FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

石段の数が日本一だという、美里町の御坂遊歩道に行ってみた。
数は、3333。 山形県羽黒山の2446段より、多い。
これだけの数になると、登山だ。 歩きやすい登山。

天草の方に向かったから、そっちに行くと予想した人が多いと思う。
石段を予想した人は、いたでしょうか。  場所はここです。 印がスタート場所。 釈迦院まで行った。

美里町は小さな町で、石垣・石橋・石段のある、石の町だった。

山の中の道の太さに不安があったので、美里町の市街地のガソリンスタンドで聞いた。
バスも行ける道と教えてくれた。
情報がほしい時に、軽油を入れることが多い。
若い二人の人がいた。 短い時間だが、話は盛り上がった。
美里町の何がいいとか、秘密の鍾乳洞があるとかで。

駐車場に車を置いて歩いた。
どっちに、登り口があるか、どこを見ても標示はなかった。
こういうことは、よくある。

10年1月27日 (1)

道を上って行ったら、ここに着いた。 12時31分スタート。 1時間半のコースだという。

10年1月27日 (2)

昭和55年に作り始めて、昭和63年に完成した。 8年かかった。
3333を8で割ると。 400ちょっとだ。
ということは、1日平均、1段とあと少しになる。 大変な工事だ。

10年1月27日 (3)

建物の向こうに、お堂があった。

10年1月27日 (4)

牛に乗っている。

※ 下の写真を、上から下に降ろすと、両側の扉が、不思議な雰囲気に見えます。 
  面白いですよ。 どうしてだろう。 不思議。

10年1月27日 (5)

自分の町に、日本一の何かがあったらいいと、みんな思うのかな。

10年1月27日 (6)

日本一の大杉とか、自称日本一の物をたくさん見てきた。
でも、ここの日本一は、作るのに苦労した分、価値がありそうだ。 石の町だから、できた。

100段ずつ、このように標示がある。 いいですね。

10年1月27日 (7)

肝心の、魅力はどうなんだという問題です。
石段の魅力だけでは、限界があるということかな。
  ※ 石段の石は、適当な石ではなく、日本各地、世界からも。
羽黒山に対抗意識を持ったとしても、比較は出来ないんですね。 レベルが違う。
羽黒山は、登り始めたその時、国宝の五重塔がある。 頂上も違う。 
石段そのものも古く、歴史がある。 決してコンクリートは使っていない。

10年1月27日 (8)  10年1月27日 (9)  10年1月27日 (10)

小さな動物の糞。

10年1月27日 (11)

このような直線の上りが多いでしょうか。
ここの石段の魅力は、登山感覚の石段でしょうか。

10年1月27日 (12)

 


10年1月27日 (13)

下を見るとこう。 標高差、620㍍を登る。 開聞岳より、少し少ない高さ。

10年1月27日 (14)
10年1月27日 (15)  10年1月27日 (16)

今日の美里町の気温は、14度。 セーターを脱いで、リュックに縛り付けた。 
山の上だが、シャツだけ。

10年1月27日 (17)
10年1月27日 (18)

国道とか県道ではない。

10年1月27日 (19)

自分の体調を確かめたいこともあって、休まないで一気に登っている。

10年1月27日 (20)

向こうから、歩いてきた。 自分の車が見えた。

10年1月27日 (21)

この写真は、13時15分撮影。 2000段の標示が見える。 ここまで、44分かかった。

10年1月27日 (22)

花がないから、少し退屈。

10年1月27日 (23)
10年1月27日 (24)    10年1月27日 (25)

ここまで、1時間3分。 疲れてきた。

10年1月27日 (26)

10年1月27日 (27)  10年1月27日 (28)

ゴールが見えた。

10年1月27日 (29)

10年1月27日 (30)  10年1月27日 (31)

13時44分に頂上着。 1時間13分かかった。

10年1月27日 (32)

私の少し後から、男の人が登ってきた。
私よりずっと若く、熊本から来たという。 この後一緒に歩く。

頂上からの風景が、とにかくいい。 熊本県全部が見渡せている。 そんな感じ。
これも、ここの石段の大きな魅力かな。

熊本市の方向。 男の人が、教えてくれた。

10年1月27日 (33)

熊本市内。 熊本城は分からない。
北海道と比べたら、九州はいつも、霞がかかっている。 中国や、桜島が関係しているのか。

10年1月27日 (36)

八代方面。                      雲仙岳。

10年1月27日 (34)  10年1月27日 (35)

頂上から、1㌔ちょっとの所に、釈迦院がある。 そこに二人で向かった。

ここが、釈迦院。 江戸時代初期の建物のようだが、詳しい年代の説明はなかった。
※ 寺は、かなり傷んでいて、このままなら廃寺になる雰囲気。
※ この場所は、山の頂上を少し越えたため、八代市になる。

10年1月27日 (37)

山門には、赤い像が。

10年1月27日 (38)

ここの石段は、釈迦院の表参道にある。 どうして、釈迦院の石段と呼ばないのだろう。
※ 釈迦院は、いつまでもはない、と思っているのか。 八代市の寺だからか。

10年1月27日 (39)

10年1月27日 (40)  10年1月27日 (41)

時々このように見える。

10年1月27日 (42)

右の写真の人と、10分ほど立ち話。 3人でにぎやかに。 カメラの話も。
この人は、2日に1回登っている。 雪が降っても。 

10年1月27日 (43)  10年1月27日 (44)

下りは見晴らしがいいから、好きだ。

10年1月27日 (45)

石段は、横に曲がったり、変化がある方がいい。

10年1月27日 (46)

今日は20人くらいに出会ったでしょうか。

10年1月27日 (47)

ゴールが見えた。

10年1月27日 (48)

美里町は、美しい里と書くだけあって、懐かしい雰囲気があある。

10年1月27日 (49)

黄色い梅。

10年1月27日 (51)

梅には、いろんな色があるのか。

10年1月27日 (50)

駐車場の人から、ミカンをもらった。 大きいし甘い。

10年1月27日 (52)

日本一と自慢しても恥ずかしくない石段でしょうね。
今は新しくても、100年後には、平成時代に作られた石段になる。
石段に付随する見晴らし台などが、古くなってきた。
廃墟のようなのもあった。
これをそのままにしておくと、石段も廃墟になりますね。


    羽黒山の石段は、ここです


カウンターの数が、10万を越えました。 今日の日中ですね。
100000の数を見ることができたのは、一人だけですね。 見た人いるんでしょうか。
私が見ても、数は増えないので、見ようと思ったら、私も見ることはできました。



【停泊場所】    美里町市街にある、佐俣の湯の駐車場。
           ※ 石段の駐車場の人が、停めれることを教えてくれた。 温泉にも話しておいて。
           ※ ここには、物産販売所もあるので、この駐車場は、町の駐車場かな。 すべてが、町営かもしれない。

【明日の予定】   石橋がたくさんあるので見てきます。 棚田も。 石垣も。



【ブログランキング】  15位。 クリックしても、点数に反映してないと言ってくれる人もいます。
            前も、こういうことはあった。 昨日は、ずっと変わらなかった。 右の数字が。
            そのうち、何とかなるかな。 しばらくは、下がるだろうけど。

ランキング

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/824-3d79284e

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。