キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ※
湿原へは、登山だった。
道の後半、階段を登るように一気に高度が上がった。
天空にある湿原に向かっている感じだった。


朝方、強い雨が降った。
その後も、時々降った。
半分あきらめた。

9時過ぎ雨が止んだので、とりあえず、登山口の湿原ゲートパークに向かった。
10時半頃着いた。   場所はここ
雨は降ってないので、入山手続きをした。
手続きが終わって準備を始めたら、土砂降りの雨が降ってきた。
どうしようか、迷った。

その雨は、11時ちょうどに止んだ。
雨雲はどこかに行った。
あわてて準備をしなおして、11時15分出発。

20分ほど歩いたら、白龍ノ滝が見えた。 雨で水量が多い。
登山道も、いたるところ水が流れてる。

9年8月21日

片道2時間と聞いていたが、入山手続きの時、1時間半くらいと教えてくれた。
そんなに大変ではない。
ただ、中間地点にある橋を過ぎたら、一気に登り始めた。
階段にしなければ登れない傾斜。

そこを登り切った辺りに、下の表示があった。
に関するもの。
ゲートパークにも、熊に関する注意書きは、事細かく書いてあった。

9年8月21日  (2)

熊の糞も足跡もないから、大きな心配はしていなかった。
撃退スプレーは、2本持っていた。
※ 熊が現れたら、3秒以内で噴射が可能。
鈴も付けていたし、時々笛も鳴らした。

9年8月21日  (3)

道はずっと笹藪の中。気持ちのいいものではない。
去年の7月に、時々私のブログに登場する、熊本のしうさんが、一人でここを歩いた。
今日自分で歩いて見て、よく来たなと思った。
お祭りで買った鈴しか、付けていなかったようだし。
(※ 5月に山小屋でお世話になったのが、しうさん。)

ここを通り過ぎた後、自衛隊の人達20人くらいとすれ違った。
訓練で来ていたそうだ。
道から1歩離れて、整列して私を通してくれた。

今日は、他には誰とも会わなかった。

12時55分、湿原に着いた。 1時間40分かかった。
いつの間にか、空には青空が見えるようになっていた。
ここで一休みして、コンビニで買ったおにぎりを食べた。

9年8月21日  (4)

湿原の中に、木道があった。 1周するのに1時間と聞いていた。 (私は1時間45分かかった)
これは、湿原から流れる川。
深いのか浅いのか、分からない。

9年8月21日  (5)

エゾカンゾウは終わっているので、花畑のように花はない。
でも、いろんな花が咲いていた。
この花が一番多かった。
ウメバチソウ。

9年8月21日  (6)

沼がいたるところにある。
この沼の中に島があるが、浮島ではないようだ。

9年8月21日  (7)

こんな木道を歩く。
遠くに見える山は、暑寒別岳
ここに行くには、往復11~12時間かかるそうだ。
左右の沼の高さが違う

9年8月21日  (8)

ウリュウコウホネ。 花の中が赤い。

9年8月21日  (9)

この花も多かった。 サワギキョウ。

9年8月21日  (10)

こんな鳥がいた。 何かを飲み込もうとしているのか。

9年8月21日  (11)

湿原の奥に来た。 暑寒別岳の雲が消えた。

9年8月21日  (12)

タチギボウシ。

9年8月21日  (13)

島のある沼は浅いようだ。

9年8月21日  (14)

ハクサンボウフウ。 花には見えない。

9年8月21日  (15)

エゾリンドウ。 たくさん咲いていた。

9年8月21日  (16)

何でしょう。 ワタスゲみたい。

9年8月21日  (17)

いろんな形の沼が。

9年8月21日  (18)

名前は分からない。 子供のようだ。

9年8月21日  (19)

コガネギク。

9年8月21日  (20)

オニヤンマより、少し小さかったかな。
その場所で飛んでたので、ピントが合った。

9年8月21日  (21)

花なのか何なのか、分からない。

9年8月21日  (22)

大きさは8㎝くらい。 名前は?

9年8月21日  (23)

2時50分下山開始。 少し予定より遅れた。

9年8月21日  (24)

カワガラス。 カラスの親戚ではない。

9年8月21日  (25)

見晴らしが良くなるのは、1カ所だけ。
ここでは、携帯が使える。
登るとき、この場所から姉に電話した。
(7~8年前、旦那と暑寒別岳に登ったそうだ)

9年8月21日  (26)

雨竜の街。

9年8月21日  (27)

オオカメノキ。 この後、実は黒くなる。

9年8月21日  (28)

中間点にある橋。 向こうからこっちに来た。
水は、滝のように流れ落ちてた。

9年8月21日  (29)

エゾトリカブト。 毒は、トリカブトの中で最強だそう。

9年8月21日  (30)

エゾアジサイ。 山に入ったら、いつも見る。

9年8月21日  (31)

湿原には水があるから、動植物が多い。
歩いてて、退屈しない。

私はいつも一人だが、何人かで行った方が面白いかも知れない。
ああだこうだ、おしゃべりできるから。

今日は、予報通り、午後天気は回復した。
行けて良かったです。
別な時期に、また行ってみたいかな。

※ 高層湿原はこれで、4カ所目。浮島湿原、松山湿原、雄国沼。


【道の駅】    サンフラワー北竜   一昨日いた所。

【温泉】     道の駅にある温泉。  今日は10分くらい湯船にいた。 こういうことは、滅多にない。

【明日の予定】  南に下るが、面白そうな所は見つかってない。札幌に近づきます。


《今日の歌》    marokkaanse muziek bladi blad ziton(YouTube) 変わった歌です。 ホーミーかな。

          yuri maldita primavera(YouTube)  どこの国かもわからない。

             風の盆(YouTube)  今年ももうすぐやってきます。

スポンサーサイト

コメント

どの写真も美しいですね。お天気にも恵まれたようでよかったです。
わたしが去年、ここを訪れた時はお散歩程度の軽装でタオルと飲み物とカメラだけ。鈴も持ってませんでした。
危機管理能力のなさを反省しております。

Re: タイトルなし

しうさんが雨竜沼湿原に登ったのは、去年の7月10日でしたね。
その日のブログは、登る前日に読んでいました。
熊の話しは別にして、こんな山の中の登り道を、しうさんよく来たなと思いました。
体力と、気力か根性か何かがあるなと感じました。
 
熊の話しをすれば、ここは浮島や氷のトンネルに比べたら、熊は少ないと思いました。足跡も糞も無かったですから。
また、山に登る人の中には、鈴を付けない人がいます。うるさくて、鳥の声が聞こえないからだそうです。天人峡で会った人がそうでした。旭川の姉も付けてません。たまに笛を吹くだけと。
人間の動きは、他の動物と違うのが分かるため、出て来ないのかもしれませんね。
私は、用心しすぎのようです。

しうさんの言うように、湿原はいいですね。

※ 失言はダメ。 それに本人が気づいてないで言ってるのが、マッサージのブログでしょうか。(気づいてて言ってる場合もあるか)





> どの写真も美しいですね。お天気にも恵まれたようでよかったです。
> わたしが去年、ここを訪れた時はお散歩程度の軽装でタオルと飲み物とカメラだけ。鈴も持ってませんでした。
> 危機管理能力のなさを反省しております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/663-9c709a5e

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。