キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の中ばかり歩いていた。 行者の修行の気分だった。

通りがかりの者に、お参りさせてくれた。 ていねいに。
冠嶽山鎭國寺頂峯院というお寺だった。 
昨日、冠嶽園に行った。 昔そこには、頂峯院というお寺があった。
同じ名前の寺だった。 冠岳の真下にあった。

今日行く予定は、こんな所。

IMG_0169bbvc.jpg

山の下の道を走っていると、このように案内が。

10年2月21日 (1)

山の中に入ると、再び、案内があちこちに。

10年2月21日 (2)

中岳神社。 少しがっかり。 明治の初めまでは、中嶽熊野権現と呼ばれた。

※ この辺り一帯は、昔は山岳仏教の聖地として栄えた時代があったが、その後衰退した。
  昭和の終わり頃からか、復興が始まった。 

10年2月21日 (3)

戻って、別の道を登ったら、こんな岩が。 傘石。 倒れないように、つっかえ棒。

10年2月21日 (4)

ここから、本格的に山に入る。 出て来るまで、2時間以上歩いた。

10年2月21日 (5)

岩の多い山なので、こんなとこを。

10年2月21日 (6)

こうですよ。                    人の顔に見えた。 ※ このブログの最後に、人の顔がはっきり

10年2月21日 (7)  10年2月21日 (8)

こんな所を、歩いた。  鳥の声も。 2度ほど、動物の歩く音が聞こえた。

IMG_0090ccvbf.jpg

煙草神社。 ここも、今はこれだけ。 
ここもそうだが、崖の先端に、神社や祠が多い。 左手は、急な崖。 

10年2月21日 (10)

どうして、煙草神社なのかは、分からなかった。
タバコを吸っているわけでは、なかった。 手にも持っていない。

10年2月21日 (12)

右の斜面は、緩い崖。 鎖があって、こっちからも登って来れる。

10年2月21日 (11)

山の上に、小さな祠が見えた。

10年2月21日 (14)

これから向かう、材木岳の頂上。 この辺りは、石が材木のように四角っぽい。

10年2月21日 (15)

木の隙間から、少しだけ下の風景が。      帽子が、木に引っ掛かった。

10年2月21日 (13)  10年2月21日 (16)

材木岳に向かう。 この山一帯に、こう言うのが88ある。  登山者が、石を積んだ。 賽ノ河原でなくても積む。

10年2月21日 (17)  10年2月21日 (18)

分岐点。 右に行って、材木岳。

10年2月21日 (19)

煙草神社から見えた、小さなお堂。  行者堂とも呼ばれ、山伏の修行の場だった。

10年2月21日 (20)

中はこう。

10年2月21日 (21)

こんなお地蔵さん。 

10年2月21日 (22)

下からここが見えたくらいだから、見晴らしがよかった。

10年2月21日 (23)

いちき串木野市の、市街地。 
※ 市の名前は、6文字。 最長。 合併の時、両方の市(町)の名前を、くっつけた。
海は、東シナ海。  ※ 山を下りて、行くことになる。

10年2月21日 (24)

さっきいた、煙草神社が見える。 左下に、鳥居も。

10年2月21日 (26)

経塚に向かっている。 小さな山の頂上。

10年2月21日 (27)  10年2月21日 (28)

ここなんだけど、これでお終い。 ただ、歴史はある。

ここにあった説明では、鹿児島県内では、雷が鳴ったら、「キョノツカ、キョノツカ」と呪文を唱えたそうだ。
雷が落ちないように、昔はそう言った。 それは、ここの場所のこと。
※お経の巻物のような石があったので、この名前がついた。

この後、冠岳の頂上に向かう。

10年2月21日 (29)

ここが、冠岳の頂上。 西岳とも呼ぶ。 ※ 冠岳は、この辺りの山の総称。   ここです
西岳神社があある。

10年2月21日 (31)

頂上で、地元の人に会った。 正月には、たくさんの人が来て、広場の真ん中で、火を燃やすそう。

10年2月21日 (30)

真下に、徐福像が見えた。 冠岳、展望公園。

10年2月21日 (32)

冠岳の頂上から。 右の遠くに、薄っすらと桜島が見えるはずなんだが・・・。

IMG_0154zzsdf.jpg

見晴らしは、十分ではない。 木が育った。

10年2月21日 (34)

戻った。 四角い石が多い。 石段を作るのに便利。        ここに出た。

10年2月21日 (35)  10年2月21日 (36)

徐福の像のある公園に来た。      山の上にお寺があるので、向かった。

10年2月21日 (37)  10年2月21日 (38)

石段を登れるので、来ただけ。 小さなお寺があると思っていた。 

10年2月21日 (39)

石垣のある平地の木が生えてたので、古い石垣と思った。 後でわかったが、ここは新しかった。

10年2月21日 (40)

広かった。 これは、境内の一部。

10年2月21日 (41)

上の写真の女性の方が、せっかく来たから、お参りしてくださいと、石垣の上のお堂に案内してくれた。

10年2月21日 (42)<

黄不動堂。 ここでお参り。  後ろが、冠岳。

IMG_0185mmnkh.jpg

女性の方は、ここにお勤めしている方で、お寺の説明をしてくれた。
話し方の物腰が、普通の人とは、全く違った。 おだやかと言うか、やわらかというか、何かが違う。

冠岳。

10年2月21日 (44)

ここのお寺の名前は、冠嶽山鎭國寺頂峯院。
昭和の終わりから建て始めた、新しいもの。 昔あった、長い歴史のある、頂峯院の復活を目指していると感じた。

熊野薬師堂。 建物は、あと2つあった。

IMG_0188ookjn.jpg

このお寺は、100年以上は大丈夫なように作られている。
でも、昨日見た、冠嶽園や砂防公園の中国風の建物は、後30年は持たない。
あの一帯は、将来どうなるのか、少し不安だ。

戻るとき、この花に気付いた。

10年2月21日 (46)

初めて見る花。 大きさは、5㌢くらいか。 匂いがした。 いい。 顔みたいな、可愛いのがある。

IMG_0201ccxzdnnn.jpg

※ 大きくなります。(クリック)

IMG_0201ccxzdnnnppp.jpg

徐福の像が、夕陽を浴びていた。

10年2月21日 (49)

駐車場からは、桜島が見えた。 あっちが鹿児島だ。

10年2月21日 (50)

今日の大きな出来事は、お寺で説明していただいた人に、出会ったことですね。
ああいう雰囲気の人に、直接会ったことはなかったから。

山に入って、花にはめったに出会えない。 山の花は、いつ咲き出すんでしょう。
咲いたら、高い山に登ろうと思っている。


【停泊場所】   いちき串木野市の市街地。 温泉の近くの、堤防の空き地。  場所はここ

【明日の予定】  吹上浜に行きます。 日本3大砂丘とか言うので。

【今日の歌】   ロシアより愛を込めて(YouTube)  キム・ヨナのショートプログラムの曲を少しだけ。 いよいよ明後日。

          北の岬(YouTube)    時々は・・。


【ブログランキング】   3位です。
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

スポンサーサイト

コメント

タバコ神社の件ですが
写真のは冠嶽八十八ヶ所巡りの祠です
タバコ神社はその下にくだったところにあります

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/849-a662ef64

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。