キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日、鳥海山に登ります。
天気は、大丈夫。
登山道はいくつかあるが、鉾立から登るのが一般的だと分かった。

そこのビジターセンターに電話した。
上りは5時間、下りは4時間だそうだ。 十勝岳より大変だ。
7割が、日帰りだという。

象潟に寄って、今晩は鉾立の駐車場に停泊することにした。
道の駅象潟に向かった。

下の写真は、秋田市内。
私は、7号線を通って酒田に向かう。
7号線は、新潟で8号線に変わり、京都まで続く。 この道も、ずいぶん走った。
横手・大仙は内陸。 この春大仙を通り、横手に行った。

9年9月19日 (6)

道の駅象潟に着いた。
道の駅の海側に、小さな丘があった。 
ねむの丘となっていた。 そして、女の人の像があった。

ここは、松尾芭蕉にゆかりの地なんだが、と思っていた。
あの俳句を思い出せばいいわけだ。

 象潟や 雨に西施が ねぶの花

ねぶの花はねむの花。 だから、ねむの丘。
女の人の像は、中国の美女、西施の像。

9年9月19日

表情が、完璧ではない。 もっと品良く作れないのかなと思った。

9年9月19日 (2)

西施はこんな雰囲気。 これなら、品もある。

西施

芭蕉がここに来たのは、1689年。 尾花沢から、最上川を下ってここに来た。
その当時、象潟は松島のようだった。 島がいっぱいあった。
ところが、1804年の地震で、隆起してしまった。
だから、下の写真のように、小さな山が、あっちこっちに沢山ある。

9年9月19日 (4)

芭蕉は、ここに来てどこに宿泊したのか。
どこから象潟の風景を眺めたのか。
それを調べる時間はなかった。
明後日調べてみようと思う。

雲の中の鳥海山です。

9年9月19日 (3)

鉾立の駐車場。ここは、五合目。 半分雲の中。
すぐ、ネットが使えるか確認した。
つながらない。 パソコンの調子が悪いのか、電波弱いのかが分からない。
仕方ないから、道の駅象潟に戻ることにした。

情報センターで、地図をもらった。
熊の注意があったが、土日のように人がいっぱいいたら、出てこないという。
いるみたいな言い方だ。

下山口でおりてくる人に聞いた。
ある人は、上るのに6時間かかったという。
下りるのに5時間。

若いお兄さんが、下りてきた。
その人は、往復6時間だった。

こんなアドバイスをもらった。
途中から斜面が急になって、ガレ場に入った時、ガスが出てきたら戻った方がいいと言った。
迷いやすいから、そうした方がいいと。

登山口も確認できたし、戻った。

9年9月19日 (5)

夕べと同じで、パソコンの調子は悪い。
結局、2年半前に買って職場で使っていたXPを、ネットが使えるようにした。
今は、それを使っている。 調子はいい。
Vistaの方も、使えるようになったが、つっかかる。

明日の朝は、4時半に起きて、5時にはここを出ようと思う。
登山口出発は、6時。 
4時を目指して、戻ってきます。

明日の予報は、晴れ。 いい写真が撮れたらいい。

10時になりました。
この後、すぐ眠れるように、酒を飲みます。
そして、寝ます。


《今日の歌》        ほうき星(YouTube)  ユンナです。

          ビリーブ(YouTube)  久しぶり。

          異邦人(YouTube)   坂井泉水です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/692-9db37024

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。