FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

象潟の道の駅に4泊目です。
なかなか動けません。
今日も、昨日のブログの続きをやってたら、終わったのは午後だった。

島巡りの散歩道があったので、運動がてら行ってみた。

下の写真は、道の駅の建物の展望台から。
夕方撮影。 ここがあるのを知らなかった。

今日歩いたのは、まず、下の写真の手前の島。  鳥海山は雲の中。

9年9月22日no2

その後、上の写真の左側にある、下の写真の島々。 遠くは行ってない。
3時間近く歩きました。

9年9月22日 (2)no2

昨日のお寺の近くからスタート。 こんな道。
コンビニで買ったおにぎりを食べながら歩いた。 人はいない。

9年9月22日 (3)

島にはが生えているが、松島のように多くはない。
また、昔ここに水があったとしても、島が低いので、そんなに深くなかったように思った。
そうだ、2.4㍍隆起して水が無くなったんだから、それより浅かったんだ。

あることに気づいた。 田んぼはいっぱいあるけど、家はどこにもない

9年9月22日 (4)

虫の声がするが、北海道の虫と違う声だ。 
道端で鳴いてる虫に近づくと、その虫は鳴き止み、その先の鳴き声が聞こえてくる。その繰り返し。

この花の名前は分からない。 彼岸花とは、違う赤。

9年9月22日 (5)

山に登ったら、いいことがあることに、気づいた。
それは、平地を歩くことが、まったく苦にならないこと。 

土を見たら、砂っぽかった。 昔、海だったことと関係あるのか。
※ あるということは、後で知る。

9年9月22日 (6)

時々、島に登った。 細い踏み分け道があるだけ。
この前マムシを見てから、用心深くなった。 下ばかり見て歩いた。

松が緑で、稲は黄色。 このため、風景全体の彩りがいい。
このことも、自分で気づいたのではなく、この後会う人が言った。

9年9月22日 (7) 

がなっていた。 下に落ちてる方が多かった。
自然に生えてる木と勝手に思って、一つ木からもいで食べた。
このようにして食べたのは、初めて。 熟れすぎていた感じ。(腐る一歩手前か)

9年9月22日 (8)

写真の素材を探しながら歩くから、退屈しない。写真を撮ることにして良かったなあって思った。
これは、山に登ったときも感じた。 
でも、そう言いながら、本を読んで勉強しようとしない。

稲刈りが始まっていた。 こうやって干すのは珍しいのでは。

9年9月22日 (9)

田んぼに人がいた。 下のようなザルを持っていた。
何してるんですかと、話しかけた。 説明してくれた。

これで、刈り取ったときに出る稲ワラを、ばらまく。 ザルの名前は、スゴザル。 
機械で刈り取ったら、短く切った稲ワラが、出てくる。それが、所々にかたまる。
それを、このスゴザルに入れて、田んぼに均等にばらまく。 肥料にする。
もう、30年近く使っている物だそう。

9年9月22日 (10)

この地域は、鳥海山があるため、伏流水が豊富にある。 だから、田んぼの水は困らないと言った。

農家の父さんが、私に問題を出した。
ここで、その問題です。
下の写真で、何か気づきませんか。 答えは、写真の下に。

9年9月22日 (11)

真ん中の木は、枯れている。 松食い虫にやられたそうだ。
形のいい、立派なのからやられるという。
今は、年に2回、消毒している。

少し分かりづらいが、島の手前の稲が、少し緑っぽい。
植えてる稲の種類が違うからです。
では、問題です。 何という種類でしょう。

9年9月22日 (12)

答えは、コシヒカリです。
温暖化によって、秋田でも作り始めたそうだ。

左の父さんと話していた。 そこに、軽トラで同じ農家の人がやって来た。
今年の米の出来を気にしていた。
秋田弁で話すから、聞き取れるのは80㌫。
明日は雨だから、パチンコに行くと言った。

9年9月22日 (13)

遠くに風車が見えた。  この地域はが強い証拠だ。
冬になったら、は横から吹くと言った。 だから、積もらないと。

写真の下半分は、ミョウガの畑。 初めて見る。 もう収穫は終わった。 この後刈り取る。
軽トラの父さんが、ミョウガは、うどんなどの薬味にしたら美味しいと言った。

9年9月22日 (14)

毎日鳥海山やこの風景を見ていたら、良さは分からないと言った。
私は、この地を離れたら、きっと分かりますよと言った。
ここで、30分以上話した。

踏切に、こんな看板が。  もう一つ、「あぶないぞう」もあった。

9年9月22日 (15)

この後、10分ほど歩いて、道の駅に戻った。


ここからは、昨日の蚶満寺の付け足し。
木登り地蔵があるという。

9年9月22日 (16)

黄色の丸の中。 見えるでしょうか。

9年9月22日 (17) 

親鸞聖人が腰掛けた椅子だそう。
元々は、島原にあった。 キリシタンの変を避けるために持ち出され、ここに来たと言われている。
                              ※ 関連ブログ 明日を信じた人々の戦い「島原の乱」

9年9月22日 (18)

樹齢1000年のタブノキがあった。 写真の3人が、木に触っていた。
私は、何か感じるんですかと聞いた。
一人が、を感じると言った。
私は、に触ってを感じるんだ、と言ってしまった。

9年9月22日 (19)

今日は見慣れない風景の中を歩きました。
ここは昔確かに海(潟)で、畑を深く掘ったら、貝殻が出てくるそうです。
ここは、岩ガキの産地なので、20㎝以上のも出てくるそう。
畑の土が、砂地の所もあるとのことでした。

農家の人達の家は、街の中にありました。
町全体で、この風景を守っているように感じました。


【道の駅】      象潟   温泉も道の駅に  350円

【明日の予定】   明日は雨。 動かないかも知れない。


《今日の歌》    Hasta Siempre(YouTube)   ナタリーという人が歌っています。

            北の岬(YouTube)    

              大連の街から(YouTube)

                 一応、ゴッドファーザー(YouTube)

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/695-f912860e

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。