キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋、おめでとうですね。
実況で、見ましたよ。 4回転に挑戦した、その心意気がいい。
プルシェンコは、負けても、王者。 4回転を安定して飛べるのは、この人だけ。


フィギュアスケートを見終わって、動き出したのは、2時半。
車で5分ほどの所に、焼酎資料館がある。 何か面白いことがあるかもしれないと期待して、行った。

田苑(でんえん)酒造株式会社の資料館。     ここ

10年2月19日 (6)

この建物は、300年前の酒蔵を、ここに移築した。 入ったら、甘い酒の匂いがした。
見学者は、私の他に2人。 背中を向けてる人が説明してくれた。

もし、車を運転しなかったら、いくらでも試飲ができる。 

10年2月19日 (1)

反対側。 昔の焼酎の作り方の展示。

IMG_9811ccxzv.jpg

カメに入れて寝せていた。 今でも、少しだけ、こうやって作っている。

10年2月19日 (3) 

色んな焼酎が、展示してあった。 売ってもいる。

10年2月19日 (4)

ここの資料館では、音楽コンサートが行われていた。 このことが、面白いことだった。
下のことと関係して。

10年2月19日 (2)
  
焼酎記念館で、この焼酎を見た。 偶然、数日前にこれを買って飲んでいた。

ここでは、ある焼酎を作るとき、音楽を聞かせている。 もろみ工程や熟成工程で。
以前から、音楽を流すと発酵が早まることは分かっていたそうだ。

昔、仕事している時、BGMを流した。 
そうしたら、スピーカーの近くで発酵が早まっていた。(もろみ工程で)

以来、音楽による振動が影響を与えていることが分かり、下のような焼酎を作るようになった。
音楽仕込みだ。 まろやかな味になる。 お湯割りにあう。

ビンも紙パックも、このラベル。 紙パックのを、一つ買った。

IMG_9910bbvcg.jpg

ピンクの焼酎、ゆうこ。 紫のさつま芋から作った。 
どうして、ゆうこなんだろう。 
例えば、この焼酎の発想は、「スナックゆうこ」のママだったとか。 面白いのがあればいい。

私が、ワタシになる、とはどういうことかな。 一人の自分になる、そしてゆっくりする。 そんな感じか。

10年2月19日 (5)

ここでは、音楽仕込みと、ゆうこに出会ったので、これで十分ですね。

昔の蒸留器。 少しずつ焼酎が、右の筒から出てくるので、名前は、チンタラ。 楽しい。

10年2月19日 (42)  10年2月19日 (7)

倉野磨崖仏があるので、行ってみた。 資料館から、10分ほど北に。

楽しみは、磨崖仏の他に、近くを歩くことも。
そこを見たついでに歩く。 地域の人にも、そう思ってもらえるから、歩きやすい。

橋の欄干の絵は、河童の相撲。

10年2月19日 (8)

場所はここ。 小さな崖。 右下に、いろんな塔も。    ここです

10年2月19日 (9)

向こうの大きいのは、六地蔵塔。 入来の武家屋敷へ行った時も、見た。

10年2月19日 (10)

保存がいい。 右のは、顔が分かる。

10年2月19日 (18)  10年2月19日 (19)

この六地蔵塔は、天正3年に作られていた。 
※ 天が読みにくいが、下に正のつく元号は、いくつもない。 それで分かってくる。

天正3年は、1575年で、長篠の戦があった年。 由布姫の子供の、武田勝頼は、この戦いで負けた。

10年2月19日 (17)

岩が風化していない。 変わった字だ。 梵字というそう。

10年2月19日 (12)

字が4つ。

IMG_9847nnmbk.jpg

一番右の字は、ここにしか見られないそうだ。 この字を彫ることは、仏を彫ることと同じ意味を持つそう。

10年2月19日 (11)

他にも、いくつか。

10年2月19日 (14)  10年2月19日 (20)

小さな、側溝が、山の中に。

10年2月19日 (16)

ここも山に、トンネルを彫っていた。 長さは分からないが、数十㍍ならどこにでもありそうに思える。

10年2月19日 (15)

歩いてみたくなるような、こういう道。 いいですよ。

10年2月19日 (21)

遠くの家並み。 畑の向こう。

10年2月19日 (22)

坂の上から、おじいちゃんが下りてきた。 挨拶をしたあと、話した。 いくつかだけ紹介。
私の方から、いろいろ聞いた。 自慢してるとか、そんな感じは全くなし。 91歳だ。

○ 昔は、高校の数学の先生。 32年勤めた。 退職してからの年数が、同じになって来た。 
○ 退職してから、85歳まで、教育委員。
○ 近くに小学校がある。 この春閉校。 132年の歴史に幕。 実行委員長。
○ 小学校の初代校長は、おじいちゃんの曽祖父。
○ 十数年前に奥様がなくなって、ずっと一人。
○ 戦争に行った。 南の島。 最後にいたのは、ラバウル。 昭和21年に浦賀に戻る。
  そこから汽車で、薩摩川内の駅に。 乗り換えなしの、特別列車。

1時間ほど、立ち話。 頭のしっかりした、元気なおじいちゃんだった。

10年2月19日 (24)  10年2月19日 (25)

こんな道をさらに歩いた。 遠くに梅の木が。

10年2月19日 (23)

満開だ。

10年2月19日 (26)

今まで見た中で、一番。  圧倒される・・・。  ・・・の言葉が見つからない。

IMG_9876zzxcs.jpg

倉野小学校。

10年2月19日 (28)

小学校の近くにも、満開の花が。

10年2月19日 (29)

開校132年とあった。

10年2月19日 (30)

おじいちゃんの家は、中央、少し右。

10年2月19日 (31)

田んぼの中の道を戻った。          見晴らし台があったので、登った。 川内川。

10年2月19日 (32)  10年2月19日 (33)

右の道を通って、学校の向こうへ行った。

10年2月19日 (34)

珍しい花。

10年2月19日 (35)

戻る途中、隠れ念仏洞があったので、行ってみた。 山の中。    この辺り

10年2月19日 (36)  10年2月19日 (37)

昔、一向宗が禁止されていた時代、付近の家の人が集まって、ここでお経を唱えた。

10年2月19日 (38)

中には、何人も人が入れる。 右の方。 昔は、仏像があったと考えられる。

10年2月19日 (39)

左の方。

10年2月19日 (40)


珍しいお酒に出会い、歩くことができ、おじいちゃんにも会えたので、いい一日だった。


プレッシャーに負けなかった。 大したもんです。
たくさん練習して、自信があったから、と本人は言った。  高橋は、自立している。

takahasi gghk

爽やかな表情。 この時、まだ結果は分からない。

takahasi mmbczppp



高橋のフリー演技(YouTube)      これしかない。


【道の駅】    樋脇

【明日の予定】  南の方に、動きます。

【今日の歌】   風の桜衣(はなごろも)(エムズの片割れ)  
            由布姫と勝頼は、長篠の戦のずっと前、高遠城で一緒に暮らしている。
            高遠城は、今は、日本3大桜の名所。 高遠には、絵島と言う人が、流されている。
                                       ※ 関連ブログ  由布姫 高遠城 絵島の物語


【ブログランキング】   5位です。
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/847-596b4a07

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。