FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

日本最古の名湯に入りました。
でも、私にとって、どうだったら名湯かがよく分からない。
その前に、2時間ほど、ボランティアの人に案内してもらいました。
五十一番札所、石手寺にも連れて行ってくれました。三重塔がありました。

道後温泉の魅力は、温泉だけでないことが分かりました。


観光案内所から、アーケード街を歩いて行くと、椿の湯や道後温泉本館に着く。
椿は、松山市の花。

ただ、サザンカは花弁が落ちるが、椿は花ごとポロっと落ちる。
それで、昔、武士は嫌ったそう。(首が落ちる感じなので)

9年12月22日 (1)   9年12月22日 (2)

道後温泉本館。 坊っちゃん湯とも呼ばれる。 
浴室に、坊っちゃん泳ぐべからずの札が、下がっていた。

100年以上経っている建物。 湯気が出るのに、よくもっていると思う。

IMG_3586bbmh.jpg

※ ここの温泉は、かけ湯だけで入ったらダメ。 体を洗ってから入ること、と標示があった。
  これがいいんだが、このように書いてあるところは少ない。

左から見たら、こう。

9年12月22日 (4)

後ろ。 昔、皇室はこっちから入った。 専用の門が。 使用したのは、昭和26年が最後だそう。

9年12月22日 (5)

円満寺の、湯の大地蔵。 行基作と言われている。

9年12月22日 (6) 

宝厳寺。 ここで、一遍上人が生まれた。 1239年のこと。   

9年12月22日 (8)

石段の下は、このように坂。 ここは昔、遊郭街だった。

9年12月22日 (7) 

正岡子規の句碑があった。 

9年12月22日 (9)

そばに遊郭があったから、こんな句が。

9年12月22日 (10)

本堂。

9年12月22日 (11)

次に向かって歩いていたら、多羅葉という木が。 ハガキの木とも言われているそう。
葉っぱに字が書けた。(車のキーで) 時間が経ったら、黒くなってきた。 消えなかった。 

9年12月22日 (12)   IMG_3740vgyj.jpg

こんな木が。 一つの木の葉っぱが、二種類あった。 若い葉に、分かれるのがあるそう。

9年12月22日 (13) 

伊佐爾波(いさにわ)神社。 赤穂浪士と関わりがあった。

IMG_3642bbhk.jpg

屋根と屋根が、少し重なっている。

9年12月22日 (14)

京都の石清水八幡宮を模したと言われている。 こういうのは、全国に3つしかないそう。
八幡造りの社殿で、重要文化財。

9年12月22日 (15)

赤穂浪士の討ち入り後、10名を松山藩が預かった。 この地で切腹。
二人の墓がある。(毛髪が入っている)
※ 腹を切った後、介錯(首をはねる)する人が、毛髪をいただくことを頼んだそう。
  誰もが、心は、四十七士の味方だった。

9年12月22日 (16)

関家多喜次と言う人の算学が、復元されて奉納されていた。22枚。
図が単純だが、気になる問題があった。
こんなの。

IMG_3632asdf.jpg

真ん中の、赤の○の直径を出せと言う。
(√)を使って解けたんだが、すぐには分からなかった。  
※ これを考えたため、ブログが遅くなった。 解答は、23日のブログに。
  大きい円の直径を10㎝として、挑戦してみては。

こんな所が。 鮮やか。

IMG_3637dsae.jpg

五十一番札所、石手寺に向かった。

こんな井戸が。                 大きな空海の像が。 顔はインド、体は長安を向いている。

9年12月22日 (20)  9年12月22日 (21)   9年12月22日 (22)

プラタナス(鈴懸)の実。 初めて見る。  実は鈴のようだ。

9年12月22日 (23)

細いトンネルを通って、裏の方から行った。

9年12月22日 (24)  9年12月22日 (25)   9年12月22日 (26)

石出寺の三重塔。 重要文化財。  ※ 逆光で、塔が黒くなる。
色は着いてない。 ※ 色なしでは、羽黒山の五重の塔が綺麗。  朱い塔では、もちろん室生寺

IMG_3671kkou.jpg

この鐘は、テレビの除夜の鐘で、何度か登場したという。 私もならした。 ゴワ~~ンって鳴った。

9年12月22日 (28)

松山城は、江戸時代に入って建てた。 その前は、湯築城だった。 その跡地は、公園になっていた。
復元した家の中にに、こんな絵が。

木を縦に長く切るのは大変だから、割っていた。 何か所もキズを付けて。(初めて知った)
真ん中あたりで、二人が木槌をもってやっている。

9年12月22日 (29)

こんな感じ。 ここにカエルが飛び込んだら、どんな音がするのか。 松山だから決まってるか。

9年12月22日 (30)  9年12月22日 (31)

雰囲気がよかった。

9年12月22日 (32)

昔使っていた、湯釜があった。 ここから、各温泉に行くのか。

9年12月22日 (33)  9年12月22日 (35)

湯釜の上の方。 一遍が彫った字だと言う。

9年12月22日 (34)

アーケード街を通った。 フクロウが。    このように、道後温泉の本館は見えてくる。

9年12月22日 (36)   9年12月22日 (37)

カラクリ時計と足湯。

9年12月22日 (38)

道後温泉駅。 坊っちゃん列車が走っている。

9年12月22日 (40)

坊っちゃん列車。

9年12月22日 (39)

今日は、漱石や子規については、詳しく見ることはできませんでした。
次の機会かな。

道後温泉は、古い温泉と、巡礼のお寺と、漱石・子規によって、魅力が出来上がっていました。
一日歩いても、退屈しないだけ、たくさんの見所がありました。


今日は、冬至でした。 インスタントの汁粉に、カボチャを入れて食べました。
これで、風邪を引かない。 明日から、昼間が長くなっていく。

9年12月22日 (41)


【停泊場所】  昨晩に同じ。

【明日の予定】 見学が出来る窯元があるので、行ってみようかなと。 初めて。

【今日の歌】  太陽がいっぱい(YouTube)  新しい動画。 女性のマリー・ラフォレはデビュー作。

   nnmkラフォレ


【ブログランキング】 国内旅行9位です。

ランキング

スポンサーサイト



コメント

ようこそ

今日(23日)16時前頃、しばらくの間、伊予市方面へ走る貴車の後ろを走っていました。小粒の雨が降り始めた頃でした。西の空には天使の梯子がかかっていました。
旅のご無事をお祈りしているぞなもし。

Re: ようこそ

こんばんは。
ほんの少しの間、雨が降りましたね。
3日いた愛媛を離れて、道の駅ふたみに向かっていました。
そこは、10時に閉鎖なので、次へ走りました。
砥部で焼き物を見た後でした。

松山は、いいとこでしたなもし。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/788-357ca121

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。