FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

坂本龍馬とおりょうは、下の港にやってきた。 浜之市港。 (隼人港)
鹿児島から船で来た。 案内人は、吉井友実という人。
1866年4月30日、天気は晴れ。

案内板があった。

10年1月17日 (28)

大きくなります。

IMG_5435bhgdr.jpg

桜島が見える。 鹿児島は右の方。
船は、向こうから入ってきて、右奥に。

10年1月17日 (3)

黄色の○が、上陸地点。

10年1月17日 (4)

1日目は、日当山温泉まで。 距離は6~7㌔。

今日私は、途中の隼人塚まで歩いた。
天気が良く、上着はリュックにしまった。

10年1月17日 (6)

こんな花が。

10年1月17日 (8)ppp

少し歩いたら、浜の湯。 私はいつもここ。 300円。 焼き芋屋のHさんが教えてくれた。
新しい温泉なので、龍馬は知らない。

10年1月17日 (9)

道は、ずっと山に向かっている。

10年1月17日 (10)

Hさんの奥様が教えてくれた。 目立たない場所にあるのに、客は30人ほどいた。

10年1月17日 (11)

こんなラーメン。

10年1月17日 (2)

職人の感じの人が、淡々と作っていた。
プライドを表に出しているところは、まだ経験が浅いため、基本的にまずい。
そういう面で、ここはいい。
スープが熱くないという問題はあるが、スープを飲み干したくなるようなラーメン。

道は、時折ゆるく曲がるが、まっすぐ日当山温泉に向かっている。 案内板が。

10年1月17日 (12)

私が歩くのは、隼人塚まで。

10年1月17日 (13)

この道は、かごしまロマン街道だ。

龍馬とおりょうは、何を見て歩いたんでしょう。
当時は、見晴らしが良かったから、自分たちが登る高千穂の山が、きれいに見えたでしょうね。

ここから、宿泊する日当山温泉まで、2時間ほど。 
朝、鹿児島を出て来ているから、ここを歩いているのは、午後の2時か3時でしょうか。

10年1月17日 (14)

この写真の目的は何でしょう。 ヒントは空。
そうです。 飛行機です。 鹿児島空港が、すぐそば。 着陸の態勢に入っています。

10年1月17日 (15)

隼人塚に着いた。

10年1月17日 (16)

10年1月17日 (17)

これが、隼人塚。 

10年1月17日 (18)

向こうに、隼人塚史跡館が。

10年1月17日 (27)

与謝野晶子が、ここに来ていた。

10年1月17日 (19)

奈良時代前、この辺りには、隼人という部族が住んでいた。
ここは、中央から遠いので、律令政治による税を集める仕組みは、徹底していなかった。
自分たちの決まりの中で、それなりに平和に暮らしていた。

10年1月17日 (20)

奈良時代に入っても、支配への抵抗は強かった。 713年には、国守を殺す事件を起こした。
そして、720年に隼人の乱が起きた。 朝廷に逆らって戦った。
律令政府は、大伴旅人を大将軍として軍を派遣し、翌年までかかって鎮圧した。

※ 同じころ、坂上田村麻呂は鎮圧のため、東北に行っている。

10年1月17日 (21)

首を切られたり、生け捕りにされたのは、1400人以上という。

10年1月17日 (22)

後の世の人達が、死んだ隼人を弔って、隼人塚をつくった。 平安時代後期。

10年1月17日 (23)

古い書物にも出てくる。 放生会というのは、隼人の霊を弔うための組織、そんな感じか。

10年1月17日 (24)

隼人が使っていた、楯。 高さ、150㌢。 大きい。

10年1月17日 (25)

再度。 これが、隼人塚。 

10年1月17日 (26)

後の世に、隼人塚がこうして作られたこと。
町名が、隼人になったこと。

義経や天草四郎と同じで、権力に従順でなく、強いものに立ち向かった人は、人々に好かれる。
ずっと語り継がれる。

隼人族は、戦うための能力が、体力面でも優れていたと考えられている。
隼人の「隼」は、隼(ハヤブサ)ですからね。

※ 隼人塚は、復元されたものですが、本物を含んだ復元です。
  隼人塚の発掘・復元によって、隼人に関わる、多くのことが分かったようです。


龍馬とおりょうの歩いた道を、戻った。
桜島は、今日も、噴煙を上げていた。

10年1月17日 (29)

今、AZにいますが、ここの店は、AからZまで、何でも売ってる。 24時間。
これから九州を動き回るため、再度、体制を整えています。

車の中を、更に使いやすいようにしています。
夜も、店で物を探したりして、ブログを書く時間がなくなり、次の日に持ち越しました。
大きなものの洗濯も、終わらせます。


【停泊場所】  AZの駐車場。

【明日の予定】 今日歩いた先を歩く。


【ブログランキング】 6位です。
ランキング

【拍手】
スポンサーサイト



コメント

リンク報告

はじめまして。カミタク
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/
と申します。

私が運営しております、鹿児島の観光と温泉をホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「隼人塚訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKANAQ.HTM
から、貴ブログ記事にリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。

今後共、よろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/814-11cbc4cf

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。