キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

討ち入りがあったのは、元禄15年12月14日。
今年も、その14日が近づいています。
大石神社では、義士祭の準備が始まっていました。


追記 キムヨナは、逆転で勝ちました。 一安心です。 (8時33分)


外堀まで含めたら、広い城でした。
骨組みだけの城が見えます。
14日の義士祭には、ライトアップされます。
夜の闇に、赤穂城が浮かびます。

IMG_1635sdr.jpg

内堀の浅い所にこんな鳥が。

9年12月5日 (2)

ここから、城や本丸御殿のあった所に入った。

9年12月5日 (3)

今の状態の地図。

9年12月5日 (4)

城の形で、パイプが組まれていた。 業者が、ライトアップの準備をしていた。
昔の御殿の基礎の部分だけ、復元されて、場所の名前の標示があった。
大きな大名でなくても、これだけの城を持てた時代だったと、知った。

9年12月5日 (5)

大石神社。 四十七士が並んでいた。

9年12月5日 (6)

江戸時代から、忠臣蔵と呼ばれる話が出来、今も多くの人が来ていた。

9年12月5日 (7)

赤穂事件の、また忠臣蔵の何が、人々を惹き付けるのでしょう。

四十七士の像があった。 作者は別々。 その時代の著名な彫刻家が作っていた。
どれも漠然とした表情ではなく、場面の説明があり、その時の表情だった。
こころの中が読み取れるので、面白い。

9年12月5日 (9)

大石内蔵助。

9年12月5日 (8)

凶報を聞いた直後。 自宅から城に向かう時。
吉良に対する恨みより、主君の無念を思いやっての表情か。

9年12月5日 (10)

大石主税(ちから)  

9年12月5日 (12)

上の父を不安げに見詰めている。 この時、14歳。

9年12月5日 (11)

四十七士の名前。 ※ 私は、詳しくは分からない。

9年12月5日 (13)

大石邸長屋門。  ※ 長屋の様な細長い家の中央が門になっているので、この名前。  花沢集落で見た。
邸宅は火事で、今はない。

凶報は、この門を通って、内蔵助に知らされた。

9年12月5日 (15)

300年前にもこの木はあった。 すべてを見ていたと、書いてあった。

9年12月5日 (14)

宝物殿に、当時のものが展示されていた。 (撮影可能)

討ち入りの時の服装。 

9年12月5日 (19)

金具がつなぎ合わさっており、忍者が使用していたのに似ていた。

9年12月5日 (20)

内蔵助が使用していた、刀。  ※ 展示物は、すべてガラス越し。

9年12月5日 (16)

討ち入りの時の采配。

9年12月5日 (17)

合図に使った笛。

9年12月5日 (18)

赤穂事件の概要。

9年12月5日 (21)  9年12月5日 (22)  9年12月5日 (23)  9年12月5日 (24)

9年12月5日 (25)   9年12月5日 (26)   9年12月5日 (27)   9年12月5日 (28)

9年12月5日 (29)   9年12月5日 (30)   9年12月5日 (31)   9年12月5日 (32)

9年12月5日 (33)  9年12月5日 (34)

赤穂事件にまつわる話が知りたかったが、特になかった。
ネットで調べてみた。 面白いのを二つ。(Wikipediaより)

① 薩摩の剣客村上喜剣は、京都の一力茶屋で放蕩を尽くす大石内蔵助をみつけると、「亡君の恨みも晴らさず、この腰抜け、恥じ知らず、犬侍」と罵倒の限りを尽くし、最後に大石の顔につばを吐きかけて去っていった。しかしその後、大石が吉良上野介を討ったことを知ると村上は無礼な態度を取ったことを恥じて大石が眠る泉岳寺で切腹した。大高源五の墓の隣にある「刃道喜剣信士」という戒名が彫られた墓はこの村上喜剣のものであるといわれる。

綱吉の処分を下すまでの動きとして、こんなのが。 

② 将軍綱吉は助命に傾くが、かつての自分の裁断が過ちだったことを認めてしまうことにもなりかねないので、皇族から出された恩赦という形を得るため、輪王寺門主として上野寛永寺に居住する公弁法親王に拝謁し、それとなく法親王から恩赦を出すよう依頼するに至った。

 しかし法親王は「亡君の意思を継いで主が仇を討とうというのは比類なき忠義のことだとは思う。しかしもしこの者どもを助命して晩年に堕落する者がでたらどうであろうか。おそらく今回の義挙にまで傷が入ることになるであろう。だが、今死を与えれば、後世までこの話は語り継がれていくことになるだろう。時には死を与えることも情けとなる」と延べ、これをもっともと考えた将軍綱吉は赤穂浪士へ切腹を命じることを決意した。

こんな考えもあるのか。(後の世に考えた感じもするが)


_MG_9553no3fgh.jpg

義経は庶民からだけでなく、芭蕉からも好かれた。
島原の乱も、天草四郎の戦いは無駄ではなかったと、長崎の人たちは位置づけした。

大きな力に立ち向かう、その勇気に賞賛を贈るのか。
何が、人々を惹きつけるのでしょうね。
義士祭を見てみたいが、今回はあきらめます。 いつかきっと。

※ きのう、あることに気づいた。 しうさんのコメントの一言だった。
  義士祭を見てみませんかと。
  これからの旅は、お祭りや盆踊りも、追ってみようと思う。 日程を調べておいて。
  そうしたら、八尾も行けるし、東北のお祭りも見られる。 秋田県の、西馬音内盆踊りも。

_MG_7594ppu.jpg


フィギュアスケートの、グランプリファイナルが終わりました。
キム・ヨナは、勝ちました。
高い点数ではないが、今までの勝利の中で、一番大きな勝利だったように思う。
調子は良くなかったが、決定的なミスをしないで勝てたことが、自信になった。

演技の後のヨナの表情は、今の自分はこんなもんですね、と、そんな感じだった。
昔のように、舌を出すこともなかった。
得点が出た後のオーサーコーチの態度は、決してヨナを落胆させるものではなかった。
2月に向けて、また練習しよう。 そういう表情だった。

ppkフリー 

私は、完璧に勝つことを願っていたが、これはこれで、オリンピックに向けていい経験だと思った。
2ヶ月間の練習が、よりいっそう充実したものになる。

今日勝ったことで、私の年末は、明るくなった。
ちょっとした事では、怒りませんよ。

    グランプリファイナル、フリー演技(YouTube)


【道の駅】  一本松展望園  ここです。  夜はゲートが締まって、その中に一人。

9年12月5日 (35)

【明日の予定】   景色がいいので、この辺りを。

【今日の歌】    青春への手紙(エムズの片割れ) 手仕事屋きち兵衛さんです。 

           チェ・ゲバラの曲です(YouTube)  久しぶりに。


【ブログランキング】  国内旅行3位、旅行全体で10位です。 ありがとうございます。

ランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/771-7cf91d45

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。