キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例大祭は、人が多く賑やかと期待していたら、そうではなかった。
本殿の奥で、祭典が静かに執り行われていた。
人の写真を撮りたかったが、少しだけ。

今日気になることは、どうして大きな神社になったのか。
また、どうして狐なの、稲荷と呼ばれるのか。


人は歩いていなかった。 神社には、それなりにいたが。

10年3月9日 (1)  10年3月9日 (2)  10年3月9日 (3)

楼門の中の像。 左側。 有田焼。

10年3月9日 (4)

清水の舞台。 ここに本殿が。

IMG_8600mmnkvvb.jpg

鬼の面だが、黒いのもあった。

10年3月9日 (5)

こんな感じで人が。 今日はみんな、お祓いをしてもらってるようだ。 受付をして。

10年3月9日 (7)

本殿の舞台から、下を。

10年3月9日 (9)

祭典は始まっていた。 受付しないと、中には入れない。

10年3月9日 (8)

女の人が舞っていたが、昨日練習していたのは、これだった。

IMG_8626zzxxccvppppp.jpg

10年3月9日 (11)

外での催し物はないことが分かって、少しがっかり。 奥の院に向かった。

10年3月9日 (12)

石壁神社(せきへきじんじゃ)
祐徳稲荷神社が、多くの人の信仰を集めている理由は、この神社にかくされていた。 こうだった。

祐徳稲荷神社は、約300年前、鹿島3代藩主に嫁いだ花山院万子姫が、京都の稲荷神社の分霊を持ってきたのが始まり。 
二人子供を授かるが、二人とも亡くす。
その姫が80歳になった宝永2年、石壁山山腹のこの場所に、崖を削ってこの神社を建てた。
完成したら、この中で、国や人々の安泰を祈願して断食の行を積んだ。
そして、そのまま入定(命を全うすること)した。 ※ 亡くなったということ。

この話が、人々の心をつかまえているようだ。
姫を慕って、やってくる。

10年3月9日 (13)

これは、命婦社(みょうぶしゃ)。 この名前は、よく目にした。

10年3月9日 (14)

説明は、こうです。

10年3月9日 (29)

稲荷神社には、白い狐が祭られている。 
どうして、稲荷神社と言えば狐なのか、こんな説明が、ネットのある所にあった。
 
稲荷神社というのは、もともと、稲の豊穣(ほうじょう)と関わりが深いそうだ。
狐はネズミを食べてくれるので、大事にされるようになった。 それが、始まりのようだ。
※ 狐の持っている雰囲気とか、他の理由もあるそうだが。

10年3月9日 (15)

いい雰囲気の所が、時々ある。 ただ、コンクリートが目立った。

IMG_8643bbvvcbn.jpg

昔の道は、危険だったため、山を削った。

10年3月9日 (17)  10年3月9日 (18)  10年3月9日 (19)

白い狐は、どこにでも。

10年3月9日 (20)

小さな神社(祠)がいっぱいあったが、全体に傷んでいた。 

10年3月9日 (21)

10年3月9日 (22)  10年3月9日 (23)

ここが、奥の院。(中央)  下から、20分ほどでしょうか。

IMG_8657mmnbkhh.jpg

なぜ稲荷神社というかですが、このようです。

京都の東山には、山が連なっているが、その一番南に、稲荷山がある。 
そこは、伏見という場所。
そこに出来た神社の名前が、伏見稲荷神社になった。

ここの石段は、管理が別なのかな。 雑然としていた。
石段が美しい所は少ない。  特別によかったのは、この3つかな。  ※ 関連ブログ   山寺   羽黒山   室生寺

有明海。 ずっと奥は、佐賀市のよう。

10年3月9日 (25)

鹿島市は、手前。

IMG_8664bbvvccx.jpg

東方面。 道の駅は、こっちに。

10年3月9日 (27)

別の下る道があった。 道が危険とあったので、行きたくなって行ってしまった。

10年3月9日 (28)

神社の風景。  お祓いは、5000円からとあった。

10年3月9日 (30)  10年3月9日 (31)  10年3月9日 (32)

お札を売っている。

10年3月9日 (33)

馬をなでたり、馬に乗せたり。

10年3月9日 (34)  10年3月9日 (35)

駐車場に戻った。 佐賀弁なのかな。

10年3月9日 (36)

道の駅 鹿島に寄った。  この棒は、ノリ網の支柱と、後で分かった。 海の向こうが見えない。

10年3月9日 (37)

魚を捕る網。 昨日、宙太さんが教えてくれた。

10年3月9日 (38)

今は干潮。 泥の海だった。 鳥は、這って歩いていた。

10年3月9日 (39)

おしまさん。

10年3月9日 (40)

こんな伝説が。

10年3月9日 (41)

となりの道の駅、太良にきた。

10年3月9日 (42)

ノリ網支柱が、近くに見えた。 豊かな海だが、青々とはしていない。

IMG_8724mmnnbbn.jpg

この海岸線を、長崎本線が通っている。 高速の、長崎自動車道は通っていない。

10年3月9日 (44)


急に寒くなってきた。 ※ 10日の朝には、雪が舞った。
また暖かくなるそうなので、少しの辛抱。

面白そうなところを見つけるのに、少し苦労しています。
今日行く、諫早市の方に、道の駅はない。 

何とか、なるでしょう。


【道の駅】     太良

【明日の予定】  諫早かな。

【今日の歌】    アコースティックギターの曲を一つ(YouTube)   曲名とか読めない。


【ブログランキング】   国内旅行1位、旅行全体で5位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/865-f2c4dd4d

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。