キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ※
朝7時頃から、外は賑やかだった。
ラジコンカー・レースの大会が、駐車場であった。

目の回る速さ。 驚くテクニックだ。
車をコントロールする人は、向こうの台の上にいる。(6人)

_MG_3622.jpg

スタートに並んだ。
1秒おきくらいに、順にスタートする。

_MG_3628.jpg

路外に飛んで行く車は、滅多にない。
5分経ったら、ゴールを目指して、早いのが勝ち。
こういうのに、燃えている人もいる。

_MG_3620.jpg

今日は、地図などの情報を、ネットで確認してから行った。
まず、沼袋の水という、湧水があるので行ってみた。  場所は十和田市。
公園になっている。 ペットボトルを一つ持った。

_MG_3633.jpg

さあ飲もうかと思ったら、こう書いてある。
湧かしてから飲んでください」と。
それなのに、水を飲む杓子を置いている。
すぐ近くの沼袋の水も飲めない。
ここは、名水100選になっているのに。
名水返上だ。

_MG_3632.jpg

こういうガッカリするところも、時々ある。
仕方ないから、花の写真を撮った。

_MG_3631.jpg

今日の予定は、道の駅七戸で、馬肉ラーメンを食べて、道の駅みさわに行く予定。
そのラーメンがこれ。   場所は、ここ
ネットで調べたら、あった。 詳しい評判は分からなかった。

馬の肉は、赤身だと思っていた。
肉は、白身の混ざったのだった。 ちょっと苦手だ。
そのうち、馬の顔が浮かんできたら、食べれなくなった。
麺も3分の一ほど残した。

DSC00745.jpg

食べた後の、後味というのが良くなかった。
道の駅の外で、甘エビの唐揚げが売っていた。
口直しにと思って買って食べた。
半分食べたら、脂っこいから飽きてきた。
口直しに、今度は、野菜ジュースを飲んだ。 やっと落ち着いた。

寺山修司記念館に向かった。
道の駅を出て、5分ほど走ったら、火事に出会った。
そう言えば、ラーメン食べて外に出たとき、サイレンの音が聞こえた。

_MG_3635.jpg

家の中の物は、全部だめでしょうね。
建物が、この状態の時、保険金はどう下りるんでしょうね。

_MG_3638.jpg

車で毎日走っていると、事故に出会うことがある。
書かなかったが、6月に軽の乗用と軽トラの正面衝突を見た。事故直後。
みんな助かったようだが、軽トラの運転手が、はさまって出られない。
そんなのがあった。   この日のブログに、別の事故の写真がありますよ。

道を走っていると、こんな木が目立った。青森ヒバだと思います。

_MG_3642.jpg

上の木のないところは、北海道の土地の感じに似ている。
畑の中の道は真っ直ぐ。高い山はない。

ここが、寺山修司記念館
いい言葉か、面白い言葉に出会えそうなので行ってみた。 場所は、この辺り

_MG_3646.jpg

この人も、石川啄木も、太宰治も東北出身。3人とも変わっている。
寺山修司は、多才な人だった。 詳しくは、ここを

_MG_3658.jpg

この人は、職業を聞かれたら、「寺山修司」ですと、答えていた。
言葉の錬金術師と呼ばれていた。
こんな詩がありました。

ひとの一生かくれんぼ
あたしはいつも鬼ばかり

赤い夕日の裏町で
もういいかい まあだだよ

百年たったら帰っておいで
百年たてばその意味わかる

かもめは飛びながら歌をおぼえ
人生は遊びながら年老いてゆく

人はだれでも
遊びという名の劇場をもつことができる

どんな鳥だって
想像力より高く飛ぶことは
できないだろう

わかれは必然的だが
出会いは偶然である

野に咲く花の名前は知らない
だけど野に咲く花が好き

人生はたかだか
レースの競馬だ!

_MG_3654.jpg

47歳で亡くなる。
肝硬変だったというから、お酒を飲み過ぎたのか。

_MG_3656.jpg

記念館の中は、撮影できない。
外の壁に貼ってあったのを、撮した。

凡人には、思いつかない発想です。

_MG_3657.jpg

涙のことを言っているが、涙がただの水ではないと言ってるのか。

_MG_3659.jpg

俵万智の歌はいい。こんなのもありましたね。
四万十に 光の粒をまきながら 川面をなでる 風の手のひら

_MG_3660.jpg

詩碑がありました。記念館から歩いて、5分。
書いてあることは、難しかった。 

_MG_3653.jpg

_MG_3652.jpg

こんなのが。

_MG_3651.jpg

見下ろすと、沼が見えた。。

_MG_3648.jpg

釣り人がいた。フライという釣り方。うっすらと、ラインが見えるでしょうか

_MG_3650.jpg

寺山修司が、たくさんの質問答えていた。(音声で聞ける)
人の肉を、必要があれば食べれるかと聞かれた。
こう答えた。(要約すると)

人は、牛の肉とか食べる。
牛は、大量の穀物を食べる。
その穀物は、輸入している。
その穀物の生産のために、犠牲になっている人達がいる。
その中には、亡くなっている人もいる。
牛の肉を食べることは、その人達を食べてる様なもんだ、と。


あと一つ。
寺山修司に、小包が届いた。
お礼の手紙(ハガキ)は、こんな内容。

漂着せし 小包の中に
ただひと筋ではありますが
正体不明の黒髪のありましたことを
ご報告いたします。

退屈しない資料館では、ありました。


【今日の道の駅】   道の駅みさわ の予定だったが、ゲートを閉めるという。 6時に、40数㎞離れた所まで走った。 道の駅を返上すればいい。  
             今いるとこは、道の駅よこはま。  場所は、ここ。 こんなとこまで、来てしまった。

【温泉】         三沢市民の森温泉浴場  150円  安いです。 記念館の近く。

【明日の予定】    恐山   どうして、こんな霊場ができたのか。知りたいですね。 


《今日の歌》     時には母のない子のように(YouTube)  作詞は寺山修司

           わすれ雪(YouTube)  手仕事屋きち兵衛

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/622-f8f22726

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。