キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ※
本当に積丹ブルーと呼べるだけ色なのか。
それを確かめるのが、今日の中心でした。

今日は、今私がどこにいるかは言わない。
はい、ここで問題です。
私は今、どこにいるでしょう。
答えは、もう言いましたよ。
分かりましたでしょうか。答えは、岩内です。

下の写真は、道の駅スペース・アップルよいち 観光案内所です。
ここに勤務する、I さんという女性の方にお会いしました。
以前ブログに書いた、Kameさんが紹介してくれました。
いつもここに居るわけではなく、今日居たのは、たまたまでした。

今まで全国の道の駅をたくさん見てきたが、ここの案内所ほど、パンフレット等充実している所はなかったですね。

I さんのメインの顔は、倶知安を拠点に、後志の観光の発展に尽くしている方でした。
ある組織の事務局長をされています。
ここに時々こられるのは、現場で旅人の生の声を聞くためです。
1時間ほど、道の駅や観光のあり方について話しました。
観光客に対しての目が、とても温かい方でした。

余市の見所はどこかを聞きました。
私が興味持ちそうだと考えられたのか、福原漁場(ぎょば)を紹介してくれました。

9年8月26日    (28)

福原漁場は、ここから積丹よりの直ぐ近くにあった。  ここ
ニシンが捕れた昔、ここには番屋だけでなく、蔵などの必要な建物があった。
それが、復元した物もあるが、全体が残っていた。

受付をしたら、管理している人が案内してくれた。
下の写真は、漁場の中心の建て物、主屋の中。
この建物で、経営者も働く人も、食事をし寝起きした。

9年8月26日   

ここで働く人は、米のご飯がいくらでも食べることができた。
それは、当時、とても贅沢なことだった。

これは、文書庫と言って、蔵のようなもの。
壁は、漆喰の上に板を張っている。板は取り外せる。
漆喰が、潮風で傷むからだそう。

9年8月26日    (2)

地下もあり、儲かったお金は、瓶に入れてあった。
ニシンがたくさん捕れて儲かったときは、閑になってやっとお金を数えたという。
9年8月26日    (3)

ここは、米味噌蔵
壁の一番下の方は、外壁と内壁の間に、砂利が入っている。
ネズミの進入を防ぐため。

9年8月26日    (4)

この船で、製品化された身欠きニシンや、魚粕が道内外に運ばれた。(汽車も利用された)
これは、10分の1の大きさ。
写真に写っている方が、説明してくれた。
丁寧でしたし、分かりやすかったです。

9年8月26日    (5)

昔の浜の様子。

9年8月26日    (6)

浜に打ち上げられたニシン。
こういう時、海の中に棒を立てたら、倒れなかったと言われる。(この話は、サケでも聞いたことがある)

9年8月26日    (7)

ニシンを釜で炊いて油を絞ったら、魚粕になる。それを干している。

9年8月26日    (8)

説明していただいたおかげで、昔のニシン漁全体が初めて分かりました。

福原漁場を見学している時、道の駅のI さんから電話が入った。
BYWAY後志という本が届いたので、プレゼントしてくれるという。
もう一度戻って、いただいた。

IMG_1661.jpg

積丹岬に向かった。  ここ
駐車場から、小さなトンネルを通って行く。

9年8月26日    (9)

トンネルを抜けたら、すぐ海が見えた。
これが、積丹ブルー
悪くない。 なかなかか。

9年8月26日    (10)

9年8月26日    (11)

この写真を見ると、海が円く見える。
地球岬のようだ。 まだ見てないが。

9年8月26日    (12)

9年8月26日    (13)

海岸に下りる道があり、行った。
これは、途中で撮影。
ここだけ、色が違った。緑っぽい。

9年8月26日    (14)

9年8月26日    (15)

海底が白っぽいために、海水が青くなるのかな。
※ 人はいっぱいいた。みんな海岸で遊んでいた。私は、マムシに注意の看板があったので、しばらくの間、マムシを探した。

積丹岬の海は、合格でした。

神威岬に向かった。  
途中にこんなのが。 回転させて、イカとホッケの開きを干していた。

9年8月26日    (16)

先端まで、結構遠い。    場所はここ
不思議なもので、山に登ったりしてたから、まったく面倒に思わない。

9年8月26日    (17)

柵を越えたらダメ、という標示が、いたるところに。

9年8月26日    (18)

花は、エゾフウロ・ツリガネニンジンが多かった。

エゾカワラナデシコもあった。
身だしなみを整えていない花が多く、いいのを探しながら歩いた。
見つけたのが、これ。

9年8月26日    (19)

すてきな色を、花からもらってる感じがする。
今まで、この花をたくさん撮ったが、今回が一番です。100点ではないが。

9年8月26日    (20)

この花を見てて、ある俳句を思い出した。
芭蕉と一緒に旅をした曽良が、こんなのを作った。

  かさねとは八重撫子の名成べし

旅の途中、かさねという名前の女の子に会った。可愛かったので、八重撫子のようだと言ったんですね。 かさね から八重を連想した。 可愛いから撫子(ナデシコ)に例えた。
ナデシコは、そういう花なんですね。
八重撫子は、こんな花。

八重撫子

神威岬から。

9年8月26日    (21)

9年8月26日    (22)

釣り船かな。

9年8月26日    (23)

こういう岩が多い。

9年8月26日    (24)

こんな所もあった。 驚きの色です。

9年8月26日    (25)

9年8月26日    (26)

積丹ブルーは、南の海のブルーとも違う。
透明感があり、引き締まったブルー。
上品で、カチッとした感じですね。
一見の価値は十分にあります。

感動のブルーは、これで3つ目。

オンネトウがこれ。
IMG_0120no2.jpg 

美瑛の青い池はこれ。
9年8月16日 (2)


【今日の道の駅】    いわない    場所はここ

【温泉】         珊内(さんない)ぬくもり温泉   ここ。  500円。 小さな温泉。 私一人だけ。 写真が撮れた。 久しぶりに長く入った。そう思って出たら、受付の人に、早いねって言われた。

DSC00785n09.jpg

【明日の予定】     神仙沼に行ってきます。  ここ


《今日の歌》      CAN YOU CELEBRATE?(YouTube)   小室哲哉が活動を再開したので。

                 あなたに逢いたくて(YouTube)  2度目です。

            とり (エムズの片割れ)  初めて。私が持ってるアルバムにもない。

          

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/668-ec907d37

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。