FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

岡山後楽園は、芝生のある開放的な庭園でした。(今は枯れていますが)
市民や観光客を温かく迎える、そんな雰囲気を感じました。
花の時期は終わっていましたが、それでも魅力は十分にありました。


駐車場は広く、無料。 入場料は350円。 良心的だ。
※このような所で、駐車料500円、入場料500円以上の所が多い。
このことは、後楽園という名前にしたことや、これを作った藩主の考えと、繋がりがあることを後で知った。

庭園内に入ると、庭園の外に城が見えた。 
また、遠くの山が借景として生かされていた。

後ろに城が見えることによって、芝生で広い庭園が、いっそう大きく感じた。

9年12月7日 (17)

城との間は、旭川。 掘の役割を果たしている。 (北海道の旭川と同じ名前)

9年12月7日 (2)

9年12月7日 (3)

ボランティアでガイドをしている人がいた。 お願いした。(一人だったので、申し訳なかった)

芝生は昔から、日本にもあったそうだ。(日本芝)
日本庭園は、時として、閉じ込められた雰囲気がするが、ここはそれがない。

9年12月7日 (1)

築山。

9年12月7日 (4)

ここは、江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された。
元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。

鶴鳴館(かくめいかん)。 メインの建物。 能舞台もある。 ※ 別の所に、タンチョウヅルが飼われていた。

9年12月7日 (20)

建物の前には、このような庭が。

9年12月7日 (23)

こんなつくり。

9年12月7日 (30)

石の橋。 簡単に折れないのかな。(質によるのか)

9年12月7日 (29)

どうして、こういうものを作ったのか。

江戸時代が始まって、100年が過ぎていた。 国を治める者にとっては平和な時代が来ていた。
藩主にとって、天下を狙うとか、徳川に逆らうという時代ではなかった。

そういう中で、庭園を作るのが、一つのブームになった。
そこに、生きる楽しみを見つけたのかもしれない。 平安時代の貴族に似ている。

9年12月7日 (5)

鶴鳴館の裏にある、花葉の池。 
夏は、一面にハスの花が咲くそう。

9年12月7日 (6)

これは、大賀ハス。 2000年前のハスの種から育ったもの。
大賀博士を中心とした発掘で、千葉県で見つかったもの。
この人は、岡山の出身だった。 この庭園に咲く。

9年12月7日 (13)

池には、小さな滝が。 カモも。

9年12月7日 (27)

庭園内で、一番大きな石。 分割して運んだ。 (これでも、一番大きいでいいのかな)

9年12月7日 (26)

お茶をする所。

9年12月7日 (7)

カラスが飛ぶ瞬間を、待った。

9年12月7日 (28)

兼池軒という建物。 茶を飲んでる人がいた。 休憩所のよう。

9年12月7日 (9)

この場所を借りて、こんなのを売っていた。

9年12月7日 (8)

築山から見た。 芝生が緑で、花が咲いてるのを見てみたい。

9年12月7日 (10)

ガイドの人から聞いたのだが、昔藩主は、一般の人を、日を決めてここに呼んだそうだ。
自分だけが楽しむのではないという考えだ。

当初は、「御後園」と呼ばれていた。
明治に入って、中国・宋の時代の書物にある、「先憂後楽」からとって「後楽園」とした。
先憂後楽の意味は、こうです。
国家の安危については人より先に心配し、楽しむのは人より遅れて楽しむこと。

この考えが、今も引き継がれているように感じた。 最初に書いたように。

下の写真は、八橋。 板が8枚あった。(京都のお菓子、八ツ橋とは関係なかった)

9年12月7日 (11)

この建物の下を川が流れていた。 川を見るためのもの。

9年12月7日 (12)

後楽園は、時代とともに変化してきた。
でも、当初、どうしてここまでの庭園を作ることが出来たのか。
ガイドさんに聞いた。 こうだった。

作った当時の藩主は、池田綱政。 綱政は新田を開拓したそうだ。
何年かは、税金を納めなくていい。 それで、財力があった。

後ろに城が見えるのはいい。

9年12月7日 (14)

築山から見たら、右の方の道。

9年12月7日 (15) 

場所を変えながら、城と庭園を撮った。

9年12月7日 (18)

小さな神社が、いくつかあった。 

9年12月7日 (16)

こういう撮り方は、絵葉書みたいだねと、ガイドさんと話した。 やり過ぎたらダメかな。

9年12月7日 (19)

この人が、ガイドさん。 退屈しなかった。 1時間以上だ。 
感謝です。

9年12月7日 (21)

私が終わったら、別のグループに説明していた。

9年12月7日 (31)

庭園見て、いつも面白いと思うわけではないが、今日は良かった。
後楽園と言う名前がよかったからかな。
そして、開放的だったことも。



【道の駅】      アリストぬまくま   ここです。  道の駅がないので、ここまで来た。 遠かった。

【明日の予定】    尾道ラーメンと坂です

【今日の歌】    クリスマスの曲が聞こえてきました。 2曲。

             Silent Night(YouTube) Aly&AJ
             Happy Christmas (War Is Over)(YouTube)

【ブログランキング】  国内旅行3位、旅行全体で11位です。 感謝です。

ランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/773-0245ab5e

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。