キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
枕崎に来ました。 かつおの町です。

正月に指宿にいたが、ここには来なかった。
天草にいた時、長崎に行きそうになった。
観光地ばかりを目指す旅にはしてないので、枕崎を目指すことにした。

キム・ヨナの状態については、だいたい分かった。 悪くはなさそうだ。
勝負の時が、近づいてきた。


阿久根市の温泉で出会った人が、枕崎のかつおのタタキは、他とは違うと言った。
枕崎での一番の目的は、それを食べることになった。

ここは、レストランお魚センター。    ここです

10年2月23日 (1) 

1階はお店。 手前左の店で、少し果物を買った。 セリの情報はここでいただいた。 ありがたかった。

10年2月23日 (2)  10年2月23日 (3)

ビンタ膳を食べた。 ビンタは頭の意味で、かつおの頭のあら煮があった。 もちろんタタキも。
あら煮は、食べ終わった時に量が増えた。 食べ方が下手だったので。 ブリより、身が少ない。
タタキは、身のしまった刺身のようだった。  1680円。 久しぶりのぜいたく。

10年2月23日 (4)

レストランから見た、枕崎港。

10年2月23日 (5)

市場は、左手に。

10年2月23日 (6)

港の向こう岸の壁。

10年2月23日 (7)

市場の前。

10年2月23日 (8)  10年2月23日 (9)

セリが2時半からだったので、2時頃から、船は戻って来た。
船が来たら、市場の若い人が、カゴをもって手伝いに行く。
今日は漁が少なく、このカゴで2つか3つの船が多かった。

IMG_7997mmknv.jpg

こんな顔。                      こんなので釣る。

10年2月23日 (12)  10年2月23日 (13)

1箱800㌔ほど。 買う時は、この箱単位で。 

IMG_7987bbnmv.jpg

かつおの他に、シイラも。            入札の木札。 これにチョークで書く。     買う人が集まってくる。

10年2月23日 (10)  10年2月23日 (15)  10年2月23日 (16)

あっという間に決まって行く。 責任ある者が、まかされてやってくる。 勝負の世界だ。
大きなかつお、小さなかつお、その他、と順番に行う。

一番高い値段をつけた人が、全部を買う権利がある。
もし、4箱あった時、全部と言えば全部になる。
4箱のうち2箱でよかったら、残りの2箱は、次の値段を付けた人の権利になる。
その人が、1箱しか買わなかったら、残りは次の人に。 
そんな仕組み。  今日の値段は、キロ700円くらい。

IMG_8017xxzcv.jpg

勝負の後の雰囲気。  会社にすぐ報告する人もいる。 セリの前は、右端の人とずっと話していた。

10年2月23日 (18)

競り落とした人から、その場で買うこともできる。 このように。 小さなお店や、料理屋さん。

10年2月23日 (19)

港の対岸に、漁協がある。 そっちに向かった。 散歩。

この人とお話し。 80歳。 一人で海に出る。 60年以上漁師。 いい顔だ。

10年2月23日 (20)

こんなヨットが展示。 
昭和59年、日系2世のアメリカ人の女性が、このヨットで、一人で太平洋を渡った。 77日間かかった。

10年2月23日 (21)

埋立地だろうか、広かった。           漁協の看板。

10年2月23日 (23)  10年2月23日 (22)

かつお節の行商の像。 
明治28年、台風で船が遭難した。 411名がなくなった。 残された家族は、こうやってかつお節を売った。

10年2月23日 (24)

原 耕 という人の像があった。 その説明に「アンボン」という地名があった。 
この人は、昭和の初め、ニューギニアのアンボンを拠点とした漁場を開拓した。
アンボンは、私の親父が、戦争でこの島に行っていた。     ※ 関連ブログ  アンボン(親父の想い出)

10年2月23日 (25)

こういう人に、出会った。 北海道では、会わない。

10年2月23日 (26)

写真で確認したら、女性の方だった。   風に吹かれるように、行った。

10年2月23日 (27)  10年2月23日 (28)

これから車で向かう、火之神公園の岬。

10年2月23日 (29)

車に戻ったら、遠くをさっきの人が歩いていた。 何とも言えない。 いい顔だ。

10年2月23日 (30)

火之神公園から見た、枕市の市街地。     この辺りから

IMG_8085kkmni.jpg

開聞岳。 形いい。 なつかしい。 元旦に登った。       ※ 関連ブログ  雪の開聞岳

IMG_8087kkomn.jpg

近くに、向こうの海に、戦艦大和などが沈んでいるので、それを供養する碑があった。

10年2月23日 (35)

10年2月23日 (34)

1が大和。 はるか向こうだ。

10年2月23日 (32)

逆光で、写真はむずかしい。

10年2月23日 (33)

次に向かった。 ここは、さつま白波の、薩摩酒造。     ここ
建物を明治蔵と呼んでいたので、見に行った。 よかった。    ※ さつま白波のコマーシャル

IMG_8161xxzcv.jpg

10年2月23日 (41)  10年2月23日 (36)

屋根は、こんな風。

10年2月23日 (43)

お客さんは、ここで一休み。

10年2月23日 (37)

10年2月23日 (38)

梅の花。 今日は、あたたかい。

10年2月23日 (39)

いいかんじ。

10年2月23日 (40)

外の写真を撮ってるうちに、中の見学時間が、終わってしまった。

戻って来た。 ここが、今いる所。 

10年2月23日 (44)

丘の上を散歩していたら、下をさっきの人が通った。 私のように、あっち見たり、こっち見たりしない。

10年2月23日 (45)

今日最後の写真。

10年2月23日 (46)

今日は、セリを見たのが良かったでしょうか。
港の活気を感じました。
さつま白波は、買って飲みます。

フィギュアスケートは、明日の10時から。
ここからの勝負は、いい精神状態を、どのように作るかですね。
そして、オリンピックの重圧を乗り越えたら勝てる。

キム・ヨナは、面白いことを言った。
「もしオリンピックで負けても、私は大丈夫ですよ」という内容のことを。
これは、何を意味するのでしょう。


【停泊場所】    枕崎港の駐車場。    ここ

【明日の予定】   どこかを少し、午後から見ます。


【ブログランキング】   国内旅行1位、旅行全体で5位です。
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/851-f5165f50

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。