キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうだ、少しも動けまい。
砂は、そのように乗っかってきた。 重さは想像以上のものだった。


指宿には、たくさんの砂むし温泉がある。
山川砂むし温泉は、海と開聞岳が見えるので、ここにした。 ※山川は、やまがわ、と読む。

開聞岳。 元旦に登った。 寒かった。
右の方から、こっちに回り込んで左に行き、向こう側から頂上に上がった。
※ 温泉の駐車場から撮影。

10年1月4日 (1)

反対側は、こう。 ここが、山川砂むし温泉。 (詳しくは、山川砂むし温泉保養施設)

IMG_4706xcgs.jpg

場所は、下の地図。 ここは、指宿市山川。 左の方に、長崎鼻がある。

10年1月4日 (10)

ここで、浴衣に着替えた。(まったくの、浴衣だけ) 料金は、800円。

10年1月4日 (3)

上の建物の、向こう側。 浴衣は着てるが、混浴。

10年1月4日 (4)  10年1月4日 (8)

10人ほどが、砂の中で寝ていた。

IMG_4717pkdr.jpg

砂風呂は、一直線になっていた。 この線の所だけが熱い。 3m離れたら、熱くない。
※ 大きな岩盤の割れ目から、温泉(地熱)が上がってると思う。 だから、直線。

10年1月4日 (5)

このように、一斉に砂をかけてくる。 厚さは10㌢くらい。 手足は真っ直ぐ。
この二人の隣に、私は埋められた。   ※ 男の人は、アルバイト。

10年1月4日 (6)

この状態で、10分から15分。 この撮影の後、私も。

10年1月4日 (7)

こんな順で、こうだった。

① 浅く掘った所に寝た。 頭は少し高い。 頭にタオルをまいて、端っこを口にくわえた。
② 4人で、ぱっぱとスコップで砂をかけ始めた。 速い。 砂は重い。
  顔にかからないように、ちゃんと見てやれや、と思った。
③ かけ終わったら、身動きできない。 金縛りにあったようだ。
④ 時計の場所を教えてくれた。 長くても15分だと言う。 自分で判断して出る。
⑤ 熱かったら、教えてくれと言う。
  隣の方で、足が熱いと言った。
  砂かけの人は、そこをだけ少し動かせと言った。そうしたら、そこに熱くない砂が、潜り込むと。
  私は、動かせないと思っていた。
  ところが、体全体はいっぺんに動かせないが、部分的には動かせることが分かった。
⑥ 私は、背中が熱くなった。 少し動かしたら、砂が入った。
⑦ 5分ほどしたら、サウナと同じ感じになった。 汗が噴き出しているのが分かる。
  足や手が、ズッキン・ズッキンした。 心臓の鼓動のように。
⑧ 10分過ぎたら、我慢比べのようになってきた。
⑨ 最初の人たちが、砂から出始めた。
  まず、手を出すように言われていた。そうしたら、手で砂をどけることが出来る。
⑩ 15分になったので、私も手を出した。
  砂の中で、もぞもぞ動かすと、砂が手の下に入っていく。
  だから、出すことができる。
  手を出したら、こんなに涼しいとは思わなかった。
⑪ この後、風呂で砂を落とし、湯船に入る。

こんなことがあった。
年配の女の人が砂から出て、浴衣の砂をほろっていた。
そんなことをしていたら、浴衣の前が、少しはだけた。
あぶない、あぶない、と言った。
私は、おばさんは、もうあぶなくない、と言いたかった。

この後、お風呂にはいって、おしまい。

海を見たら、通る船が、夕陽に輝いていた。

10年1月4日 (11)

砂むし温泉から、この山が見えた。 手前が竹山。 登れる道があるというので、向かった。

IMG_4726mhts.jpg

途中で人にあったので、登り口を聞いた。 
道を教えてくれた。 神社の所からだと言う。
上にも神社があって、その上は道がダメになっていると言った。

10年1月4日 (13)

こんな所を行った。

10年1月4日 (14)  10年1月4日 (15)  10年1月4日 (16)

竹山神社。 ここで初詣。
ブログを読んでくれてる人の数だけ、賽銭を入れた。
一人当たり1円なので、願いが叶うか、少し不安だった。

IMG_4734ttde.jpg

さらに道があった。

10年1月4日 (18)

少し上ったら、山の中腹に、小さな神社の屋根が見えた。
※ 後で分かったが、ちょうど真ん中辺りだった。
※ この山の高さは、やく200㍍。 

IMG_4736ooku.jpg

さらに登った。 着いた。 ちゃんと、お供え物があった。 リンゴは、鳥がかじったのか。
ここは上社か。下が下社で。

IMG_4743wwes.jpg

見晴らしがいい。

IMG_4740ooik.jpg

右の方。

10年1月4日 (23)

ここを上ってきた。

10年1月4日 (24)

上への道があった。 細い。 崩れてるのも見えた。

10年1月4日 (26)

ここを、さらに下りる。

10年1月4日 (25)

上を見上げたら、急な崖だ。

10年1月4日 (27)

山川の港を通って戻った。
大根が干してあった。 細長い。

10年1月4日 (28)

                             エンドウの畑。

10年1月4日 (29)  10年1月4日 (30)

沈む太陽は、大きい。

10年1月4日 (31)

菜の花畑を、時々見た。 何のために植えるのか。(調べていない)

10年1月4日 (32)

市街地に入ってきた。 これは、何だと思いますか?
小さな建物の中に、墓があった。 初めて見る。

10年1月4日 (33)

山川港。

10年1月4日 (34)

ここを通って戻った。

10年1月4日 (35)


砂むし温泉は、本当に体にいいのかということだが、
ある調査によると、普通の温泉の3倍だそう。
血液の循環が良くなって、老廃物を出すと言う。 人気があるそうだ。
私は体が軽くなった感じがした。(もともと重くはないが)


【今日の停泊場所】  同じで、なのはな会館駐車場。

【明日の予定】     知覧に向かうかも知れない。 他を探している。

【今日の歌】       大連の街から(YouTube)   先日も載せましたが。

                 一瞬の夏(YouTube)    西島三重子です。 初めて。

                 冬のかもめ(YouTube)   同じです。


【ブログランキング】 国内旅行8位です。  十分な順位です。

ランキング

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/801-93a1e2cb

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。