キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗しましたよ。
近くに、もう一つ鍾乳洞があった。 白蓮洞というのが。
買った入場券は、両方入れる共通券だった。
さっき、パンフレットを見て知った。
おまけに、そっちには、鍾乳石や石筍があった。
白蓮洞は、離れていると思っていた。

今日は、頭がすっきり。 昨日は眠かった。 昼間も。
小町を書くのは最後だったので、朝近くまでかかった。
小町についてある程度分かったことは、私にとって、うれしいことなんですよ。
※ 小町の10月1日のブログの最後に、過去の小町のブログを3つリンクしました。よかったら、読んでみてください。


どんな鍾乳洞なのか、期待して行った。
遠野からは、自動車道を通ったから、すぐだった。 場所はここ

入場券を買ったら、ヘルメットと長靴を貸してくれた。
自分は気を付けるから、帽子のままでいいと思ったが、それは間違いだった。

入り口は、写真の左に見える。

9年10月3日

ここの鍾乳洞の目玉は、鍾乳洞の中にある滝では、日本一だという。
調べてみたら、間違いなかった。 高さ29㍍。 
普通の滝でも、これだけあれば恥ずかしくない。

最初から、頭をぶつけそうなほど狭い穴を50㍍程あった。 腰が痛くなる。
その通路は、鍾乳洞につなげるために掘った通路だった。
こんな所に、出た。 川は、3㍍程下。

9年10月3日 (2)

滝は、一番奥にある。 そこまで、880メートルだという。
洞窟の中でのその距離は大変だ。 しょっちゅう天井が低くなって、何回頭をぶつけたことやら。

こんな感じで、低くなる。

9年10月3日 (3)

ここの鍾乳洞は、過去こんなランキングに入っている。(Wikipediaより) 
2006年 - お得に楽しめる鍾乳洞 第1位(日本経済新聞社)
2007年 - 暗闇の中の宝石!日本の美しい鍾乳洞BEST3 第3位(ザ・ベストハウス123)

美しいと言われるのは、中の岩が大理石のためかも知れない。

このように、縦に出来た岩の割れ目を通ることが多かった。

9年10月3日 (4)

ここの鍾乳洞は、3635㍍確認されている。(日本で10位)

聖観音像があった。 荘厳な雰囲気。

9年10月3日 (5)

聖観音だから、左手に蓮華を持っているのが特徴のようだ。

9年10月3日 (6)no99

スーちゃんには、会えなかった。
どうしてスーちゃんなんだ。 コーちゃんでいいんでないか。 

9年10月3日 (7)

800㍍を過ぎたら、滝の音が聞こえてきた。

ここを通り過ぎたら、見えた。

9年10月3日 (8)

急に開けた。 周囲50㍍の広さ。 水しぶきが霧になって飛んできた。 狭い空間だから、滝の音が大きく響く。

9年10月3日 (9)

灯りはあっても暗い。 滝のいい写真は撮れなかった。
水がはっきり写らない。(パンフレットもそうだから、仕方ないのか)
※近い距離から全体を写すには、特別なレンズが必要。

滝の名前は、天の岩戸の滝。 水は、右から流れ落ちている。

9年10月3日 (10)

天井を撮った。 真ん中辺りから、水が噴き出している。 高さは、滝の2倍の60㍍
パンフレットにあった、神秘の迷宮の雰囲気だ。

9年10月3日 (11)

きれいな水だ。 岩手の名水20選の一つだそう。
飲んでみればよかった。

狭くすると写るんだが、広くするとダメだった。 

9年10月3日 (12)

天井の低い、ここから出て戻った。

9年10月3日 (13)

水の一滴石をも穿(うが)つ、って言うやつか。 ポットホールと呼ばれる。 直径、6~7㎝。

9年10月3日 (14)

白く丸いのは、ウミユリの化石。

9年10月3日 (16)

お金がたくさん投げ入れられていた。
みんな余っているのか。 小銭だからそうでもないか。

9年10月3日 (18)

ここの滝の見所の一つに、セピオライトがある。(Wikipediaにも書いてある)
説明は、こうでした。

IMG_9138u.jpg

説明を読んだとき、どこにあるか分からなかった。 写真の真ん中にある、大きな割れ目だったのかな。 触ってみたかった。

9年10月3日 (19)

1977年(昭和52年) に、ここで映画「八つ墓村」のロケ が行われた。

9年10月3日 (20)

スタッフ・キャストは、こうだった。 私は、覚えていない。

IMG_9162k.jpg

洞窟を見終わったら、白蓮洞には気づかず、とっとと、道の駅さんりくに向かった。
だめですね~。

釜石を通ったら、製鉄所があった。 まだあったのか。

9年10月3日 (21)

これは、釜石大観音。 高さ、48.5㍍。 昭和45年のもの。 見に行こうとは思わなかった。

9年10月3日 (22)

初め、湖かと思った。 三陸は、こんな風景が続くのかな。

9年10月3日 (23)

今朝は、おじいちゃんの家でキノコ汁をご馳走になった。
美味しかった。 おじいちゃんが、自分で山に入って獲ったキノコだ。 
だんごも入っていたけど、うすく引き延ばした感じだった。

今度遠野に来たときは、どこかに行くことに、二人で決めた。
おじいちゃんには、体を動かすよう、お願いした。


鍾乳洞の魅力は何なんでしょう。 人が関わっていないし、見るだけだし。
長い年月をかけて出来上がった、自然の芸術というか、そこに生まれる神秘性というか、その辺りなのかな。
もう少し、他のにも入ってみますか。


【道の駅】      さんりく

【明日の予定】   三陸の魅力を探します。


《今日の歌》    十五夜お月さん(You Tube)  今夜は、十五夜です。

           tuki.jpg                     


           北の岬(You Tube)   


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/706-c7535a24

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。