キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川根温泉の道の駅で、歩いて面白そうな所を探したが、見つからなかった。
夢の吊り橋とかあったが、ダム湖に架かっているものだった。
塩郷の吊橋が気になったが、地図になかったので、それ以上探さなかった。

ひと山越えて、秋葉神社に行くことにした。
山の上に神社があり、そこまで上る道がある。 それがいい。


朝、外で突然汽笛が鳴った。 
機関車だと思って、外に飛び出した。
写したときは、目の前を通り過ぎていた。

9年11月9日 (8)

秋葉神社には、大井川のもう少し上流から、国道362号線を通って山を越える。
昼少し前に出発。

10分も走らないうちに、吊り橋が見えた。 これが、塩郷の吊り橋だった。   場所はここ
立派でないところがいい。 ただの観光用でない感じがする。
駐車できなく、通り過ぎてしまった。 戻った。

9年11月9日 (9)

車は、バス停に停めた。 バスが来るまで、2時間ほどある。 勘弁してもらった。

9年11月9日 (21)

少し揺れそうだし、板から足を踏み外しそうな造りだ。 気に入った。

9年11月9日 (10)

写真を撮っていたら、若い男の人が話しかけてきた。
産経新聞の記者だ。(後で頂いた名刺によると、産経新聞東京本社の写真報道局の記者)

お願いがあると言う。
もう少ししたら、汽車(SL)がここを通るので、その時橋の上にいてほしいと。

記者が狙っている写真は、汽車が吊り橋の下を通り抜けた瞬間のものだった。
その時、橋に人がいた方が、新聞の写真としてはいいと説明してくれた。

私は、新聞の写真でなくても、その方がいい思っていた。 
人がいると、橋が生きている感じがするからだ。
山寺や月山の石段に、人がいない写真を撮ってもつまらない。 それと同じ。(いなくても、撮るが)

了解の返事をした。
SLの写真を撮ろうと思って来たわけではないので、SLはどこから撮ってもいい。

向こうからこっちを撮影するので、場所を移動した。

9年11月9日 (11)

望遠レンズで撮影する。
カメラは、CANON。 この秋に出た新しいもので、私のより少しいい。

私がどの辺りに立つかを確認して、私は動いた。

9年11月9日 (12)

向こうから、撮影する。 私も、こっちから撮影。

9年11月9日 (13)

望遠でも撮影。

9年11月9日 (14)

最後の確認をしている。 この時、汽車の汽笛が聞こえた。

9年11月9日 (15)

すぐに、やってきた。

9年11月9日 (16)

線路は大井川に沿っているから、少しずつ上ってくる。 力強い。

9年11月9日 (17)

間もなく吊り橋だ。  私は、普通に撮ってる。 記者は、きっと連写だ。

9年11月9日 (18)

記者が狙っているのは、下の写真の瞬間だ。 うまく撮れたのか。

9年11月9日 (19)

あっという間に、通り過ぎて行った。

9年11月9日 (20)

カメラのモニターで、写真を見せてもらった。
ちゃんと写っていた。
写真の良し悪しは、吊り橋のワイヤーとの位置関係もある。
そういう面では、完璧ではなかったが、ほぼ満足できるものだった。

私は、こう言った。
最初の構想と違う写真も、別の視点で見たらいいよって。
頭を柔軟にしたら、隠れていた別の素晴らしさが、発見できるかもしれないから。

せっかく撮った写真だから、採用されるといいねと伝えた。
もし使われたら、予定では、11月22日(日)の産経新聞、探訪という記事の中だそう。 全国版だ。
私は豆粒の大きさでも、全国版に載ったことはない。

記者にお礼を言われて、私は車に戻った。
吊り橋を通り過ぎる時、記者の人が橋の真ん中で、こっちに両手で大きく手を振った。
私は、クラクションを大きく3回鳴らした。

大井川に沿って上った。
あの、箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川、と歌われた大井川だ。

9年11月9日 (1)

大井川と別れて、山に入った。 国道362号線。 国道と言っても安心はできない。
お地蔵さんがあった。 こんなのに目が行く。

9年11月9日 (2)

すれ違えない道が半分くらい。

9年11月9日 (3)

どんな山奥にも、斜面がなだらかになったら、茶畑があった。

9年11月9日 (4)

問題の場所に来た。 カーナビは、左の道を指示してきた。 県道だ。 国道は右。
ナビを無視して、右に曲がった。
ナビの姉さんは、こう言った。 そのまましばらく道なりです、って。 反省の色は、もちろんなく。
※ナビは、近い方を選ぶようだ。 コースは選択できるが、そこにもR362はなかった。 少しおかしい。

9年11月9日 (5)

見晴らしのいいところに出た。 静岡県の山の奥。

9年11月9日 (22)

峠の頂上に着いた。  場所はここ
この人たちは浜松から。 小さなバイクで、ツーリングを楽しんでいた。

9年11月9日 (25)

少し散歩した。 向こうは海の方。 山々山だ。

9年11月9日 (23)

遠くの山の上も、茶畑だった。

9年11月9日 (24)

峠を下ったら、集落が見え始めた。

9年11月9日 (6)

ここは、天竜川の流域だ。
天竜川と言えば、ずっと上流には、由布姫の諏訪湖高遠がある。 また、行ってみたい。

9年11月9日 (7)

秋葉神社は、山の上の上社と、下の下社がある。
地図の、下社の駐車場に着いた。

9年11月9日 (28)

ここを上って行ったら、秋葉神社下社がある。
2~3軒、お土産屋さんがあった。

9年11月9日 (26)

右が、本殿。 そんなに立派でもない。 メインは、上社かな。 全国の秋葉神社の総本山だそう。

9年11月9日 (27) 

河原にも駐車場があったので、こっちにした。
※ 後で、そっちはキャンプ場なので、200円かかると言われた。 ただの河原に見えたけど、払った。
明日の朝は、水の補給が楽にできる。

上社は、右の山の上にある。

9年11月9日 (29)

河原は気持ちがいい。 
実は、今日は河原を探しながら来ていた。 停めてみたかった。

9年11月9日 (30)


今日会った若い記者さんは、プロだから勉強になった。
あの人が撮った今日に写真には、吊り橋・汽車・人・周りの自然が入っている。

新聞の写真と、私のブログの写真は、共通しているところがある。
それは、芸術的な写真よりも、何かを伝える写真だからかな、と思う。

私も最近は少し工夫している。
例えば、今日の地蔵さんの写真だけど、あれは、道と地蔵さんの二つを撮った。

こんなのも面白そう。
夕日を撮るとき、夕日だけでなく、夕日に鳥が入った瞬間を撮る。

今日勉強したことをまとめてみると、
撮影したいものを、ただ探すのではなく、自分で作る、または生み出す
そんなことでしょうか。



【停泊場所】    秋葉神社下社のキャンプ場。 上の地図の駐車場のそば。

【明日の予定】   上社に行きます。 上り、130分と地図の横に書いてありました。
            それと、犬居城のあった所へ。 犬居城は、由布姫の子の勝頼が関わっている。

【今日の歌】     たき火(You Tube)         今日も、サザンカを見たので。 ピンクだった。

                   ゴリラダンス(You Tube) 今日見たミニバイクは、ゴリラだった。 もう一つは、モンキー。


【ブログランキング】   ご支援により、国内旅行7位、旅行全体で12位です。
              気に行ったところがありましたら、クリックお願いしますね。
ランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/744-55b16056

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。