FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

清水市、また静岡市には、見所がいっぱいある。

奈良時代に、山部赤人(やまべのあかひと)という歌人がいた。
その人が、田子の浦で歌をつくった。
万葉集には、こう。
   田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ富士の高嶺に雪は降りける
百人一首には、こう。(これは、上を誰かが改作した)
   田子の浦に うち出てみれば 白妙の 富士のたかねに 雪は降りつつ 

その山部赤人が、どんな富士を見たのか。 それを見に行ってきた。 

こんな碑が建っていた。   場所はここ。   

9年11月7日 (1)

一番左にありますね。 「ゆ」ってどうい意味なんだろう。 「に」なんだろうけど、ニュアンスの違いがあると思うが。

9年11月7日 (2)

「富士の高嶺に降る雪は~」って歌があるんだが、真似したんでないだろうか。
どんな歌かって? こんな歌ですよ。   お座敷小唄(Youtube)

富士山のすそ野は、田子の浦まで、なだらかに下りてきていた。
さえぎる山はない。 そして、目の前に小さな入り江がある。
山部赤人は、すそ野の末端に立ち、この風景を見て、歌を詠んでいた。

9年11月7日 (3)

日本平に向かった。  ここは、景色がいいことで知られている。    ここです
母と娘が、写真のように歩いていた。 この位置に来るのを待って撮影。
いい感じの、親子でしたよ。

9年11月7日 (6)

日本平の説明。

9年11月7日 (5)

下に見える街は、清水市。 富士山は、浮かんでいた。

9年11月7日 (4)

赤い靴の像がここにもあった。 今回はコメントなしです。  関連ブログ

9年11月7日 (7)

近くから、ロープウェーで久能山に行った。
上ったのではなく、下った。 こんなの初めてだ。

これが、久能山東照宮。   ここです

9年11月7日 (9)

※ ブログを書いてて気づいたんだが、勘助(介)の掘った井戸があった。 知らなかった。 残念。  関連ブログ

これは、桜門(ろうもん)。

IMG_8318bnm.jpg

正面の小さい門の向こうが、本殿。

IMG_8323xdf.jpg

家康が亡くなった時、遺言で、ここ久能山東照宮に葬った。
1年後に、日光の東照宮が出来る。 ここの造りを基本にして。

左に本殿がある。 真っすぐ入れない。 右の方から回り込むように行った。

9年11月7日 (24)

右側から見た本殿。

9年11月7日 (23)

私もお参りした。 手をたたくとあったから、神社なんだなと思って。

9年11月7日 (20)

七五三のお払いの時期なのか、着飾った子供が来ていた。

IMG_8336vgy.jpg

こういうのが、いくつもあった。 これにも、物語があるようだ。
神社に関係のある人なのか、熱心に説明していた。
信心深くない今の人たちに、こういうのを話して、有難みを感じ取ってもらっているようだった。

9年11月7日 (14)ppo

日光に似ている。 こっちが先だが。    関連ブログ。日光東照宮他

9年11月7日 (15)

右隣の建物。 名前は、メモしなかった。 重要文化財だった。

9年11月7日 (16)

色の使い方は、独特のもののようだ。 緑が目立つ。

9年11月7日 (21)

家康のお墓があった。
お墓は、日光の東照宮にもあった。 寺の人に、日光の墓との違いを聞いた。
家康の骨はここにあると言った。 日光には、毛髪などがあると。(分骨があるようにも)
ここが、本当の墓だという表現をした。
(Wikipediaには、日光が墓所と書いてあるが。)

9年11月7日 (17)

灯篭などが本当に古いのか、見てみた。 確かに、江戸時代のものだった。

9年11月7日 (18)

墓所から下を撮影。 日光もここも、墓所は一番高い所にあった。

9年11月7日 (19)

紅葉が始まっている木もあった。

9年11月7日 (22)

桜門を上から見た。

9年11月7日 (25)

楼門の中の像。 睨みをきかしているはずなんだが、ちょっと違うように見える。

9年11月7日 (26)

博物館があった。  これは、家康直筆のもの。(パンフレットを撮影)
※ 博物館は、撮影できないから、少しつまらない。

9年11月7日 (27)

日本最古のゼンマイ時計。 テレビで見たことがあった。

9年11月7日 (10)

こういうのも、実に丁寧に説明していた。 こんなのが、観光客を引き付けるのかな。 家康の遺言がある。

9年11月7日 (8)

ここの東照宮は、日光のミニ版だった。 でも、良かったでしょうか。

実は、東照宮に行く前、ある人から電話をいただいていた。
北海道の松前で会った人だ。 8月31日。 その晩フェリーに乗った日だ。

清水氏に住んでいるという。 
今晩、どこに停泊するかを聞かれた。
次の道の駅と考えていたが、三保の松原の駐車場は大丈夫と教えてくれた。

久能山を見終わって出るときに、電話することになった。
見終わって電話したら、もう待っていると言う。
三保の松原に向かった。 着いたら、ご夫妻で待っていてくれた。
そして、松原を案内してくれた。

松原の向こうは、広い砂浜だった。 伊豆半島が薄く見えた。

9年11月7日 (28)

富士山も当然見える。 夕陽に少し染まっていた。

9年11月7日 (29)

日本三大松原の一つ。 今まで見てきたのとは、規模が違った。 

9年11月7日 (30)

木も大きかった。 この人たちは歌をうたっていた。

9年11月7日 (31)

これは、羽衣の松。 伝説が残っている。   伝説はここに

9年11月7日 (32)

案内していただいたのは、写真のKさんご夫妻。
雨の日には乗ったことがないという、懐かしいBMWに乗っていた。 ピカピカだった。

ご馳走を用意していてくれていた。

9年11月7日 (33)pp

こんなごちそう。 この他に、シラスというのか、小さな魚も。
ブログを書きながら、いただきました。
このエビは、桜エビではないかな。 駿河湾の名物だ
きっと高いから、食べようとは考えていなかった。。(追記 桜エビではありませんでした。詳しくは、8日のブログで)
奥様手作りの煮ものと思うが、こんなのは、久しぶりに食べた。
美味しかったですよ。 ご馳走様でした。

こうやってお会いできるとは思っていなかったので、うれしい1日になりました。

9年11月7日 (34)


【停泊場所】   三保の松原の駐車場。  ここです

【明日の予定】  静岡で、もい少し見ます。  勘助井戸に行ってくるか。石段を上って。

【今日の歌】    異邦人(Youtube)

           愛の終着駅(Youtube)

【ブログランキング】  おかげさまで、国内旅行7位、旅行全体で12位です。
             気に入ったところがありましたら、クリックお願いしますね。
ランキング

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/742-21f9c7a5

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。