FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

10時頃、道の駅の案内所にお礼を言って、雄勝を出た。
遠野に行くが、花巻にあるイギリス海岸に、ナビを設定した。

国道13号線を上ってきた。
横手市に入ってきた。 ここには春にも来た。 真っ直ぐ行ったら、市街地だ。
ここから右折して、国道107号線を走り、北上市に向かう。

9年10月2日 (12)

10数㎞走ったら峠を越え、岩手に入った。
峠を下りた辺りに、右に行ったら湯川沼の浮島の標識があった。  ここに
通り過ぎたが、戻って入って行った。 
別の標識に、駐車場まで5㎞、そこから徒歩で20分とあった。 思ったより近い。
ただ、浮島は高層湿原にあるから、きっと山を登ると思った。

駐車場に着いた。 登山口の標示はあったが、詳しい案内図はない。  場所はここ
見える看板は、森に関しての物。

熊がいますとあるので、スプレーを持った。
間違いなく発射されるか、一瞬だけ試射してみた。ものすごい勢いで、黄色っぽい粉が飛びだした。
ケースに入れ、腰のベルトに付けた。 予備のは、リュックに入れた。
12時少し前に、出発。

9年10月2日 (14)

時々笛を鳴らして進んだ。 笛は細長く、ピー・ピーと高い音が出る。
熊に対しての準備さえすれば、熊は全く気にならない。

東北に来て、こういう自然林の中を、ずいぶんと歩いた。

9年10月2日 (15)

タヌキが入れるくらいの穴があった。 今は、何もいないようだった。

9年10月2日 (16)

20分だから、そんなに歩かないで着いた。  場所はここ。 (広い地図で)
木に囲まれた、小さな沼だった。

9年10月2日 (17)

少し高いところに展望台があった。 何とか全体が見渡せた。
沼は、幅90メートルでだ円の形。(古い標示板が、倒れてあった)

9年10月2日 (18)

降りて行ったら、全体が見えてきた。 浮島はすぐには見えなかった。
風が左から吹いたのか、右に寄っていた。

9年10月2日 (19)

左側にはなかった。 浮島らしく写ってるのは、草の影。
沼の深さは分からない。 黒くて見えない。 金魚がいた。

9年10月2日 (20)

右を見たらあった。 これが一番大きい。 人も乗れる。

9年10月2日 (21)

分解されにくい植物が、枯れた後、土にならないで泥炭のようになる。
沼の岸辺の方で、根が沼の底に届かない部分が出来てくる。
それが拡がって、切り離される。
浮島は、そんな感じで出来あがる。 (WikiPediaより)

上の上の写真に、浮島になりそうなのが、左手前に写っている。 今は、半島だ。

小さいのが見えた。 左手前に写っているのは、大きな島の左側。

9年10月2日 (22)

右奥にも見えた。  大きな島の右端が、写真の左に写っている。

9年10月2日 (23)

もう一つ見えた。 大きな島の向こう側に。

9年10月2日

はっきり分かったのは4つだった。
滝ノ上町の浮島湿原に比べたら、ずっと小さかったが、浮島はどこにもはない。
                                  ※ 関連ブログは、ここに

途中でが降り出してきた。 あわててを出した。
傘は、一度リュックから出したが、おまえも連れて行ってやるって、入れ直した。
傘に助けられた。 もしなかったら、ずぶ濡れになっていた。

9年10月2日 (2)

いつもの、リンドウだ。 この花は、開かないのかな。

9年10月2日 (3)

カエルが、三段跳びのように飛び出してきた。 上手に着地した。
レンズからのぞいたら、どこにいるか分からない。 うまく、同じ色の枯れ葉に乗っていた。

9年10月2日 (4)

駐車場に着いた。 花巻に寄る時間はなくなったので、ナビを遠野に設定した。
反対側の谷に降りて行った。 林道だが舗装してあった。 一気に下った。

9年10月2日 (5)

案内板があった。 オレンジの丸から登っていた。 ここは、湯田町だった。

9年10月2日 (6)no2

急に、ここに出た。 ここを過ぎたら、温泉街があった。 湯川温泉だ。

9年10月2日 (7)

こんな、廃鉱の跡があった。 調べたら、昔はこの町に30程の鉱山があった。 町中、鉱山だった。

9年10月2日 (8)

ほっと湯田駅が見えた。 温泉もある。

9年10月2日 (9)

駅に温泉だ。 入った。 250円。
温泉の中に、信号があった。
列車が到着する45分前までは、がつく。 30分前になったら、黄色。 15分前になったら、だった。

湯船は2つあって、1つは熱めだった。 これがいい。 (携帯で撮影)

09年10月2日 (7)

雨は土砂降りになってきた。 右に錦秋湖を見ながら走っている。

9年10月2日 (11)

遠野に来たのは、春に道の駅であった人に会うためだった。 父さんという感じの人だ。 
何度か電話をいただいていた。
4時から5時の間に着くと伝えていた。 4時半頃着いた。 迎えに来てくれた。
外で夕食をご馳走になって、自宅にも招いてくれた。

夕食の後、遠野の市街地を案内してくれた。 ここは、。(携帯で撮影)
その後、柳田国男が宿泊していたという、旅館にも連れて行ってくれた。(今は建物だけ)

9年10月2日 (13)

父さんのジムニーは、暖房が入っていた。
そう言えば、半袖でいるのは私くらいで、コンビニに寄っても、上着を着ている人が多かった。
雨が降って少しはすずしいが、私にとっては、長袖だって暑いくらいだ。

春には、15分程しか話していないのに、親しくしていただいて、申し訳ないと思った。

今日のように、地図や情報雑誌に載ってない物がいい。
また、浮島が日本にどのくらいあるのか調べたが、見つけられなかった。
日本で一番大きいのは、新宮市にある浮島の森で、大きさは0.5㌶だそう。
南米にあるチチカカ湖の浮島には、家があるそうだ。

またどこかにあったら、見たいと思います。


【道の駅】      遠野風の丘   温泉は、ほっとゆだ。(で切るのか、できるのか?)

【明日の予定】    釜石に出途中、洞窟があるので行ってみます。

スポンサーサイト



コメント

初めましてm(__)m
私も先月、地元の友人に案内されて湯川沼に行ってきました(^^)v

浮島は高層湿原同様、デリケートな植生で、うっかり人が乗ったりしてダメージを与えたら、その回復にどのくらい年数が掛かるか分かりません、、、^^;)
故に、天然記念物として大切に保護しなければならない環境なのかと思われます。

湯田町(今は沢内村と合併して「西和賀町」^^)vは大好きな町で、年に一二度は訪れます(^^)v 写真(画像と呼ぶのかな?)懐かしく拝見しましたm(__)m

Re: タイトルなし

はじめまして。
ちゃんとした浮島は、どこにでもはないですね。
あの浮島は、走っていて、急に見つけたんですよ。
有名ではないけれど、いいところでした。
温泉も良かった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/705-b0f7b848

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。