FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

祖谷は、深い渓谷だった。
日本3大秘境と言われるだけあって、急な山の斜面の細い道を、奥へ奥へと入った。
断崖に建つ祖谷温泉は、秘湯ムード満点だった。
谷底の露天風呂には、ケーブルカーで下りた。
途中、サルが、出迎えてくれた。



国道32号線を通って、三好市に向かった。

吉野川が流れている、今は三好市だが、昔の池田町に出た。
左に行ったら、徳島市。 右に曲がる。

9年12月16日 (1) 

左に、蔦監督の池田高校がある辺りを走っている。

9年12月16日 (2)  

吉野川は、西に真っ直ぐ伸びているが、池田から南に曲がる。
国道32号線も、川沿いに。(高知に向かう)

途中で分かれて、祖谷川沿いの、県道32号線に入る。 (32号が、偶然同じ)
道は細くなってきた。

9年12月16日 (4)  9年12月16日 (5)

途中に展望台があった。 このように山の上の方は雪。

9年12月16日 (12)

谷が深い。 四国の谷は、山に入ったら、すぐ深くなる。 こんな道ばかり。 落ちたら、真っ逆さま。
平家の落人は、川沿いを上ったのか。

9年12月16日 (9)

真っ白。 紅葉も残っている。

9年12月16日 (8)

今日の目的地、祖谷温泉。 雲辺寺で会った男の人が、いいとこだよと教えてくれた。   ここです

9年12月16日 (34)

9年12月16日 (33)  9年12月16日 (35)

祖谷川の下流。 向こうから来た。 道が見える。

9年12月16日 (32)

ここの温泉の目玉は、谷底の露天風呂
急な斜面を、ケーブルカーで下りて行く。 (ケーブルカーの写真は、帰りに)

9年12月16日 (14)

下は、このよう。  ゆっくり、下がっていった。

9年12月16日 (15)

中は、階段の椅子。               サルがお出迎え。                下りた所にある休憩所。

9年12月16日 (13)  9年12月16日 (16)  9年12月16日 (20)    

上流方向。 今は使っていない、吊り橋がある。 落石で壊れたそう。

9年12月16日 (17)

直ぐ下。  魚はいなかった。

9年12月16日 (21)

上と下に、更衣室が2か所。  誰もいないので、写真が撮れる。

9年12月16日 (22)   9年12月16日 (30)  9年12月16日 (23)

川のせせらぎが聞こえる。 硫黄のにおいが、少しした。

9年12月16日 (24)

川の上流。 大水があったら、ここまで水がきそう。

9年12月16日 (25)

ホテルの人は、ゆっくり30分は入ったらいいですよ、と言った。
私にとって、難しい注文を付けてきた。
20分ほど入ったでしょうか。 少しぬるかった。 40度ないと思う。
だから、30分入るように言ったのか。

混浴ではなかった。(当り前か)

もしもですよ。 混浴だったとして、たまたま女性が入っていたとする。
肩を少し出して湯に浸かっている後姿を、撮影させてもらえたとする。
そうなったら、完璧だなと思った。
その時、私の交渉術は見事なことになる。

そんな夢のような、バカなことを考えていました。

9年12月16日 (26)

山はこう。 この辺りは、車で朝晩走るのは危険なようだ。

9年12月16日 (28)

こんなのが下がっていた。

9年12月16日 (29)  9年12月16日 (27)

面白いこと書いてあったのだが、写真を失敗。 
読みにくいので、書きます。

  露天風呂は とっても気持ちが良いので
  落ち葉や虫たちも つい長湯をしてしまいます。
  どうか 皆さまのやさしい手で
  外に出してあげてください。

だれ考えたんでしょう。 落ち葉があっても、虫がいても、文句をいう気持ちは消える。

IMG_3011bhu.jpg

40分ほどいて、戻った。 ケーブルカーが下りてきた。                 ※ 横から見るとこう。

IMG_3019cvb.jpg     IMG_3019pppp.jpg     hhhl.jpg
 
ケーブルカーの乗り口。
自分で戸を開けて乗る。 自分で出発のボタンを押す。 上で管理している人がいる。

9年12月16日 (31)

普通のお風呂もあったけど、行かなかった。

市街地にある、道の駅に向かった。 こういう断崖にホテルはあった。 ケーブルカーのワイヤーが見える。

9年12月16日 (36)

ホテル。                       ここに車を停めて撮影。

9年12月16日 (37)   9年12月16日 (38)

露天風呂は、撮影できなかった。 この左下にある。 

9年12月16日 (39)

こんな道を通って。 ほとんどゆるい下り。

9年12月16日 (40)

西祖谷という所に着いた。 神社があって、伝説が書いてあった。

9年12月16日 (43)

こんな伝説。

IMG_3045bfy.jpg

※ 加羅宇多姫は、後醍醐天皇第1皇子一宮尊良親王の妃だった。
  祖谷で出産したが、産後の静養ままならず、本人も亡くなったようだ。
  この近くに古宮神社があり、そこに祭られているそう。(明日調べます)

神社と市街地。 また、道の駅からの風景。

9年12月16日 (41)   9年12月16日 (42)  9年12月16日 (7)

9年12月16日 (44)   9年12月16日 (45)

9年12月16日 (46)

9年12月16日 (47)   9年12月16日 (48)  9年12月16日 (49)

9年12月16日 (50)


今日は、こういう温泉は滅多にないと思ったので、行ってみました。
紅葉の時期などは、道が渋滞するほどの人気の温泉だそうです。
ケーブルカーで、谷に下りるのがよかったです。
どこも、完璧なほど、清潔でした。 入浴料は1500円。


【道の駅】     にしいや   ここです

【明日の予定】   かずら橋を中心に。

【雑記】    松山での、ミュージカル鶴姫伝説を観ることが決まりました。
        20日の14時から。 坊っちゃん劇場で。 予約しました。

【今日の歌】    鬼無里の道(YouTube)    紅葉(もみじ)伝説、別名、鬼女伝説の歌。 こんな歌詞です。

                     昔女に化けし鬼の 忘れがたみと つたえきく  ああ紅葉たずねて 鬼無里の道  女ごころを 君しるや
                     悪しき女と世に流れ 覚えなきともすべもなし  ああ紅葉たずねて 鬼無里の道  影に日向に 君想ふ
                     たとえ生涯逢えねども つのるいとしさ誰に負けん  つひにもらさぬ我が心 後の煙に知れようか 
                                 老し夫婦の語らひに しばし安らぐ浮世かな  ああ紅葉・・・      

           アムール川の波 (演奏)

           アムール川の波(歌入り)    どちらもいいですよ。  流氷の生まれる川です。

追記     雪が降りました。 明日どうなるのかな。 雪から逃げてきたのに、どうして追いかけて来るんだろう。(午前1時30分)
        ※ 追えば逃げる。逃げれば追われる。 うまくいかない。 

IMG_3058ttg.jpg


【ブログランキング】 国内旅行11位。

ランキング
スポンサーサイト



コメント

こんばんは

小便小僧のある細い道の方から祖谷に入ったんですね。R32・猪鼻峠の雪は大丈夫でしたか。

Re: こんばんは

県道32を走りました。
小便小僧はあったけど、その峠には気づきませんでした。
気温は、プラス4度ほどでした。
道は細い所もあったけど、大丈夫でしたね。
五木の山奥より、ずっと広かったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/782-91cfe51f

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。