キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風の強い一日だった。
昨日から、軍艦島について調べていた。 野母崎から出る船があることが分かった。
波が小さくならないと、行けない。 今日は欠航。


軍艦島は、野母崎沖だった。 直線で5㌔ほど。 目の前だ。

IMG_0037vvccbbn

島の名前は、端島。 今は無人島。 その外観から、「軍艦島」と呼ばれ親しまれてきた。

IMG_0038ookkmnv.jpg

長崎方面。 陽の岬温泉のそばから撮影。

10年3月16日 (2)

300㍍ほど長崎側に歩いたら、軍艦島資料館があった。
現在の写真は、載せません。 それは、自分で撮ってくる。

昭和30年代に、最も栄えた。 私は、小学生。 石炭を掘った。 

IMG_0044ppplo.jpg

周囲1.2㌔の小さな島。 人口は、5000人を越えた。 高い人口密度。
日本最初の、鉄筋コンクリートの住宅が出来た。

10年3月16日 (4)

小中学校、神社、映画館、お店、病院、何でもあった。
これは、プール。

10年3月16日 (5)

お店もたくさんあった。

10年3月16日 (6)

生活は、貧しくはなかった。

10年3月16日 (7)

いい顔だ。

10年3月16日 (8)

ここの石炭は、八幡製鉄所に主に送られた。 隣の高島炭鉱と共に、日本の近代化を支えた。

10年3月16日 (9)

10年3月16日 (10)

最盛期には、年間41万トン。 (これが、どれだけの数字かは、調べていない)

10年3月16日 (11)

エネルギーは、石炭から石油に代わって行く。
1974年、炭鉱は、83年続いた歴史に幕を下ろす。 国策により栄えた島は、国策により、再び無人島に。

10年3月16日 (12)

昨年の4月22日に、上陸ツアーがスタートした。

10年3月16日 (13)

※ 大きくなります。

10年3月16日 (14)

情報誌には、長崎からのが載っていた。 車をどこに停めるかなどを、調べていた。
ところが、資料館を出たら、これがあった。 晩に、電話で予約する。

10年3月16日 (15)

権現山展望公園に行った。 そこにあった地図。  上の資料館は、物産センターと併設。 そこの駐車場に、私は今いる。
この地図で、樺島のオオウナギのことを思い出した。 池田湖のブログを書くときに調べていた。 井戸にウナギがいる。

10年3月16日 (16)

向こうからこっちに、長崎半島は伸びている。

10年3月16日 (17)

長崎方面。

10年3月16日 (18)

軍艦島。 少し高い位置から。

10年3月16日 (19)

長崎の市街地。 女神大橋が見える。

10年3月16日 (20)

桜が咲き始めていた。 花が白い。 近くのソメイヨシノは、今にも咲きそうだが、つぼみ。

10年3月16日 (21)

頂上の展望台。

10年3月16日 (22)

小さな神社があった。

10年3月16日 (23)

山を下る途中。 向こうの、樺島に行く。

10年3月16日 (24)

赤い橋を渡って。

10年3月16日 (25)

ウナギのいる井戸の近くの駐車場に車を停めた。 桜が咲いていた。 ソメイヨシノと思う。 白いのも咲いてる。

IMG_0115xxzzcvb.jpg

ここから、すぐ近く。

10年3月16日 (27)

向こうから、来た。 左に井戸が。

10年3月16日 (33)

この井戸にいるという。
どうやって井戸に住みついたと思います? 這ってきたのではない。 調べても、すぐには分からなかった。

IMG_0122mmbmkoo.jpg

中は見えない。 世話している人がいて、頼めば反射板で明るくしてくれるという。 頼まなかったが。
※ この時、リュックをしょっていなかった。 リュックには、懐中電灯が入っていた。
筒の中に隠れていたら見えないから、無理に見ようとは思わなかった。 最後は、そうなった。

10年3月16日 (31)

上の井戸は、地下水脈で、川とつながっていた。 稚魚なら通れる。 それが、ここに住みついて大きくなった。
ただ、今は、道路工事などで、地下水脈が塞がった。

今のウナギは8代目で、7代目までは、自分でここにやってきた。 今の8代目は、井戸に放した。

いつもは見られないから、水槽に2匹飼っていた。 この島で捕まえたもの。

10年3月16日 (32)

説明は、ここに。

10年3月16日 (29)  10年3月16日 (30)

井戸の中のウナギ、うな太楼という名前。 詳しくはここに。 写真もある。 樺島小学校のホームページ

樺島灯台に行ってみた。 山の上だった。

10年3月16日 (35)

さっきまでいた、権現山。

10年3月16日 (34)

小さな灯台の資料館があった。 こんな色紙が。   リュウゼツラン(Wikipedia)
この色紙を読んで、周りは断崖なんだと思っていた。

10年3月16日 (36)

小さな公園を散歩していたら、断崖のロープの手前に花があった。 造花の花束が、土に埋めてあった。
ここで、何かがあったと思った。 悲しみを束ねた花束かもしれない。

10年3月16日 (37)

白い桜も、満開。

10年3月16日 (38)

山の斜面のあちこちに、お年寄りが畑を作っていた。 人もいた。 楽しそう。

10年3月16日 (39)

樺島の漁港。

10年3月16日 (40)

橋を渡った。 この辺り一帯が、野母崎。 
カラスミの産地だった。 長崎でも、ここが有名だそう。 
Wikipediaにこうあった。

中国からの伝来当時よりサワラの卵で作られていたが、延宝三年(1675年)、高野勇助が長崎県・野母崎方面でよく捕れるボラの卵で製造することを案出した。

10年3月16日 (41)

野母崎に何があるか分からないでやってきた。 何もない所なんてなかった。
情報誌に載っていない情報が、たくさんあった。

明日、軍艦島の行けることを願っている。

※ 追記 17日朝は無風。 空のどこにも雲はない。 昨日は、風で車が揺れたのに。(7時45分)



【停泊場所】     軍艦島資料館駐車場。

【明日の予定】    軍艦島に。


【ブログランキング】   国内旅行1位、旅行全体で5位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

軍艦島

いよいよ軍艦島ですか? 楽しみです。軍艦島内の写真をいっぱいお願いします。

Re: 軍艦島

通り過ぎることが出来なかった。
だから、行くわけです。



軍艦島

軍艦島こんなによく見えるんですね。
写真楽しみにしてます。

Re: 軍艦島

ここにあるとは知りませんでした。
私は、場所を確認しないことが多い。
オオウナギの井戸もそうだった。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/872-d291bdd5

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。