

今日は、この絵の女性の心の中が、何とか見当がつきました。 想像の部分が多いですが。
女性の美しさには、男にはない、大きな力を持っているように感じました。
いい絵を見ました。


これは、トルストイを描いたもの。

トルストイ

この女性の心の中も、いろいろ想像できますよ。

9.jpg

クラムスコイの絵には、そういうものが多いと、説明にありました。

12.jpg


「忘れえぬ女」の、絵の前から去るとき、最後に、2メートルほど離れて正面から彼女の目を見つめました。 彼女もこっちを見ます。 私は、クラクラッとなって、後に倒れそうになりました。(笑)

何時か、また見る機会があれば、もう一度見たいと思います。



【今日の道の駅】     にしね   場所は、ここ

【明日の予定】      北に行こうと。 明日は、のんびりするかな。


《今日の歌》      モスクワ郊外の夕べ(YouTube)    

               コロブチカ(YouTube)   いつものとは、違うのを。

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/617-6f9f4974

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。