FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

今日は、今いる赤根地区を散策してみた。
国東半島の、中央部の少し北。 それが、だいたいの位置。

車でちょっと動けば、寺か神社か、歴史的な遺産が、すぐに見つかる。
そういう物の密度が、高い所だった。

雨は、夕方になって、やっと止んだ。 
明日から、天気は回復する。 しばらくの間、雨は降らない。 うれしい。
どこかを歩きたい。 修験者のように。(道が分からない)


尻付岩屋は、岩の凹んだ所にあった。

10年4月12日 (1)

修験の場だった。  ※ 近くに、尻付山があるので、尻付は地名か。

IMG_6331bbhgyyt.jpg

顔も何も分からない、木造が安置されていた。 
具体的に、ここでどんな修行をしたのか。 お経だけ唱えているのなら、厳しいとは言えない。 

10年4月12日 (4)

ここは、霊場とある。 
霊場とは、人間の魂が集まるとされる場のことだそう。
でも、魂が集まるって、どういうことなんだろう。 難しい。 

人間死んでも、魂(霊魂)だけは、そこら辺を、彷徨(さまよ)っているというのかな。
霊場には、それが集まっているという、考えか。

10年4月12日 (2)

千燈石仏が、この小屋の中に。

10年4月12日 (5)

これが、千燈石仏。  この近くに、昔から千燈寺(せんとうじ)があったので、千燈石仏かな。

IMG_6341mmnjhkk.jpg

800年前の、鎌倉時代のもの。  阿弥陀如来の来迎の様子だという。
つまり、死んだ人を、阿弥陀様が迎えに来た。 極楽に連れて行ってくれる。

10年4月12日 (7)

旧千燈寺跡に向かった。 この写真の正面を右に行くのだが、工事で行けないので、左に行った。
何かあるかと思って、山に上って行った。

10年4月12日 (8)

山の中で、外人さんに会った。 雨の中、文殊仙寺まで、山道を歩く。 たいへん。
後、2時間くらいで、着くそうだ。
これが、この人達の、日本での観光か、と思った。 考えさせられる。 

IMG_6352bbhgnnm.jpg

石仏が、このようにあった。 古いものではない。

10年4月12日 (10)

どれも、こんな風に、微笑んでる感じ。 真ん中のだけ、普通の表情に見えたので、撮らなかった。

10年4月12日 (11)

案内板で、近くに五輪塔群があることが分かった。 坂を下りて行ったら、見えてきた。

10年4月12日 (12)

五輪塔群。 999あると、言われている。
昔、この場所の下の方に、千燈寺があった。 巨大な寺だった。  ※ 今は、旧千燈寺跡と呼んでる。
西の高野山と言われたが、キリシタン大名の大友宗麟に焼かれた。 ※ 大友宗麟は、たくさん焼いた。

IMG_6367xxdsaaz.jpg

どうして、999体か。 こういう話。
鬼が人間になりたいと言った。 寺の和尚は、五輪塔を明日の朝までに1000体作ったら、人間にすると言った。
鬼が999作った時に、和尚はニワトリを鳴かせた。 鬼は、朝になったと思って、泣く泣く山に帰った。

これと同じ話は、去年の12月、大野市で磨崖仏を見た時に、知った。 よくある話なのか。

10年4月12日 (15)

仁聞の墓地だという。 生きたまま墓に入って、死んでいった。 つまり、入定(にゅうじょう)した。
※ 国東半島の多くの寺の開基は、仁聞と伝わっている。   仁聞(Wikipedia)

10年4月12日 (13)


仁聞を供養した、石塔(五輪塔)。 国東半島では、ここの石塔を、国東塔と呼んでいる。

10年4月12日 (16)

山の中に来た時、石像の写真を撮った。 この石像だけ、撮らなかった。
五輪塔群から戻ってきて、車に乗ろうとしたら、窓の向こうに見えた。
今まで泣いていたように、見えた。 ごめん、ごめんって言って、撮った。

IMG_6372mmkoiiu.jpg

千灯岳が見えた。

10年4月12日 (18)

今の千燈寺。 中には入らなかった。 ※ 国の重要文化財級の物はなかったので。 写真も撮れないし。

10年4月12日 (19)

小さなお堂に、石像がいっぱい。 木でなく、すべて石。

10年4月12日 (20)

こんなのに、目が行ってしまう。

10年4月12日 (22)

小さいけど、表情がある。

10年4月12日 (21)

今日の山は、ずっとこう。 雨か何かに、煙っていた。

IMG_6397bbhgffd.jpg

赤根地区の神社。 赤根社。 大きな木は、イチイガシ。 大事な木なので、説明があった。
                                     ※ 関連ブログ  日本一のイチイガシの木

10年4月12日 (24)

拝殿。 何がってものでは、ないが。

10年4月12日 (25)

本殿は、家の中にあった。 中尊寺の金色堂の「さや堂」のようだ。  ※ 金色堂。

10年4月12日 (26)

隣に、廃屋が。 人はいなくなっても、春になると、花を咲かせる。 人がいたことを、教えてくれる。

10年4月12日 (27)

こんな道が。 歩くしかない。

IMG_6428nnbhkk.jpg

IMG_6428ookkiij.jpg

良く見る草。 こんな花だった。 悪くない。

10年4月12日 (30)

レンゲの花。 いつも見ているので。

IMG_6433bbhhgty.jpg

草に隠れて、気づかなかった。 小さな石橋。 かわいい。

10年4月12日 (32)

この橋は、旧道に架かっている。 つまり、山頭火も、この橋を渡った。  

IMG_6453ooiikkj.jpg


今日は、ずっと傘をさしていた。 レンズに雨粒は付くし、たいへん。
それでも、歩くのはいい。

仏教が、昔この地に栄えた。 その仏教って何なのかなって思う。
人の生き方を示してくれたのか。 信じることによって、心安らかに生活できたのか。
何かがあるから、仏の里とまで言われるまでに、なったのかな。


【停泊場所】     昨日と同じ。

【明日の予定】    海に向かうか、山に入るか。 食糧が少ない。  

【今日の歌】     Hungry Spider (YouTube)  槇原敬之です。 この歌好きですよ。
             ハンガリー舞曲第5番(YouTube)  ギターです。
            山頭火がこの地に来たのは、昭和4年。 この歌に、昭和4年が出てくる。
            赤色エレジー(YouTube)    あがた森魚。


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で5位です。  
                        (週間IN 300  今日IN70  月間IN 640)
※ 今日のINは70です。 大きな数です。 1回のクリックは、10です。
             ※ 週間INは、朝、1週間前の日のが減る。 今日は、そこからスタート。
               今日のように、最後に300に届くと、うれしいなって思います。
 
            クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト



コメント

始めまして。

五輪塔群を検索していて 辿り着きました。
1週間前、国東に行ってきました。3日目に不動山~千灯岳を縦走周回しました。その時、旧千灯寺跡や五輪塔群を見て回り、歴史の重みを感じました。
次回は山ではなくゆっくり寺を回りたいと思いました。

Re: タイトルなし

国東半島には、たくさん残っていますね。
不思議な世界に入り込んだ気分になりました。
いつかまた行きたいです。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/899-a80d8628

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。