キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐賀市の方面で、何かないかを探した。
あるのは、寺や資料館などだった。 魅力を感じる所を、見つけられなかった。

鹿島市に、ちょっと雰囲気の違う伝建地区と、土産物屋が多い神社が見つかった。
何かありそうと、向かった。 


酒蔵通りの入り口。 ここの酒蔵の匂いに、誘い込まれた。    この場所はここ
実際は、ここの駐車場を利用させてもらった。

10年3月8日 (34)

入った所は、お店。 その奥では、実際にお酒を作っている。
匂いで、焼酎でないと分かった。 ここは、日本酒。
このように、店の中が魅力的な方が、入りやすい。

10年3月8日 (9)

作っているところは、お店の方から見えた。 
昭和の写真展があったので見た。 社長のコレクションという。

10年3月8日 (8)

昭和の物が、たくさん展示してあった。  左側に、レコードが。

10年3月8日 (1)

昔は、こんなレコードだった。 懐かしい。

ジャケットをクリックすると、そのレコードに入っているのが聞けますよ。(録音が同じ)
※ 音の良くないのもある。 わたしの城下町は、完璧。

10年3月8日 (2)  10年3月8日 (3)

10年3月8日 (4)  10年3月8日 (5)

10年3月8日 (6)  10年3月8日 (7)

 ※ 竜飛岬は、このブログに

発展途上の伝建地区だった。  ※ 伝建地区~重要伝統的建造物群保存地区

10年3月8日 (10)

市役所の方がいた。 右の建物の改築(復元)について、話し合っていた。(関係する所と)←抽象的

10年3月8日 (14)

市役所の方2人と、少しだけ話した。
話を通して、基本姿勢が分かった。

① 今、白壁の家を、昔の姿に戻す取り組みをしているが、急いでいないこと。
② 利益を上げることを、最優先にしてはいないこと。
③ 伝建地区の取り組みで、何ができるかを考えていること。

③も大事なんですね。 何があるかって、例えば
・基本は、多くの人に来てもらって、この地域の経済が潤う。
 でも、これは、結果そうなればいいと考えるのが、考え方としてはいい。
・伝建地区の取り組みを通して、街づくりを考えることになる。
・伝建地区が、地域の人達の交流の場となる。
・定年になった人達の、生きがいの場を、ここに作る。

他にも、もっとありますよ。

この町の昔を大事にすることは、今を大事にすることにつながる。
子供たちにも、その考えは浸みていく

伝建地区は、子供たちの学習の場としての機能を持たすことも、可能になりますね。

酒蔵通りは、子供たちの遊びの場になってもよさそう。
車の制限速度を、20㌔にして。 ※ スピードを出せないように、道に、小さな山を作る方法もある。

近くに、祐徳稲荷神社がある。
そこに来た人たちが、ここに寄るようになったら、大成功。
今でも、来ているから、難しいことではない。 
ここは、地理的に恵まれている。

市役所の方たちの考え方もいいので、多くの人達でにぎわう日が、必ず来ますよ。
※ 大内宿関宿美々津が参考になるでしょうか。 あと、出水麓武家屋敷群

思いついたことを、少しだけ、書いてみました。

10年3月8日 (15)

案内所のような所に、ひな人形が。 ただ飾っている所は、ない。

10年3月8日 (16)

茅葺の、旧乗田家住宅。

IMG_8494bbkmkvv

10年3月8日 (19)

裕福でないと、こんな家は建たない。 普段は、ボランティアの人がいるのかな。

10年3月8日 (18)

道と平行に、浜川が流れている。

10年3月8日 (11)

水が光ってる。 これも春か。

10年3月8日 (12)

名前は、?。

10年3月8日 (13)

屋根の形に個性があり、建物ががっしりしている。

10年3月8日 (20)

10年3月8日 (21)

通りの入り口の、肥前屋さんに戻って来た。 浜の方に向かった。

10年3月8日 (22)

茅葺の家が、修復中だった。

10年3月8日 (23)

使える材料は、全部使う。

10年3月8日 (28)

下が腐って切った時も、このように付け足す。

10年3月8日 (24)

赤の柱が弱いので、黄色の柱を、横に添えた。

10年3月8日 (25)

10年3月8日 (26)

こうなんですね。

10年3月8日 (29)

10年3月8日 (30)

この家は、完成。

10年3月8日 (27)

夷(えびす)三郎の祠。 佐賀県で、最も古い物の一つだそう。 1687年に出来た。

10年3月8日 (31)

この家も、完成。                  お地蔵さん。

10年3月8日 (32)  10年3月8日 (33)

祐徳稲荷神社に向かった。 10分もかからない。 郊外は、こんな感じ。

10年3月8日 (35)

土産物屋さんの数の多いこと。 金毘羅さんもかなわない。

10年3月8日 (36)

やっと見えた。     ここです

10年3月8日 (37)

お稲荷さんだから、狐。

10年3月8日 (38)

驚きの規模だった。

10年3月8日 (39)

情報誌には、日本三大稲荷の一つとあった。 
※ 一般的に、三大稲荷は、ここと、総本社の伏見稲荷大社と豊川稲荷妙厳寺のよう。

10年3月8日 (40)

太宰府天満宮に次ぐという。 参拝者の数が。 年間、300万人。 偶然、明日例大祭。 人を撮ってきますよ。

10年3月8日 (41)

御紙楽殿。 これが、本殿かと思った。

10年3月8日 (42)

10年3月8日 (43)

ここの神社の創建は、1687年。 古い方ではない。

10年3月8日 (44)

神社や寺は、平坦な所にあるより、このように変化に富んでいる方が、歩いていて楽しい。

10年3月8日 (45)

ここが、本殿。 3代目の建物で、昭和32年に建てられた。

10年3月8日 (46)

どこを見ても、美しい。

10年3月8日 (47)

下は、こう。

10年3月8日 (49)

10年3月8日 (48)

明日の例大祭に向けての準備か。

10年3月8日 (50)

色の使い方が、何とも言えない。

10年3月8日 (51)

下りてきて気付いた。 更に上の方にも建物があった。

10年3月8日 (52)

最初に見るべきものを、最後に見た。 ここの横に、明日例大祭と書いてあった。

10年3月8日 (53)


浜宿の伝建地区は、いい形で整備されていくように思います。
明日は雨の予定。 午後から止みそう。もう一度行ってきます。

日本中には、知らないところが、いっぱいある。
このことを、また、思いました。


【道の駅】   鹿島    ここです

【巣の予定】  再度、祐徳稲荷神社。  人を撮ってきます。


【ブログランキング】   国内旅行1位、旅行全体で5位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

祐徳稲荷きれいですね。今度、佐賀方面に行った時に寄ろうと思います。
四国は大雪です、九州は大丈夫ですか?

Re: こんにちは

雪はないけど、寒いですよ。 まったく。

大きな神社ですね。
ただ、奥の院までは、整備されていない。
そういう意味で、山寺のように、全体は完成していない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/864-4ad285ec

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。