キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松山での鶴姫伝説は、見ると決めたので行くことにした。
雪の予報は、続いている。
山には入れない。
海岸線の道を、宇和島を通って行くことにした。

6月は高知を素通りした。
今回もそうしたら、竜馬に申し訳ないかなと。
それで、桂浜、はりまや橋、青龍寺に寄ることにした。


桂浜の丘の上に、坂本竜馬の像はあった。

IMG_3180ase.jpg

9年12月18日 (2)

海の彼方を、そして、遠く日本の将来を見ているのか。

9年12月18日 (3)

幕末から明治維新への政治は、複雑で分かりにくい。  私は分からない。
竜馬については、下に。

IMG_3187mmku.jpg

※ そういえば、竜馬は京都の伏見の旅館寺田屋で襲われたのだが、その旅館は今どうなっているか調べてみた。
  京都市が昨年、再建だと結論を出したのに、まだ見学させていた。

ここから、桂浜に下りた。

9年12月18日 (4)

ここが桂浜。 実際は、竜馬像も含めて、この辺り一帯を桂浜と呼んでいる。
岬や、水族館や、お土産屋もあり、高知の大きな観光地になっていた。

砂浜は、弓形に広がっている。 潮流が速くて、夏でも泳げないそうだ。

9年12月18日 (5)

大町桂月の石碑があった。 桂月の桂は、桂浜の桂で、高知市出身の人だった。
この人は、北海道の層雲峡の名付け親だ。
実際は、詩人、歌人、随筆家、評論家のようだが、読んだことはない。

9年12月18日 (6)

※ この人の評価が高くない理由の一つに、昔こんなことがあったそう。(Wikipediaより)

 与謝野晶子が発表した「きみ死にたまうことなかれ」に対して、桂月は、雑誌「太陽」でこう避難した。
「皇室中心主義の眼を以て、晶子の詩を検すれば、乱臣なり賊子なり、国家の刑罰を加ふべき罪人なりと絶叫せざるを得ざるものなり」と。
 これに対して与謝野晶子は「明星」でこう言った。
「歌はまことの心を歌うもの」と。

 桂月は、国粋主義的な人間に見られている面があるようだ。
 当時は、桂月のように物を言えば有利だ。 でも時代は変わって、逆転した。
 時代の流れに沿って物を言うのは、その時評価されても、その時代で終わると言うことかな。

こんな説明があった。

IMG_3198cdkn

下竜頭岬と竜王宮。 そこへの道がいい。

このように、岬をいい形でデザインすれば、岬が引き立つ感じがする。
(他の岬は、参考にしてもいいように思う)

9年12月18日 (8)

花はまだ、生き生きとしていた。 でも、今日の雪は応えたな。

9年12月18日 (9)   9年12月18日 (10)

下竜頭岬。 ※ 地元では、下を取って、竜頭岬(りゅうずみさき)とも言うそう。

9年12月18日 (12)

西方面。 ※ 後で、海岸沿いの道を、向こうに走る。

9年12月18日 (11) 

上から見た桂浜

9年12月18日 (13)

砂浜の奥に水族館があった。 
オットセイ(?)が、ボールの訓練をしていた。 ほめられたり、励まされたりして。

9年12月18日 (14)

駐車場の心配はあったが、はりまや橋に向かった。
案の定、停めやすい駐車場は見つからなかった。 スーパーに停めた。(歩いて10分ほど)
※ たくさん買い物をした。 
  急にいるものはないから、絶対無駄にしないものを買った。 酒。

はりまや通り。(駅前通り) ※ 後ろが駅。

9年12月18日 (15)

少し向こうに歩いたら、右のこんな所にあった。    ここです

9年12月18日 (16)   9年12月18日 (22)

これがはりまや橋。 小さい。 かわいい。

IMG_3233ygr.jpg

9年12月18日 (18)   9年12月18日 (19)  9年12月18日 (21)

よさこい節の中に、「はりまや橋で、ぼうさんかんざし買うを見た」とある。
坊さんが、簪(かんざし)を買ったことについての通説は、こうだった。(何にでも載っている)

幕末、僧の純信が、思いを寄せる鋳掛け屋の娘お馬に、はりまや橋近くの店でかんざしを買う。
一部の宗派を除いて妻帯が禁じられていた当時、これが醜聞となって世に広まる。
2人は駆け落ちするが、追っ手に捕まり引き離される。

はりまや橋は、僧と娘の悲恋の舞台だった。

※ 三角関係だったという話もあるが、長いのでここに。(朝日新聞の記事から)

いい雰囲気。

9年12月18日 (20)

戻った。  駅方向。

9年12月18日 (23)

居酒屋のメニュー。

9年12月18日 (25)

こんなのが。 私は酒を飲んだら、すぐ眠くなる。 理由がやっと分かった。
今日のブログは、土佐鶴を飲みながら書いている。 昔から、この酒は好き。 辛口。

   9年12月18日 (24)

西の方に30ほど走って着いた。 ここが、青龍寺。    ここです

9年12月18日 (27) 

三重塔。 今日は、橋も塔も、小さくて朱い。

9年12月18日 (26)

9年12月18日 (28)  9年12月18日 (29)   9年12月18日 (30)

9年12月18日 (33)

平成16年に建てられた。 鮮やかな朱色だ。
300年経ったら、室生寺みたいに有名になれるかも。  ※室生寺五重塔は、ここに

IMG_3286dfu.jpg

9年12月18日 (32)

道の駅に向かう途中。 海岸線の風景。

9年12月18日 (34)

今日は、どこも期待していたより、良かった。

はりまや橋は、時計台(札幌)・オランダ坂(長崎)の3つで、日本三大がっかり名所と言われている。
でも、よさこい節の歌と共にあるので、わるくないと思った。
時計台もそうだが、歴史を考えないで見るから、がっかりする。

日本中に、がっかり名所は、数え切れないほどある。
あそこの岬だって、あそこのテーマパークだって。


【道の駅】      かわうその里すさき    ここです

【明日の予定】   宇和島へ向かいます。  海岸線を走るが、少しでも近道できるだろうか。 

【今日の歌】     よさこい節(YouTube)

                 わすれ雪(YouTube)    雪が降りました。 手仕事屋きち兵衛さんです。

            北の岬(YouTube)



【ブログランキング】  国内旅行13位です。

ランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/784-7239ec12

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。