キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八甲田山は、弘前から遠くないことが分かった。
ロープウェーがあることも。
登って見るか、となった。

私は、百名山の本を持っているが、半分くらい登れたらいいな、と思っている。
八甲田山は、それに入っている。

竜飛岬の近くの展望台から、八甲田山は見えた。

八甲田山

※ 今日も、ネットが混んでいる。 11時が近づいて、やっと良くなってきた。
  これがあって、夕べは寝不足。

7時半に、八甲田山のロープウェーに向かった。
途中でおにぎりを買って。

8時半頃着いて、始発の9時のに乗った。 たくさんの人がいた。  場所はここ
登山道は、八甲田山だけの道だから、迷いようがない。

9時30分、ロープウェーの終点を出発。
天気がいいので、少し登ると、周りがよく見えた。
これは、青森市

9年9月9日 (10)

ロープウェーの乗り場で、気になる話しを聞いていた。
山の上は、風速19㍍の予報が出てるって。

岩木山。 手前が、弘前市。

9年9月9日 (11)

風は強くない。
高くなるにしたがって、どこまでも見えた。

岩木山とは、反対の方向。

9年9月9日 (12)

高度が上がると、時々の中に入った。 雲は、急にやって来る。

9年9月9日 (13)

八甲田山は、大雪山のように、いくつかの山全体の総称。
今日は、3つの山に登る。
赤倉岳(1548㍍)、井戸岳(1550㍍)、大岳(1585㍍)。

最初の赤倉岳に着いた。 10時25分。 一番上の写真の、左の山。
風が強くなってきた。 山の上のせいもある。
小さな白い花が、風にふるえていた。

IMG_2651no22.jpg

真ん中右に、小さく岩木山。

9年9月9日 (14)

山はもう、秋の気配が漂っていた。

9年9月9日 (15)

真ん中の山、井戸岳に着いた。 11時。

9年9月9日 (18)

小さな神社があった。 向こうに見える山が、三つ目の大岳。

9年9月9日 (17)

風が特に強くなってきたのは、この山頂に着いてから。
写真を撮るとき、リュックを置いた。
風に飛ばされると思ったので、石を載せた。
風速は、自分の感覚で、20㍍

この後、下の写真の稜線を進む。 そして、右に下っていく。

9年9月9日 (16)

笹藪の中を通るときがあった。 風が弱い。 ありがたい。
ほんの少し陽が差しても、温かかった。

これは、チシマギキョウ

9年9月9日 (19)

下の写真は、強風の中、やっと撮影。(小さなカメラで)
ここまで、笹も木もない所を下った。
風速は、20㍍を超えてる
時々、突風が吹く。 しゃがむか、手すりのような柵につかまった。
私の後からも数人が来ていたが、みんな大変だ。 動けない人もいた。

避難小屋に着いてからだが、この時の風は、25㍍を超えていたと言う人もいた。

下の写真の小屋から、左に上がっていくと、3つ目の大岳。

9年9月9日 (20)

11時20分に避難小屋に着いた。登山者が10人程いた。(その後、さらに増える)
みんな、大岳に行くかどうかを検討している。
誰もが、食事をしながら。
結局、どのグループも個人も、私の周りに、登るという人は出なかった。

私のとなりに、私より年配の人が座っていた。
山の経験があるようなので、登れるかどうかのアドバイスをもらった。
2人で外に出て、もう一度風の強さを確かめ、やめようと結論を出した。

私は、無理をしたら登れるかも知れないが、こういう状況の中では、それはまずいと思った。
今回登ると、今後も同じ状況の中で、登ると思った。

私は、その男のひとを父さんと呼ばせてもらっていた。
父さんは、私にりんごをくれた。
リュックを軽くしないとだめだじゃ、って言いながら。

父さんは、ロープウェーを使わない酸ヶ湯温泉から登ってきていた。2時間かけて。
そっちに下りないかいって、誘ってくれた。 
酸ヶ湯からは、ロープウェーの駐車場まで送ってやると。
ロープウェーへ戻るより大分遠いが、その方が面白いと思った。

11時50分下山開始。
下の人が、その父さん。(写真が、うまく撮れなかった)
近くの黒石市の人。 毎年北海道の山にも登っているという。

9年9月9日 (21)

私は知らなかったが、このルートには、小さな湿原が、階段状にいくつもあった
こっちに来て、よかったと思った。

9年9月9日 (22)

父さんは、時折、振り返って山を見上げた。
上はひどいなって、山にかかった雲を見つめて、つぶやいた。
少しは未練があったのか、こう言って納得していた。

このルートを下る人達も、結構いた。

9年9月9日 (23)

湿原には、が来ていた。 こんな紅葉が、あちこちに。
大岳に登れなかったマイナスは、とっくに取り戻していた。

9年9月9日

山から下りてきた、ある人が、こう言った。
いやあ、風が強かった。まぶたが揺れたじゃ」って。 そんな風だった。

湿原の休憩所から撮影。
遠くの山脈(やまなみ)。

9年9月9日 (2)

色が、鮮やか。

9年9月9日 (3)

ある話しの中で、父さんはこう言った。
弘前は城下町で、弘前の人は、みんなおっとりしていると。
いい意味で言ってるように聞こえた。

岩木山で出会ったお嬢さんたちも、そうだった。
弘前の人達は、すてきな街に住んでいる。 
気張って生きる必要がないから、そうなると思った。

これは、何でしょう。

9年9月9日 (4)

午後1時55分、酸ヶ湯温泉に下山。   場所はここ。 地図に、3つの山と避難小屋が見える。
ゆっくり楽しみながら下ったので、2時間と5分かかった。
そのあと、ロープウェーの駐車場まで送ってもらった。
お礼にと、少しだけの品を受け取ってもらった。


明治35年1月に、雪中行軍遭難という大きな事故があった。
その場所に寄った。    場所はここ
写真の、右の道を行ったところにあった。

9年9月9日 (5)

標示があった。

9年9月9日 (7)

上の建物の、裏に。

9年9月9日 (6)

さらに行ったら、こんな銅像が。
助けを求めて、5日間雪山を歩いた、後藤伍長という人。
この事件の象徴的な存在になっているようだ。

9年9月9日 (8)

映画は見てないが、高倉健がこの人を演じたのかな。

9年9月9日 (9)

上着を着ても寒かった。 この後、ここで温かい蕎麦を食べた。

岩木山もそうでしたが、今回の八甲田山も、人と出会い、いい登山になりました。


【道の駅】        虹の湖    場所はここ

【明日の予定】     天気が良くないので、動かないかも知れない。
              近くの温泉に、ゆっくり入りたい。(こう思うことは、めったにない)


《今日の歌》      八甲田山の映画があったので載せます。(YouTube)

             先日載せた、CALENDARを再度。(YouTube)  桜の写真を見ると、森小町の桜を思い出します。

【お礼】 8日のねぷたのブログは、多くの人に見ていただきました。うれしく思います。拍手も多かったので、励みになりました。
    また、ブログランキングは、今までで一番上に行きました。(FC2国内旅行13位) クリックに感謝します。 ありがとうございます

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/682-6c3ee4b4

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。