FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

     ※
鹿部間歇泉(かんけつせん)は、しかべ間歇泉公園にあった。 場所は、この辺
間歇泉を取り巻くように、建物がある。

_MG_4068.jpg

300円を払って入ったら、吹き上げてるところだった。
15㍍以上吹き上がるが、近くに家があるため、10㍍位の所で抑えている。

_MG_3966.jpg

間歇泉だから、時間を置いて吹き出す。
ここは、10分置きに。

上の写真から10分後に別の場所から撮影。 
お湯の温度は、100度

_MG_3983.jpg

これは、4回目に見たのを撮影。
足湯につかりながら。
吹き出し始めた。

_MG_4052.jpg

一番勢いのいい時。

_MG_4056.jpg

30秒に近づいたら弱まる。 35秒くらいで終わる。

_MG_4062.jpg

3回目のは、高いところから撮影。
吹き出すのを待った。
その前に、吹き出すメカニズムの説明は読んでいた。

この場所の、地下26㍍以下の岩盤は、水を沸騰させるだけの高温になっている。
※これは、普通でなく、非常に浅いそうだ。以前のブログに書いた、鬼首の温泉もそうだった。

吹き出した後は、まだ沸騰していないお湯が、縦に入っているパイプに溜まる。
26㍍下のお湯は、103度までに上昇していく。
でも、26メートルの高さのお湯に押され、沸騰できない
水圧は26気圧。
そのお湯は、次第に上昇してくる。

間隔の10分が近づいたら、吹き出し口の辺りに湯気が立ちこめた。
パイプの出口に、高温でも沸騰できなかったお湯が近づくと、上から押される力が小さくなり、気圧が下がる
そうなると、下のように沸騰が始まる。
※ 気圧が低い方が沸騰しやすい。山の上の気圧の低いところで、100度前に沸騰するのはこのためかな。

_MG_4001.jpg

沸騰が始まると、お湯の中には水蒸気の気泡(あわのようなの)が出来る。そうなると、それは軽いから、沸騰は勢いづく。上から押す力は、どんどん弱まり、吹き出し始める。

下の写真は、吹き出し始めた瞬間。

_MG_4003.jpg

少し後。

_MG_4007.jpg

吹き出しが大きくなった。

_MG_4008.jpg

この段階では、上から押さえていたフタが、無くなった感じ。
直後に、一気に噴出。

_MG_4009.jpg

すぐに、高さ5・6メートルに。

_MG_4012.jpg

勢いづいてきた。

_MG_4015.jpg

26メートル下のお湯は、103度だったから、なんぼでも沸騰して、飛び出してくる。

_MG_4017.jpg

お湯の柱のようになる。

_MG_4018.jpg

26メートル下では、高温のお湯をつくるのが間に合わなくなる
その時、吹き出す高さは低くなる。

_MG_4029.jpg

35秒が近づくと、こうなる。

_MG_4035.jpg

上からは、あっという間に、下のように。

_MG_4040.jpg

もし、26メートル下で、どんどんお湯が作れたらどうなるか。
その時は、吹き出し続ける。
それが、鬼首の吹き上げ地獄。  それは、ここに

足湯です。

_MG_4041.jpg

入りました。 
足湯は体にいいって書いてありました。
足は心臓から遠いので、血行が悪くなりやすいそうです。

温めたのは足だけなのに、体全体が温まりました。
心もすこし。

_MG_4043.jpg

休憩所がありました。
床を触ったら温かかった。冬でも温かいそうです。

_MG_4066.jpg

1年に1回は、パイプの掃除をするとのこと。
昔、間歇泉は羅臼にもあった。
でも、穴に石を投げ込む人がいた。
(これは、間歇泉に大きなダメージを与えるそうだ)
それで、ダメになった。
※ まてよ。 ダメは、ダメージのダメか? つまり、駄目ージ。(・・・。)

今は、北海道には、ここにしかない。
日本には、他に4カ所あるそうです。

今回、やっと、間歇泉と鬼首の吹き出す仕組みが分かりました。


【今日の道の駅】    つど~る・プラザ・さわら   ここ

【明日の予定】     北に行きます。 コインランドリーに寄ります。


《今日の歌》      ビリーブ(YouTube)

            びしょぬれワルツ(YouTube)  西島三重子です。kameさんも、この人のアルバムを買った。私と同じの。 今、雨が降っているのでこの歌に。

            ラーメンどんぶり流れ歌(YouTube)  初めて。全国のラーメンが出てきます。城の内早苗と湯原昌幸。 美味しそうなのが、次から次なので、夜食に食べたくなりました。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/631-4f6c7af0

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。