キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吹上浜を2か所見ました。 鳥取砂丘とは違うけど、延々と続いていました。
特攻基地は、ここにもありました。
遺品以外の撮影ができました。 これが良かった。

それから、大変です。
いつの間にか、ランキングが、2位でした。 1位がすぐそばです、

少し前まで、クリックするバナーを、拍手のそばに置いていたのですが、やめました。
機能してないときがあるよに感じたからです。
それ以来、順位が、急に上がってきました。

旅行全体でも、9位にいます。 
おどろきます。 感謝です。 応援していただくと、うれしいし、元気いっぱいになります、よ。

※ 夜中遅くに、1位になりました。 旅行全体でも、6位です。
  こんな日が来るとは、思っていませんでした。
  ありがとうございます。
  記念に写真を撮って、一番下に載せてあります。


下は、朝までいた、いちき串木野市の市街地の、ちょっとした空き地。 海は、すぐ。

10年2月22日 (1)

川の上流。

10年2月22日 (2)

まず、日置市の吹上浜に行ってみた。     ここです
これで、砂丘と言っていいのかな。 そう思った。
日本三大砂丘というが、鳥取砂丘とは、比べることはできない。

10年2月22日 (3)

47㎞にわたって、砂丘が続いている。 それが、ここの魅力だそう。

10年2月22日 (4)

近くに、さつま湖があった。 湖だけど、先日の藺牟田池より小さい。

10年2月22日 (5)

ここは、元々は海だった。 砂丘の砂によって、こうなった。 砂丘湖と呼ぶそう。

10年2月22日 (6)  10年2月22日 (7)   10年2月22日 (8)

南さつま市にある、吹上浜海浜公園に向かった。 

万世特高平和祈念館が、近くにあった。 寄ってみた。   ここ

10年2月22日 (9)   10年2月22日 (10)

1階は、ここにあった特攻基地の説明。 写真の撮影が大丈夫。  ※ 2階は遺品が中心で、撮影はダメだった。

この飛行機は、この近くの海から引き揚げられたもの。 

IMG_0257bbvcg.jpg

零式三座水上偵察機。 

10年2月22日 (13)

こんな飛行機。

10年2月22日 (15)

三座とあるので、3人座れる。 吹上浜の海に不時着し、海に沈んだ。
乗っていた3人は、助かった。 そのうちの一人は、今でもお元気だそう。

10年2月22日 (17)

エンジン。

10年2月22日 (18)

これは、補助の燃料タンク。 軽くするため、竹を編んで作っている。

10年2月22日 (14)

これも、引き揚げられたもの。 別の場所で。

10年2月22日 (16)

誰のかは分からないが、枝を離れて、という表現がいいですね。

IMG_0298mmnkb.jpg

知覧でも見た写真。 知覧で撮影したものと思っていた。
ここでのものだった。

※ 知覧の展示は、広い範囲のものだった。 だからいいんだが、ここのだとは言ってなかった。

10年2月22日 (11)

ここ、万世飛行場から出撃した証拠は、これだった。
子犬を抱いているのは、荒木幸雄さん。 17歳。 このはがきは、父に出したもの。

差出人の住所に、加世田町とある。 それは、ここの住所。 この写真の十数時間後に、沖縄に飛んだ。 

手紙の隣の写真は、16歳の時の荒木さん。

※ 手紙の出だしは、「最后(さいご)の便り致します。」とある。
  最後の文は、「弟達及(および)隣組の皆様に宜敷(よろしく)さようなら」。

10年2月22日 (24)  10年2月22日 (25)

私は、ここの祈念館の基本姿勢が知りたかった。 それを探した。 ありました。

下の新聞記事を展示していました。

10年2月22日 (20)  10年2月22日 (21)

これを建てる時、たくさんの組織の支援を受けている。
そこの考えに配慮する必要もある。
そういう中で、こういう記事も展示している。 それがいいんですね。

そして、下の文ですね。
太平洋戦争と言っている。 知覧は、大東亜戦争と呼ぶことにこだわっていた。
下の方は、分かりづらいが、この表現で、精いっぱいなんでしょうね。

多くの犠牲があって、今の平和があるとするのは、まあいいかなとも思う。
でも、間違っても、あの戦争のおかげで今の平和があるとするのは、ダメですね。
戦争の責任が、うやむやになってしまう。

特攻を美化すると、いろいろ勘違いが起きて来る。

10年2月22日 (19)

ここにあった万世の飛行場が利用されたのは、終戦間際の4か月。 約200人が、ここから飛んで行った。

最後に、下の新聞記事を。         ※ 関連ブログ    知覧特攻平和会館    ホタル館富屋食堂 

IMG_0287gghak.jpg


この辺り一帯が、吹上浜海浜公園になっていた。 県立。  祈念館から、数分。   ここです
今も、花壇には花があった。 この花壇から、10分ほど向こうに歩いたら、海に出た。

IMG_0316bbbbn.jpg

カメラの調子がいいのかと思うほど、綺麗に写る。

10年2月22日 (27)

向こうから来た。

10年2月22日 (28)

松林の向こうは海。 砂丘。

10年2月22日 (29)

吹上浜という名前だから、強い風のときは、砂が林の方に飛ぶのか。

IMG_0325bbnmv.jpg

ここの砂浜は、きれいだった。 最初の場所とは、違った。

IMG_0326.jpg

砂が白っぽい。  とんがった山は、野間岳。 どこからでも見える。
  
10年2月22日 (32)

砂浜で、遊べる。

10年2月22日 (33)

風の跡。                       このように、林に入り込む。

10年2月22日 (34)  10年2月22日 (35)

公園内にあった池。 音楽の池という名前。  いいですね。

10年2月22日 (36)

たくさんいたら、うるさい白鳥も、これなら、白鳥の湖だ。 

10年2月22日 (37)

記念に写真に撮りました。 
1行からスタートしたブログが、みなさまの応援で、こうなりました。 感謝・感謝です。

10年2月22日 (38)


吹上浜は、ラクダを歩かせても、月の沙漠にはなりません。
でも、白砂の美しい、細長くどこまでも続く砂丘でした。        ※ 関連ブログ   鳥取砂丘

※追記  スケートのことを書くの、忘れました。
     私は、昔からキム・ヨナを応援しています。
     どのくらいの可能性で金メダルなのかが、予想付きません。

     ただ、浅田真央が最初のトリプルアクセルに成功したら、勝負は分からなくなる。
     失敗したら、ほとんどキム・ヨナの勝ちかな。
     明日の記事で、触れます。
     
     もし優勝したら、私は1年間、機嫌よく過ごせそう。


【道の駅】  きんぽう木花館(このはなかん)  ここ。  ※ このはな姫の伝説がある。聖徳太子は、この姫のひ孫。

【明日の予定】  枕崎に向かいます。 明日から数日は、テレビの入る所にいます。 山の中でなければ、大丈夫。

【今日の歌】   ロシアより愛をこめて(YouTube)   歌入りです。


【ブログランキング】   1位です。
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/850-5ec7d83e

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。