キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知らない町を歩いてみた。 歩いてみて、何もないということはない。
この小さな島には、昔、高島炭鉱があった。

ある人のお母さんが、高島にいたことがあるという。
それで、今日も、写真は少し多め。


長崎フェリーターミナルから乗った。 写真の左奥の船。

10年3月18日 (1)  

11時50分、出港。

10年3月18日 (2)  

豪華客船。 ちゃんと働かなくても、お金のある人はある。 世の中の仕組みに・・・。 

10年3月18日 (3)

女神橋。 高さ、65㍍。  長崎港の入り口。

10年3月18日 (4)

高速船。 揺れる。 船は、満席。

10年3月18日 (5)

伊王島に寄って、客を降ろす。 

10年3月18日 (6)

ほとんど降りた。 団体客だった。                                  伊王島を出た。

10年3月18日 (7)  10年3月18日 (8)  10年3月18日 (9)

伊王島を出たら、船は揺れた。 船の中で立つのは、やっとだった。

ここが、高島。  発音して、濁りのない響きがいい。  ここです

10年3月18日 (11)

右の方。 市街地になっている。 この後行く。

10年3月18日 (12)

長崎市高島町。 昔は、単独で高島町。 軍艦島は、高島町。 

IMG_0699ggbbccn.jpg

向こうから来た。                  港の、左の方。                切符売り場の、水槽。

10年3月18日 (13)  10年3月18日 (14)  10年3月18日 (15)

島の南北の長さは、3㌔ない。 面積は、1.34平方㌔。
1185年、 平家の落武者が高島にたどり着き、住みついたといわれる。

北に向かって、歩いている。 石炭資料館が見えた。

10年3月18日 (16)

港の公園に、岩崎彌太郎の像があった。 三菱の創業者。 石炭を掘った。

10年3月18日 (17)

資料館の外に、軍艦島の模型が。  

10年3月18日 (18)

高島は、ここ。

10年3月18日 (19)

昔の小学校。 昭和41年ころ。(東京オリンピックの2年後)  ここは今、海水浴場。 伊王島が見える。

10年3月18日 (20)

立抗が見える。 昭和44年頃。                     港。 昭和35年。

10年3月18日 (21)  10年3月18日 (22)  

右端に、高島が。  石炭の坑道は、こんなに広く伸びている。

10年3月18日 (23)

グラバー別邸跡があるので、そっちに行く。 北に。

10年3月18日 (24)

山に登る道を選んだ。              木の根は、こう。

10年3月18日 (25)  10年3月18日 (26)

港が見えた。

10年3月18日 (27)

花も、増えてきた。

10年3月18日 (28)

10年3月18日 (29)

この下辺りに、海水浴場や、釣り公園があるのかな。

10年3月18日 (30)

別の場所。 港全体。

10年3月18日 (31)

道を人に聞いた。  細い道が、網目のようにある。

10年3月18日 (32)

10年3月18日 (33)  10年3月18日 (34)

この写真に、変わった所がある。

10年3月18日 (36)

ここ。                  こういう名前。 オランダ式とある。

10年3月18日 (37)  10年3月18日 (38)

小さな港が見えた。

10年3月18日 (35)

バス通りに出た。 バス停がある。 バスは、1回乗ったら、100円。 小さい。

10年3月18日 (39)

10年3月18日 (40)  10年3月18日 (41)

港の北にある、小さな山の上が、グラバー別邸跡。 グラバーは経済人。 ここの石炭掘りに関わっている。

10年3月18日 (42)

グラバーの像があった。

10年3月18日 (44)  10年3月18日 (45)

いい風景だ。 左は、伊王島。 右は、香焼町。

※ 香焼町は、合併する前の香焼町時代、子供達の学校でかかる費用を、全て無料にした町ではなかったかな。
  (このことについては、跡で確認)

10年3月18日 (46)

西の方。

10年3月18日 (47)

グラバー別邸跡から見た、下の風景。 向こうの山を越えてきた。

IMG_0771nnbmvhh.jpg

道を戻って、バス停に。 そばに、これがあった。
明治初期の、近代化された、立て抗。 もちろん、石炭を掘るための。
名前は、北渓井(きたけいせいこう)。
1869年に出来た。 蒸気機関の力で動いた。 深さ43㍍。 毎日300トンの石炭を掘り出した。

世界遺産を目指すリストに、軍艦島とともに、入っている。

IMG_0772nnbbvcx.jpg

明治初期のころ。

10年3月18日 (50)

新緑。 これからという時が、一番いい。

10年3月18日 (51)

10年3月18日 (52)

西への山を越えたら、軍艦島が見えるはず。

10年3月18日 (53)

この辺りに、昔、陣屋があった。            桜は、咲き始めていた。

10年3月18日 (54)  10年3月18日 (55)

これは、伊王島かな。

10年3月18日 (56)

ツツジと思う。 咲き始めた。

10年3月18日 (57)

道が分かれたので、下に行った。 (地図は、持っていない)

10年3月18日 (59)

見えてきた。 右が、軍艦島。

10年3月18日 (60)

海沿いの道を、下った。

10年3月18日 (61)

あの風車は、どこからでも見える。

10年3月18日 (62)

今日の波なら、野母崎港からは行けない。 上陸が無理。

IMG_0804mmnbvbn.jpg

上陸した地点の、反対側。 海に浮かぶ要塞のようだ。 
もう少し建物が高く、緑に囲まれていたら、天空の城「ラピュタ」にも似て来る。

IMG_0802mmnbvc.jpg

スタート地点まで、あと少し。 サボテンが、雑草のように生えていた。

10年3月18日 (65)  10年3月18日 (66)

港の公園。  高島節の石碑。

10年3月18日 (67)

10年3月18日 (68)

あっちが、高島の小さな中心街。 スーパーもある。 石炭博物館を見た。 

IMG_0817xxzcvbn.jpg

4時半頃、乗る船がやってきた。        4時35分、長崎に向けて港をでた。

10年3月18日 (71)  10年3月18日 (72)

あの山の向こうに行ってきた。

10年3月18日 (73)

長崎港。

10年3月18日 (74)

赤い橋のこっちにある、広い駐車場に車を置いている。

10年3月18日 (75)

ある人のお母さんが、このブログを見ることがあるかもしれない。
それで、色んな風景を、載せました。
喜んでもらえたら、うれしいです。

※ このブログを読んでいる人の中で、懐かしい土地があれば、コメントでお知らせください。
  近くを通った時、寄って、取材しますよ。


【停泊場所】    諫早干拓堤防の近く。 駐車場。   この辺り

【明日の予定】   神代町を歩く。 平成18年度都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」を受賞しているので。

【今日の歌】    君をのせて(YouTube)


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で5位です。
                   (週間IN 310 週間AUT 200 月間IN 940)
             ※ 週間INは、この1週間のポイント。 1回のクリックで、10ポイント。
               週間OUTは、この1週間で、ランキングから私のブログを見た人のポイント。 1回見たら、10ポイント。
               月間INは、今月のクリックしたポイントの合計。 940は、3月1日から今までの、ポイント。 
            クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

高島町

高島町には、昔グラバーさんの別邸があったんですね。
知りませんでした。昔は眺めがよかったのですかね?

Re: 高島町

別邸のあった所は高台なので、眺めはいいですね。
特に、長崎訪問の。
この町は、観光地として発展できないか、探っている所です。
魚釣り、炭鉱の歴史、海水浴、風景などでしょうか。

軍艦島との関わりで、何か作れたらいい。

昔の石炭の坑道を使って、軍艦島に行けるようになったら、すばらしい。



初めまして私は高島に子供の頃から現在まで住んでいます。 
昔の高島は風車の当たりには廃工場がたくさんありどろどろとした汚い地面しかあの当たりにはありませんでした。海水浴場も釣り公園も昔は旧校舎が沢山建ってるだけでした。しかし今よりも昔の方が私は好きです。小さい頃友達と遊んだり親と釣りに行く時に通ったりとたくさん思い出があったからでしょうか

高島の良さがずっと住んでるのにまたより一層分かりました。是非また高島に来てくださいね。

Re: タイトルなし

高島という、名前の響きがまず好きでしたね。

小さな島でしたが、平面でなく、立体的な感じで、生活しているように感じました。
島は、経済が成り立って、それなりに豊かに生活できることが大事でしょうか。
また、高島はいい所だねって言われて、人が訪れてくれるのは、島の人にとっては嬉しいことですね。

長崎に、私が近付いたら、コメントください。
もう一度高島に行きます。
その時は、島に住む人から見て、いいと思う所を案内してください。
楽しみにしています。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/874-903e7ccc

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。