FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

朝からの雨は、ずっと降り続けた。
郷土資料館があるので、そこに行こうと思っていた。

2時頃雨が弱くなった。
近くにが2つあるので、行ってみることにした。

パンフレットに載ってる滝の写真は、流れるようなのが多い。
そんなのを撮ってみようと、出かけた。

最初は、奈曽の白滝
金峰神社のそばにあった。
写真の正面の石段を上ったら、左にある谷に降りて行った。  場所はここ

09年9月23日no20

滝を囲む自然の雰囲気がいい。
滝壺の色も、ブルーっぽく、悪くない。

09年9月23日 (2)

滝を撮るのに、初めて三脚を使った。
川の真ん中に、大きな平らな石があって、そこに据えた。

正面から見ると、こう。
おしい。 滝の上の方がちゃんと見えない。

09年9月23日 (4)no10

こう思った。
ここを大きな庭と考えて、木を剪定(せんてい)してもいいのではと。

大きく二段になってるのも、変化があっていいでしょうか。

09年9月23日 (5)no7

シャッタースピードを、ぐっと落として撮った。
(もし三脚がなかったら、手が動くので、これは出来ない)

こんなふうに写った。

09年9月23日 (6)no10

流れるようになった。
実際自分の目では、こうは見えてないが。

9年9月23日 (7)no20

この時、霧雨が降っていた。 だから、傘をさして撮った。
谷全体に、薄く靄(もや)がかかっていた。

少し離れた高いところに、見晴台があった。
でも、そこからは滝の下の方は見えなかった。

09年9月23日 (10)

最初の場所にいた時、若い男の人が二人来た。 
石段の途中にマムシがいたと言った。
帰りは、下ばかり見ながら歩いた。
一度見たら、そんなに見たくなくなった。

次は元滝だ。 ここから、車で5分ほど。
郷土資料館は5時まで。 この時4時少し前。 急いだ。

山の中の細い道を入って行った。 一番奥の小さな駐車場まで行った。
深い森の中で、薄暗い。 恐ろしい顔した熊出没の看板もあった。
鈴をリュックに付けて、スプレーを持った。 こうしたら、熊は気にならない。

3分ほど歩いたら、見えた。    場所はここ

09年9月23日 (12)

ここの滝は珍しい。 岩の隙間から水が出ている。
右の大きな滝は、もっと上流で岩の間から出ている。(資料館の方だ教えてくれた) 鳥海山の伏流水だ。
こんな滝を見るのは2度目。 知床のウトロで見た。  関連ブログ  乙女の涙(フレぺの滝)

09年9月23日 (14)no20

この方向から撮った。 (右の方には、撮りやすい場所がなかった)
細い滝がきれいに写る。

09年9月23日 (16)no10

09年9月23日 (17)

下流にも、小さな滝がいっぱいあった。

09年9月23日 (18)no10

4時20分頃、郷土資料館に向かった。
芭蕉に関する物が、たくさんあった。 見たかった物が多かった。

象潟は、奥の細道のコースで、一番北になる。

09年9月23日 (19)

昔の象潟。 島がいっぱい。 左の方に蚶満寺が見える。

09年9月23日 (21)no10

山門と本堂の位置関係は、今も同じ。 山門までの道も似ている。
船をつなぐ石があったが、それは、左の方の小さな島の辺りだった。

IMG_7884no20.jpg

これは、芭蕉が生きているときに描かれたもの。 
実際の芭蕉の顔は、これでしょうね。(説明にもそうあった)
※これは複製だが、資料館蔵とあったから、本物がここにあるのかな。

09年9月23日 (22)

芭蕉は象潟で、3句詠んだ。 そのうちの1つが、
   腰長や 鶴脛ぬれて 海涼し
これが、下の方に書かさっている。  これは、本物。  芭蕉が書いた。

09年9月23日 (23)

奥の細道が書いてある。 江戸時代の物。
右端に 象潟や 雨に西施が ねぶの花 とある。

09年9月23日 (24)

見終わった後、博物館の方と少し話した。
展示している物にも詳しかったが、色んなことに興味を持っている方だった。
十二湖の青池についても知っていた。

最後に、ぜひ行ったらいいよと勧めてくれたのが、獅子ヶ鼻湿原だった。 場所はここ
変形したブナの木があるという。
行ってくることにした。

津軽からも離れられなかったが、象潟も同じになってきた。


【道の駅】       象潟  5泊目です。  温泉も同じ。

【明日の予定】    上に書いた、獅子ヶ鼻湿原に行ってきます。


《今日の歌》      CALENDAR(YouTube)  庄子眞理子さんの声を聞いてみたいです。

スポンサーサイト



コメント

なつかしいなー。滝は見ているだけでも癒されますよね。また行きたいと思っていましたが、当分行けそうにありません。それにしても羨ましい旅ですね。

Re: タイトルなし

こんばんは。
nanaさん、象潟の滝に行ったことあるんですね。
大きくはないけど、いい滝です。
何がいいのか分からないが、滝はいいですよ。

nanaさんのブログの復活、みんな待っていると思います。
時が少しずつ解決してくれるかも知れない。
nanaさんが書くような文を、たまにでいいから書けたらいいなと思っています。

今(27日の午前0時半)は、月山の山の上です。
寒いです。
山の上は、すっかり秋です。
元気が戻ったら、また、旅をしてみたらどうでしょうか。
明日は、晴れですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/696-9576bd25

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。