FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

道の駅ことひきから近い、荘内半島の小さな島に、浦島神社があるという。
行ってみたが、この島や半島のことが分からなかったため、島を見て戻ってきました。
調べたら、面白そうでした。 もう一度行くかもしれません。
半島の情報を全部調べて。

雲辺寺という寺は、四国八十八箇所の中で、一番高い所にある寺でした。
それだけの理由で、行ってきました。
ロープウェイで上りましたが、登山道もありました。
気温4度。 冬でした。 雪もありました。(?)


この島は、丸山島。 浦島神社はここにあった。    ここです
島の右側手前に、浦島太郎が亀を助けたという砂浜がある。

IMG_2668mmn.jpg

浦島神社。

IMG_2668bbn.jpg

あと1時間も待てば、渡れたようだ。

IMG_2670ggh.jpg 

浦島太郎伝説は、多くの所にあるので珍しくはない。 でも、潮が引いたら渡れるというのは面白い。
この時は、よく分かっていなかったので、戻ってしまった。

見える山は、紫雲出山。 伝説が残っている。

9年12月13日 (1)

ロープウェイには、バスでの団体巡礼の人たちがいた。 白衣を着て金剛杖を持っていた。
白衣は、死装束って聞いたことがある。いつ行き倒れてもいいように。
また、金剛杖は、弘法大師の化身だそう。 一人で歩いていても、同行二人になる。

9年12月13日 (5)

参道を歩いていたら、五百羅漢があった。 他と違う。 動きが大きい。 派手。

9年12月13日 (6)

ここのは、こうでした。
弘法大師が唐に行った時、最初が福建省の赤岸鎮というところだった。
そこの五百羅漢像を摸して作った。 古いものではない。

議論している表情でしょうか。   ※ 釈迦の教えを広める人が、羅漢ですね。

9年12月13日 (7)

雲辺寺の、ほぼ全体が見える。 右の方に、太子堂があったかな。   ここです

9年12月13日 (8)

ここは雲辺寺。 パチパチ写真を撮っていたのは私だけ。
みんなお経を唱えていた。

IMG_2680sdr.jpg

線香が、50円で売っていた。 私も、みんなの真似をした。
仏の供養が目的と思ったいたら、心の臭気の浄化という意味もあるようだ。

9年12月13日 (10)

本堂に向かって、お経を唱えている。 般若心経。 どこに行っても、本堂と太子堂をお参りするそう。

9年12月13日 (12)

面白いものが無いかなあ、と思って探したら、こんな所が。

IMG_2690ffg

びんずるさん、と言うそうだ。

IMG_2690zza.jpg

こう書いてあった。

IMG_2693ppo.jpg

私も、書いてある通りやった。 どこかってですか? 上の方です。

四国の寺の巡礼は、どういう形で始まったのか、調べてみた。このようだ。
空海が亡くなった後、修行僧らが大師の足跡を辿って遍歴の旅を始めた。それが最初。
そして、時代がたつにつれ、空海ゆかりの地や、修行の地なども加わって、88箇所になった。

空海は讃岐で生まれたそうだ。 四国と関係が深かった。

こんな所も。 おたのみなす、とあった。

9年12月13日 (13)

なすの花は、一つの無駄もなく実がなる、と書いてある。

9年12月13日 (11)

下の写真は、太子堂でのお参り。

この時、一人の年配女性が、私に訪ねてきた。
みんなどこに行ったか分からない、私はどこから来たのだろう、って。
教えてあげた。

おばさんはね、そこの道を上がってきたのだよ。
あっちのグループは違うのかい。(違うと言った)
違うなら、別のグループは、そこを下りた所を、左に行ったよ。

こう教えた。 少し前から、うろうろしていたのを、見ていた。
グループから、はぐれたようだった。
他人同士が集まった団体巡礼は、こういうことが起きる。
でも、ロープウェーで下りる時、きっと人数確認するから、大丈夫だと思った。

そのおばさんを見ていたら、一人で戻れるのか心配だったから、連れて行ってやれば親切だった。
今度から、そうするか。 ※ 私は、いつも今度から、いつも明日から。

9年12月13日 (17)

ここの観音様のお話があった。 目のお話。

9年12月13日 (18)

こんな像が。

9年12月13日 (19)

どんな意味があるんだろう。

9年12月13日 (20)

展望台から。 霞がかかってて、見えない。

9年12月13日 (22)

人工雪。 スキー場オープンの準備をしていた。

9年12月13日 (21)

ロープウェー乗り場。 こんな雰囲気。
写真の奥の白いズボンの人と話した。 高松から来ていた。
尾根伝いの道を通ってきたそうだ。 午前中からずっと歩いて。

9年12月13日 (23)

下りる途中で撮影。 
一番左の山の近くに、今朝はいた。 向こうに小さく見える半島に行った。

9年12月13日 (24)

大きな問題が残っている。 どうして、巡礼をするかです。 観光とは別で。
信じて、お参りして、どんなご利益があるかです。
よくは分からないが、こうかなと思います。

○自分の願いが、お参りすることによって、自分の中で、いっそう確かなものとなる。
 願いに対する、それに向かう自分の意識も変わる。
○長い時間、歩くことになる。 それは、今までの自分を振り返る場でもある。
○歩くことが健康にも良く、もし病気をしていたら、免疫力も高まる。
○人との出会いがあり、喜びが生まれ、心も豊かになる。

思いついたのは、こんなとこでしょうか。


情報の集め方を工夫しないと、ダメです。 
今日は、そのことをずっと考えていました。


【道の駅】     たからだの里さいた   ここです

【明日の予定】  丸山島でしょうか。  金刀比羅宮の後は、祖谷を考えています。 その後、鶴姫伝説。

【今日の歌】        時のいたずら(YouTube)    松山千春です。 今年の木枯らしは、もう吹いたのかな。


【ランキング】   国内旅行18位です。

ランキング
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/779-392c6f78

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。