キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台です。
広瀬側のそばにある、西公園の駐車場を目指しました。 情報は、伊達のKさんから。    

ナビで行ったが、入り口が分からず通り過ぎた。
川を渡ったら宮城県美術館に着いた。   今日歩く所の地図
その中に、佐藤忠良記念館があることは調べてあったので、それをまず見た。

記念館は美術館の左の部分だった。
女の人の像が見えた。

09年10月9日 (2)

09年10月9日 (3)

若い女と、名前があった。

09年10月9日 (4)

佐藤忠良の作品は全国にあって、琵琶湖のそばで若い女・シャツというのを見た。

これは、帽子・立像。 帽子シリーズのモデルは、笹戸千津子という人。

09年10月9日 (5)

この人の像は、美しいと感じることと、顔の表情が好きだ。

09年10月9日 (6)

写真は、いろんな方向から見て、気に入ったのを撮ることにしている。

これは、カンカン帽。 悪くないでしょうか。 

09年10月9日 (7)

名前は、メモするの忘れた。 モデルはいると思う。 王監督のもあったから。

09年10月9日 (8)

ここまでの像は、外やホールにあったので、撮影は大丈夫だった。
展示室のは撮影禁止だった。

たくさんの像があったが、メインは2つでしょうか。
その一つが、これ。 名前は、帽子・夏。(パンフレットを撮影)
これを見たときは、驚きました。 感動は、クラムスコイの忘れえぬ女の半分くらいはあった。
他の作品とは、別物だった。

09年10月9日 (9)

すごかったのは、口の表情だった。
正面からのこの写真では、少し分かりにくいが、近くで斜めから見るとよく分かった。
唇をほんの少しすぼめて、次の表情に移っていく感じでもあった。
今まで、絵でも写真でも実物でも、それは見たことのない物だった。

09年10月9日 (10)uu

これは、もう一つの代表作、群馬の人。(ネットにあったのをパソコンで修正。大きいのはコピー出来ない仕組み。)
これは、視線(目線)に惹きつけられた。 それは、中空にあるようだった。
自分が動いても、自分を追ってはこなかった。(忠良の作品のほとんどがそうだが)

2群馬の人7nn

作品の中には、娘の佐藤オリエの像もあった。 柔らかな目で見つめて作ったように感じた。
監視員に聞いたんだが、今は97歳で、作品を作る体力はないそうだ。

上の二つの作品がなかったら、今の佐藤忠良の地位はきっとなかった。そう思った。


そこを出て、仙台城のあった丘を通って、青葉通に向かった。
下の写真の向こうは、東北大学の広いキャンパスが広がっている。

09年10月9日 (11)

上の写真の所を、後に少し下ったら、この風景。
橋は、広瀬川に架かっている大橋。 それを過ぎたら、青葉通

09年10月9日 (12)

橋の上から、大学の方を撮影。

09年10月9日 (13)

これが、あの青葉城恋唄にで出てくる、広瀬川。 上流方向。

09年10月9日 (14)

こっちは下流。
左の丸の中は、伊達のKさんが6年間お世話になった下宿。 この建物は5年前に新しくした。
Kさんに訪ねてみたらと言われていたので、行ってみた。
おばあちゃんと、10分ほど話した。

09年10月9日 (15)

ここが青葉通。 地下鉄工事が行われていた。

09年10月9日 (17)

道路を覆うように、木が茂っていた。 昼間でも、少し暗かった。 夏はきっと涼しい。

09年10月9日 (18)

途中に、晩翠草堂というのがあった。
土井晩翠は、戦災で家が焼かれたそう。それで、晩翠会の人達が、この建物をプレゼントしたとあった。

09年10月9日 (19)

アーケード街が、横にのびていた。 ここが一番人が多かった。
三越とかも、ここにあった。

09年10月9日 (20)

青葉通をさらに進むと、仙台駅。 途中で、左に曲がった。

09年10月9日 (21)

街角に石碑があった。

09年10月9日 (22)

芭蕉の辻とあった。 
松尾芭蕉とは、関係ないようだ。 ここに芭蕉の木があったとか、説明にあった。
城からの道と、奥州街道が交差する地点が、ここだそう。

09年10月9日 (23)

ここは、楽天イーグルスの根拠地。
※ 野村監督は、監督交代の話しがあって、面白くないそうだ。

09年10月9日 (24)

定善寺通も歩いて見た。 青葉通からこの道まで、ずっと繁華街。 二つは平行にある。

09年10月9日 (25)

川の方に戻ってきて、定善寺通はここでおしまい。

09年10月9日 (26)

街の中には、電車のようなバスが走っていた。

09年10月9日

仙台は、都会の感じがした。 
通り過ぎる人は、背筋を伸ばして、「スッ」とした感じで歩いていた。 
みんな、少しいそがしそうでした。

仙台の街に来たんだが、佐藤忠良を見に来たようになってしまった。


【道の駅】     七ヶ宿      場所はここ

【明日の予定】    七ヶ宿のどこかを見ます。 どこがいいのか、分かりづらい。

《今日の歌》     青葉城恋唄(You Tube)  庄子眞理子さんもいる。

             青葉城恋唄(You Tube)  普通のです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/712-3592fd62

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。