FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

私にも人並みに、生活があるため、用事を足して8時前に戻ってきました。
富士山は目の前ですが、少しの時間しか見えませんでした。
ずっと雲の中です。 雲から頭は、出しませんでした。

甲府市の、今は武田神社がある、躑躅ヶ崎館跡(つつじがさき やかたあと)に行ってきました。

道の駅にらさきから、甲府に向かった。
やっと富士山が見えた。

9年10月27日 (2)

上の方は白く、雪だった。  一目、高いと分かる。

9年10月27日 (3)

県道なので道は細いが、甲府市内に入ってきた。 神社まで、ほぼ真っ直ぐ。

9年10月27日 (4)
9年10月27日 (5)

ここが、武田神社。 信玄の館跡に建てた。   場所はここ

9年10月27日 (6)

ここに、躑躅ヶ崎館があった。 この神社は古くない。 大正時代の物。

9年10月27日 (7)

石垣や濠(ほり)はそのままあった。

9年10月27日 (8)

風林火山の軍旗が並んでいた。

9年10月27日 (9)

神社を建ててしまったら、昔の建物を復元したくてもできない。
でも、武田神社は信玄を祭っているから、いいかなとも。

9年10月27日 (10)

これが本殿。

9年10月27日 (11)

躑躅ヶ崎館とその周り。

9年10月27日 (12)

館の近くには、家来の家があった。 左の方に、勘助
千葉真一が演じた板垣信方と、竜神太が演じた甘利虎泰も見える。
山県三郎兵衛(昌景)も。 札幌のTさんは、この人が好き。 

9年10月27日 (13)kkk

これは、今の様子。

9年10月27日 (15)oo

躑躅ヶ崎館の説明。  大きな規模だった。

9年10月27日 (16)

城とは言ってないが、一応城なんですね。 平城と書いてある。

9年10月27日 (17)

神社のそばに、水琴窟があった。 江戸時代に作られたもの。

9年10月27日 (18)

下のようにして聞いた。 
地中の瓶の中に落ちる水滴の音が、パキ~ンという感じで聞こえた。

9年10月27日 (19)

水琴窟のそばに、姫の水があった。 汲むためのペットボトルが売っていた。
由布姫の水かと聞いたら、違うと言われた。
(由布姫は、諏訪に行かないと、大きく扱われない)

宝物殿があった。 当然、撮影禁止。

これは、そこにあった風林火山の軍旗。 特別展示で、本物。
横に信玄の像があり、それは撮影していいとあった。 申し訳ないが、広く撮らせてもらった。
※ 神社が困るのは、商売用の撮影が困るだけ。
  趣味と商売用の区別が、神社側には判断できないから、撮影禁止にする。

これが、一番撮影したかった物です。

IMG_7087pp.jpg

他には、鉄扇があった。 謙信の刀を受けた物かは分からなかったが。

また、釧路で見つかった、市河文書の写しがあった。(現物は、釧路市に)
この文書は、信玄が書いた物で、文書の最後に、勘助のことが書いてあった。 このように。
重要なことは、山本管助が口頭をもって伝える。(管の字が違うが、これは問題ないとなっている)
この文書の発見で、勘助が実在の人物と見られるようになっていく。 この後、他にも見つかる。

武田二十四将。 下の方に勘助が。 (パンフレットを撮影)

9年10月27日 (20)

これが勘助。 少しかわいい。 他のとは、反対の目が見えてない。 (大河ドラマと同じ)

9年10月27日 (22)

これは信玄。

9年10月27日 (21)

信玄の墓を見に行くことにした。 場所は、上の方の図に。
正面が、甲府の市街地。

9年10月27日 (23)

お濠。 昔のまま。

9年10月27日 (24)

10分程歩いたら着いた。

9年10月27日 (25)

これが、信玄の墓。

9年10月27日 (26)

信玄は死んでから3年間、死んだことを秘密にした。
ここに埋葬して、200年後に見つかったと、説明にある。

9年10月27日

今回私は、全部を歩いていない。
もう一度来て、一日いっぱい、ゆっくり見たいと思う。

甲府の町は、信玄の町でしたね。


【道の駅】    とよとみ    場所はここ

【明日の予定】  富士五湖方面。


《今日の歌》    風林火山OP(You Tube)

スポンサーサイト



コメント

信玄

人は城、人は石垣ーーー信玄を表す言葉ですね。
信玄は毎日、きれいな富士山を眺めて、戦術を考えていたことでしょうか?

akkamui21さん、こんにちは。
今日はどちらにいらっしゃるのかしら?と来てみました。先週の水曜日にムツばあちゃんの休憩所で70枚のうちの1枚の名刺を頂いた者です。出入り?している掲示板にアッカムイさんのブログの事をちらと書かせて頂きました。数名はアクセスした筈です。昨日は我が家からも富士山が綺麗に見えましたよ。元気に流浪ではなく放浪の旅を続けて下さいね。      

Re: 信玄

こんにちは。
大河ドラマの中での、信玄・勘助・由布姫の考え方が好きでしたね。
面白かった。
いくら戦国とはいえ、人の心をつかんだ者が、最後に勝利する。
そう思いました。

信玄は甲府の街を見下ろした。
その時、左手の方に富士山は見えたんですね。
贅沢な風景です。

Re: タイトルなし

こんにちは。
楢尾はいいところでしたね。人も自然も。
桃源郷のような感じもしました。
ワーゲンに乗っていた方ですよね。
無事に戻られて何よりです。
お渡しした名刺が最後の1枚でした。
新井さんに渡すのは、無かったですから。

富士山が見える所に住んでいて、うらやましく思います。
放浪の旅を元気に続けますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/731-a1541f32

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。