FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

船に乗ったが、風が強く、島を1周できなかった。
それで、島の、見晴らしのいい所を歩いた。
昨日見た海岸も、青海島も、北長門海岸国定公園の一部だった。

※ 昨日のブログで書き忘れたことがあるので、少しだけ。

金子みすゞは、26歳で死んだが、その理由について。
みすゞは、当時結婚しており、3歳の娘さんがいた。
旦那とはうまくいかず、離婚することになった。
しかし、娘さんを引き取ることは出来なかった。

娘さんを連れて行かれる日が、決まった。
昭和5年の、3月10日。
その前日、娘さんと一緒にお風呂に入った。
たくさんたくさん、歌を歌って聞かせたという。 一緒に歌ったかもしれない。
そして、次の日、娘を自分の母に託すことを懇願する遺書を遺し、服毒自殺した。

娘さんは、現在83歳。 上村ふさえさん。
母が亡くなって、80年が経った。
今年も、3月に墓参りしている。

金子みすゞには、相談できる人間がいなかった。
山頭火が、全てを信頼した、木村緑平のような人が。

西條八十は、この人を高く評価したとあるが、どこまでかがはっきりしない。
死ぬ前、作品の写し全体を、この人に送ったが、世には出さなかった。
だから、光を浴びるまで、時間がかかった。
西條八十に対しては、きっと、距離があった。

山頭火のことを考えたら、木村緑平の存在は、余りにも大きい。
人間生きていく上で、信頼できる人間や、友人がいることは、本当に大事なことだと、あらためて思う。
自分は、反省することが、いっぱい出てきた。

話しは、ここで、元に戻して・・。

観光船が出てたので、乗った。   出発地点は、ここ
波が高いので、島の反対側の、外海の方は危険。

10年4月30日 (1)

外海に、少しだけ行った。 目の前にせまる波は、船より高かった。
波と波の間に船は入った。 いい時の写真を撮り忘れた。  その時の場所は、ここです

この鳥は、みさご。   魚を取る鷹だそう。 
捕った魚を保存する。 それを人間が食べたのが、寿司の始まりとWikipediaにある。  ミサゴ(Wikipedia)

10年4月30日 (2)

小さい船なら、通れる。

10年4月30日 (3)

向こうが、外海。

10年4月30日 (4)

山口放送が、取材に来ていた。 若い人が、私の後ろに座ったので、話せた。

10年4月30日 (5)

島から離れたら波は荒い。 戻る時だが、外は見えなくなった。

10年4月30日 (6)

さほど大きな船ではないので、波が大きい時は心配した。

10年4月30日 (7)

車で、青海島に入った。  この写真は、島の東の端。  ここです

10年4月30日 (8)

青海島は、「おま」と読む。 おみしまかと思った。

※ 青海は、普通、どのように読むかだけど、
    青海亀(あおうみがめ) 青海原(あおうなばら) 青海(おうみ~新潟県にある地名)
    青海駅(あおみえき)  青海省(せいかいしょう~中国の省の一つ)
※ 鶴姫のいた、大三島は、「おおみしま」。

地名の読み方は、大変です。

クジラの墓があると言う。

10年4月30日 (9)

クジラは大きいから、墓は大変でないのか、と思っていたら、子供(胎児)の墓だった。
元禄時代に作られていた。 72頭が眠っているとあった。 側に、お堂が2つ。

10年4月30日 (10)pp

クジラの親に向かって、申し訳ない、という内容のことが書いてある。(説明があった)

10年4月30日 (11)

くじら資料館があった。 

10年4月30日 (12)

この地域は、江戸時代から、クジラ漁が盛んだった。
しかし、その漁には、クジラの悲哀が伴っていた。

クジラを捕まえたら、男たちは酒を飲んだ。
でも、男たちの心は、決して安らぐことはなかったと言う。

もしかしたら、この仙崎には、金子みすゞの心が生まれる、精神的な風土があったかもしれない。
そんなことも、感じるかな。

クジラの胎児の標本。

10年4月30日 (13)

昔の写真。

10年4月30日 (14)

みすゞの詩。

10年4月30日 (15)

鯨法会(くじらほうえ)という題。

10年4月30日 (16)

こんな絵も。 余った肉は、塩漬けだろうか、乾燥だろうか。

10年4月30日 (17)

トンビが目の前を通った。 もし、油揚げを持っていたら、間違いなく盗られた。

10年4月30日 (19)

10年4月30日 (18)

島に遊歩道があったので、歩いた。   この辺り

10年4月30日 (20)

崖の下には、洞窟がいっぱい。  白いのは、みさごの糞。

10年4月30日 (21)

こんな道。 この写真に、鳥とリスでもいたら、完璧。 1枚の写真に、たくさん入れたい。

10年4月30日 (22)

こういう風景。 なかなかの景観でしょうか。

10年4月30日 (23)

ただ、こんなのはたくさん見たので、感動は中くらい。
岬の場合は、海に出ているので、もっと迫力がある。  例えば、神威岬。 ここの海の色が一番。 積丹ブルー。

10年4月30日 (24)

こんな所も。

10年4月30日 (25)

オオアマドコロ。 狐の提灯と言われるのは、この植物。

10年4月30日 (26)

こんなのを見て、戻った。

10年4月30日 (27)

青海湖に行ったが、見晴らしが良くなかった。 
水の上に、アオサギが立っていた。 望遠で写真に撮ったら、こうだった。

10年4月30日 (28)


1年前の今日の晩は、先日いた道の駅、きくがわだった。 そして、1日に九州に渡った。
1ヶ月かけて、本州を下った。

あの時も、山陰は風が強かった。 何度か、山に逃げた。 
今年も、やっぱり強い。


【停泊場所】      フェリー乗り場の駐車場。

【明日の予定】     萩  連休で混んでいたら、別の所に。

【今日の歌】      夢をのせて(MIDIです)  1年以上載せていない。 やっと見つけた。  大好きな曲です。

              アムール河の波(YouTube)   昔、ゴールデンウィークに、流氷を見た。 輝いていた。

              八十八夜(YouTube) NSP。 今年は、5月2日です。 もうすぐです。 暖かくなります。


【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で6位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。


スポンサーサイト



コメント

青海島

青海島は4回行きました。2回は遊覧船、もう2回は遊歩道を歩きました。
明日の夜から福井方面に旅行に行きます。
ノーパソを持って行くのでまたコメントしますね。

原生林

青海島は有名な原生林があるのではないでしょうか。
椿かな? 何かありましたね?

Re: 青海島

連休ですからね。
福井県って言えば、越前海岸や、若狭湾、そして永平寺だね。
いい所です。
気を付けて、楽しんできてください。




Re: 原生林

分かりませんよ。
夏ミカンの原木があったが、行かなかった。
根だけだったので。

風景だけでは、少し退屈。
湿原で、花を見たり、虫を探したり、そんな方がいいかな。
だから、観光船も、クジラでも出てこない限り、少し退屈。

 

再度 行きたく成りました・・・

青海島ですか 綺麗な所ですよね
私もなんどか行きましたが・・・
観光船次回こそ 全コース回りたいと
私も波の影響で 見れて無いとこが沢山です・・・

Re: 再度 行きたく成りました・・・

こっちの方の海は、単調でないですね。
変化に富んでいていい。
私にとっては、知らない所が多いです。


食文化

 くじら塚を久々に見ました。合掌。
以前、仙崎から津和野に旅したとき、そこに寄りました。仙崎の人々の、この鯨に対する篤い心に感動したのを憶えています。
 柳川には、鰻の供養碑があり、毎年、7月ごろ供養祭が催されます。日本人は昔より食料としての動物にたいし、ねんごろに供養する精神があったような気がします。仙崎でも、柳川でも。
 それをシー・シェパードなどは自身の暴挙は棚に上げ、乱暴ざんまい。日本の漁船に対し、衝突行為を繰り返している。彼らは牛や、豚や、鳥に対し、供養し、塚などを建て、永い間、お参りを続けているだろうか。
 オーストラリアのある大臣などはシー・シェパードの
活動を応援しているようだ。衝突する前に、彼らもくじら塚にお参りすればいいと思うが。お互いの食文化に
理解を深めれば、穏便な解決方法が見つかると思う。
バックに理不尽な輩が存在するのだろう。

Re: 食文化

食べなければ、生きていけない。

何を食べるかは、文化によって、環境によって違う。
自分たちの考えだけが正しいと主張すると、おかしくなってくる。

角島で牛を見た時、自分が牛肉を食べることによって、飼育される牛の数は増えるんだな、と感じた。
焼き鳥も美味しい。 刺身で焼酎を飲んだら、こたえられない。
柳川で食べたウナギなんか、生きてる幸せを感じさせてくれた。

難しい問題だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/918-b3c20571

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。