キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杵築(きつき)の街は、坂道の美しい城下町だった。

天気が良ければ、別府の山の中に入る予定だった。
40分ほど歩けば、露天風呂がある。 秘湯だ。

夜雨が降り、歩きにくいことを考え、迷っていた。
その時、ekさんからのコメントを見た。 こうだ。

「国東半島方面でしたら杵築をお勧めします。古い町並みと坂道がいい感じです。」

決まった。 行くことにした。
このことは、情報誌には載っていない。 ありがたい、コメントだった。
途中、日出(ひじ)町に寄ることにした。 城跡がある。 町を歩いてもいい。


城跡に着いたら、この建物が。 新しい観光案内所。 もう少しで完成。    場所はここ

10年4月9日 (1)

10年4月9日 (3)  10年4月9日 (4)

日出町は、竹田市で知った。 瀧廉太郎の父は、ここ日出藩の出身だった。

左は城跡で、暘谷城阯。 小学校が建っていた。
この町も、昔の家並みなどを残す取り組みをしている。

10年4月9日 (2)

日出藩の藩校。 到道館。

10年4月9日 (5)

保存に向けての改修は、これから。
カレイがぶら下がっていた。 客は、これをたたく。
ここは、城下かれいの、捕れる所だった。 ここに来て知った。

10年4月9日 (7)

藩校の畑に、この花が咲いていた。 アヤメのような花は、今年初めて。 撮影の方向が難しい。

10年4月9日 (6)

学校の周りは、石垣。 この道を下りて、海に。

10年4月9日 (8)

この狭い所で、城下かれいが捕れる。 上に、暘谷(ようこく)城趾がある。  だから、城下。
真水が湧いているそう。  散歩してる人に、教えてもらった。

10年4月9日 (9)

古い家並みの通り。 この通りの右に、瀧廉太郎の先祖の家の跡があった。

10年4月9日 (10)

こて絵(鏝絵)というものが、あるという。 それを探した。
左官職人が、壁に土を塗るこて(鏝)でつくった、下のような飾りだった。 レリーフかな。  こて絵(Wikipedia)

10年4月9日 (11)

10年4月9日 (12)  10年4月9日 (13)

こんなのも。 すぐに見つからない。

10年4月9日 (14)

このおばあちゃんが、案内してくれた。

10年4月9日 (15)  10年4月9日 (16)

新しい家にはない。

10年4月9日 (17)

この花の季節がやってきてる。

10年4月9日 (18)

この後、車に戻る。 ここの街のように、昔を大事にする町づくりが、多くなっている。

杵築城に向かった。 車は、城の駐車場に。   ここです。

石塔があった。 他からここに持ってきた。 国東半島は、こういうものが多い。

10年4月9日 (19)

復元された城。 中は、資料館。 
戦争で活躍した人の資料が多かった。 少し気になる。 歴史資料館でいいと思うのだが。

10年4月9日 (20)

地獄の絵があった。

10年4月9日 (21)

城の上から。 この写真の右の部分を、この後歩く。

10年4月9日 (22)

黄色の所を歩く。 時計回り。

10年4月9日 (23)

ここの街のキャッチフレーズは、坂道の城下町。
寺の石段と、どこか違う。 柔らかいというか、歩いて楽しそうと言うか。 勘定場の坂。

10年4月9日 (24)

庭に花が。

10年4月9日 (25)

伝建地区ではないが、昔の建物が、たくさん残っている。 並みの伝建地区は、この街にかなわない。
                        ※ 伝建地区・・・重要伝統的建造物群保存地区

10年4月9日 (26)

石垣が中心ではない。

10年4月9日 (27)

武家屋敷が多い。 近くに学校があるため、子供たちとすれ違う。

10年4月9日 (28)

城に近いため、門構えも立派。 200円で、中を見ることができる。

10年4月9日 (29)

高台の上。 道が広い。 車が少ないので、子供たちが遊んでいる。

10年4月9日 (30)

地図の上に向かった。 手前の坂が、酢屋の坂。 向こうが、志保屋の坂。

10年4月9日 (31)

何がいいんだろう。 変化があるのが、いいのかな。 とにかく、いい。

10年4月9日 (32)

下に下りたら、太い道。 町並みはこう。 杵築の街は、古くから取り組んでいますね。

10年4月9日 (33)

この花を見ながら、そばにいた男の子に、きれいだねって、私は言った。
その子は、向こうにもあるね、って言った。

10年4月9日 (34)

反対側に上って、下を見た。 こっちはこっちで、またいい。

10年4月9日 (37)

坂道には、人が似合う。

高学年の女の子が、通り過ぎた。 私に挨拶して。
その子が、下りて行くのを待った。 歩き方がいい。 絵になると思った。

写真の中でのこの子の存在は、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の絵の、真珠と同じ。 その絵はここ。 

10年4月9日 (35)

上の子は、道を渡ろうとしたら、車が停まってくれた。 運転手に礼をした。
渡り終わった時も、ていねいに。 この時と歩く時の雰囲気は、同じだった。

この人は、大人だけど、歩き方が良くなかった。 肉眼では、分からなかった。
20枚ほど撮ったが、ほとんど使えない。 これもやっと。 ただ、傘をさしてるのは、いい。

10年4月9日 (36)

さっきの子は、途中で曲がってしまった。残念。  お坊さんが歩いていても、似合うかな。           
坂道の上の人たちは、申し訳ないが、いない方がいいかな。 向こうから、一人か二人、歩いて来るのはどうだろう。

10年4月9日 (38)

ここの坂は、この町の顔になる。
1年に1回、たくさん写真を撮って、現地にも行って、景観に問題はないか、更によくできないか、反省会を持つ。
電信柱は、もちろん、地中に。(もう、そうしたかな)
景観に関わる住宅には、それなりの補助金をだして、協力をお願いする。
そうして、この景観を更によくしていく。 磨きをかける。
決まりが必要な場合は、条例で決める。 景観条例。

ここの風景は、それだけの価値がある。 そう思った。

いいですね。 塀に変化がある。

10年4月9日 (39)

太い幹から、細い枝が。

10年4月9日 (40)

杵築の街は、どこもこんな感じ。

10年4月9日 (41)

古くないと思うが、いい。

10年4月9日 (42)

坂を下っていると、市役所が見えた。 ここは、裏口かな。

10年4月9日 (43)

こんな道を下って。 ここは、普通の場所。

10年4月9日 (44)

さつき衆楽館。 演芸場がある。 今日は、やってない。

10年4月9日 (45)

戻る途中、井戸が。 この町のこの通りには、昔から、井戸はここしかなかったと。
ここで、みんな喉を潤した。

10年4月9日 (46)


日出町はこれからです。 どんな町になって行くか、楽しみです。
城跡に学校を建てた場合、どうすればいいか、その見本を示してほしいかな。

杵築市の取り組みは、観光のためだけでなない。 そこがいいと思う。
調べたら、この町の基本姿勢は、古いものを大事にし、新しいものを積極的に取り入れることだった。

情報誌になくて、これだけの物には、久しぶりに出会った。(ekさんに感謝)
由布院・黒崎・杵築のある国東半島は、一つのルートですね。


【道の駅】      くにさき

【明日の予定】   この近く。 道の駅で情報を。

【今日の歌】      ショスタコービッチのセカンドワルツ(YouTube)    映像がきれい。

               CALENDAR(YouTube)    庄司眞理子の声が好き。

                 Hasta Siempre(YouTube)   ナタリーと言う人が歌っている。


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で3位です。 3位が3日続いている。 
                        (週間IN 310  今日IN50  月間IN 510)  
            クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

スポンサーサイト

コメント

的山荘

日出町には、的山荘という、金山王・成清博愛(なりきよひろえ)の大別邸があります。今年あたり、日出町が買い上げたのではないでしょうか。城下カレイ料理の名物料亭です。

杵築

12年前、10日間かけて九州一周旅行をしました。
この時、特に印象に残った町並みが杵築と平戸でした。酢屋の坂辺りの風景はちょっと他にはないでしょうね。大分にはこういうノスタルジックな感じの場所がたくさんあるようです。(二階堂というむぎ焼酎のCM見たことありますか?)
コメントが間に合って本当によかったです。

杵築は 昨年 ひいなめぐりで回りました・・・
どうですか 大分は?

Re: 的山荘

情報を集める時間が限られてるので、分からなかった。
もし分かっても、贅沢は出来ないかな。 敵だって言って。



Re: 杵築

そのコマーシャルは、杵築の坂道と言うことですか。
いい所でしたね。



Re: タイトルなし

ひいなって、何ですか。
大分県は、見所が多いです。
今度お会いしたら、少しでいいから、乗せてくださいね。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/896-6aba97cc

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。