キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大分県に、そして、国東半島に何日いたでしょう。
魅力的な所が見つかるし、人との出会いがあって、今までいてしまった。
今日は、大分県最後です。    ※ その予定。

※ 今日は、うれしいことがありましたよ。
  ずっと前の記事、ムツばあちゃんの記事、そこにコメントが入ってきました。


~~八幡という神社は、よく聞く。 全国に、4万社以上あるという。 
その中心が、ここ。 宇佐八幡。     場所はここ

本殿は、石段を登る。 少し、遠い。

10年4月19日 (1)

創建は、奈良時代。 古い。

道の広さだけで、規模の大きさを感じる。

10年4月19日 (2)

主祭神は、応神天皇とか、古い時代の天皇。 天皇家と関わりの深い神社だ。

池があって、ツツジが咲き誇っていた。

10年4月19日 (3)

国東半島の仏教文化の原点も、ここ。 昨日いた田染荘は、宇佐神宮の荘園だった。

藤が咲き始めていた。 つぼみが、下にぶら下がっているが、1㍍くらいの長さになる。
管理している人が、教えてくれた。

10年4月19日 (4)

花の世話して、綺麗に咲いてくれたら、嬉しいですねとか話しているうちに、管理人と親しくなった。
この神社の歴史についても、教えてくれた。

燃えるように咲いている。 何があって、こんなに赤くなるのか。

10年4月19日 (5)

管理人さんは、お昼休みだったのか、ある所に連れて行ってくれた。

10年4月19日 (6)

ずっと昔は、神社の参道をはさんで、右側には、弥勒寺があったという。
伽藍(建物)の配置は、奈良の薬師寺と同じで、金堂・講堂・東塔・西塔があった。
宇佐神宮は、その寺を守るためにあった。
再建の予定はないのかい、と聞いたら、莫大なお金がかかると言った。

ここが、その跡。 柱をのせる大きな石が並んでいた。

10年4月19日 (9)

この参道を通って行くと、上の写真の所に着く。 狛犬(こまいぬ)が見える。
珍しいと、教えてくれた。

10年4月19日 (24)

これは、うずくまっている。 普通か。

10年4月19日 (7)

これが面白い。 逆立ちだ。 初めて見る。 

10年4月19日 (8)

寺はなくなったが、狛犬だけが残っていた。 先日行った、旧千燈寺跡の仁王さんと同じだ。
守る物は何もないが、昔と同じ姿でいる。

本堂に向かう。 少しの石段。

10年4月19日 (10)

小雨が降り続いている。
日差しが強いより、写真は撮りやすい。 適当に撮っても、緑は綺麗になる。

10年4月19日 (11)

上から撮影。 人が小さく見える。 

10年4月19日 (12)

見えてきた。

10年4月19日 (13)

左の建物が、本殿。

10年4月19日 (14)

本殿の真ん中。 本殿は国宝だが、その根拠が分からない。 
※ 調べたら、1500年代の建物だった。 八幡社の中心だからだな。

10年4月19日 (15)

左の方。 ここも本殿。

10年4月19日 (16)

お札や、お土産が売っている。

10年4月19日 (17)

祈祷殿とあった。 ここで、お祓いをやってくれるのかな。

10年4月19日 (18)

別の角度から、本殿。

10年4月19日 (19)

戻る途中。 右は、来た道。 左は、下社。

10年4月19日 (20)

ここが、下社。 ここでも、お参りした方がいいとあった。
私の目的は、写真だったから、お参りは全くしていない。

10年4月19日 (21)

途中に、いつだか問題を起こした、田母○とか言う人間の講演の案内が、境内に貼ってあった。
主催は神社ではないが、神社には、ああいう人間を大事にする体質があるように思うかな。

10年4月19日 (22)

横道に入った。 屋根の付いている橋があった。 呉橋(くれはし)とあった。 皇族が通る。

10年4月19日 (23)

この後、車に戻る。 この駐車場に来た時、看板を見た。 
鬼のミイラのある寺が、あった。 

本当かどうかなんて、どうでもいい。
一目偽物と分かっても、そこの住職が、間違いなく鬼のミイラと主張してくれたら、それ以上に楽しいことはない。
実は、宇佐神宮より、こっちが楽しみになっていた。

10分ほどで、ここに着いた。 大乗院というお寺。  場所は、ここ

10年4月19日 (27)

石段の下に、説明があった。

10年4月19日 (28)

昭和の初めに、この寺に来たと。 詳しくは下に。 

IMG_7734ggffdsd

民家のようなお寺。 誰もいない。 自由に見ていいとある。 ※ 100円を入れる箱があった。

10年4月19日 (26)

写真の撮影はダメとあった。 それでも、写真は、ネットに大量に出回っていた。 
案内のパンフレットとかにも、載ってるそうだ。
下の写真は、ネットにあったのを、トリミングして、見やすく加工した。

実際のには、花が飾ってあった。

これが、鬼のミイラと言ってる物。

10年4月19日 (29)

調べたら、鑑定は受けていない。 当然でしょうね。 
鑑定を受けて、偽物と言われたら、お終いですから。

何で出来ているかですが、基本は、木ですね。 ※ 歯や口周りは、木とすぐに分かった。
それに、動物の何かをくっつけた。

足と手の指に特徴がある。 鳥の爪のようで、太い指。 3本。
持主は、何かを知っていますね。
下からのぞいたら、何が見えるとか。 鬼でないということは、知っている。
だから、鑑定は受けない。

ただ、金儲けをしてないので、文句は、あまりないかな。

階段は、ここから下りる。

10年4月19日 (25) 

宇佐神宮は、歴史を感じる所だった。
ただ、建物自体に、圧倒される美しさは、感じなかったでしょうか。

最近見たので、建物で良かったのは、祐徳稲荷神社かな。  このブログの、後半に
※ 清水寺、室生寺、羽黒山、山寺、金刀比羅宮、中尊寺、日光などは、勿論いい。


【道の駅】       しんよしとみ        福岡県に入ったのかな。  ここです

【明日の予定】    雨が止まなかったら、どうしよう。  今、中津のそばにいる。 福沢諭吉の町。

【今日の歌】     春雷(YouTube)


【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で6位です。
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

宇佐神宮

宇佐神宮は12年前の正月に行きました。広い参道と大きな本殿が思い出されます。
新緑の時期もいいですね。

神社スキー

>私の目的は、写真だったから、お参りは全くしていない。

いつも不思議に思っているのですが、神社の何を写そうと思っているのですか?
ただ建物などのカタチだけでしょうか?

Re: 宇佐神宮

歴史を感じる古い所でしたね。
九州には多い。 こういう所がいっぱい。

Re: 神社スキー

神社の持っている、雰囲気かな。
歴史は、調べてから行きますけどね。

お寺も、山も、花も、「美」というか、そんなのを撮るのが面白い。

宇佐神宮は、ポスターを見ていたから、お参りする気持ちは、なくなっていた。
そういうことかな。






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/906-43183971

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。