キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も、海遊旅人さんが案内してくれた。
※ 昨日書かなかったが、旅人さんは、キャンピングカーの旅では私よりずっと先輩で、今の車は数代目。

雨は降り続けている。 平和記念公園に向かった。

途中、新日山安国寺に寄った。 地理的な条件が幸いして、原爆の被害を受けなかった。
その時代の権力者と関わって来ている、大きな寺。

本堂が国宝になっていた。 この写真は、その内部。

10年5月10日 (1)

楠(くすのき)町を、通ってもらった。
昔、小学校3年生の国語の教科書に、「かあさんのうた」というお話があった。 ※ 原題は「夜のくすのき」
そのお話しの舞台がこの町。 ※ 実際にあったことを元に、作られた。

このお話を、授業で最初に読み聞かせた時、子供たちは泣いた。 こういうことは、滅多にない。
全文はここに。  「かあさんのうた」(夜のくすのき)  ※ 短いお話です。

10年5月10日 (2)

これが、原爆ドーム。 爆心地に近い。 当時は、広島県産業奨励館と呼ばれていた。   ここです

ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。
“二度と同じような悲劇が起こらないように”との戒めや願いをこめて、負の世界遺産と呼ばれている。

10年5月10日 (3)

ビルの間に、島病院が見えた。 ここが爆心地。
私の後ろに、原爆ドーム。 ここから、200㍍。

10年5月10日 (4)

慰霊碑が、いたるところにあった。

10年5月10日 (5)

原爆供養塔。 身寄りのない人の遺骨が、ここに。

10年5月10日 (6)

原爆死没者慰霊碑。 

10年5月10日 (7)

真っ直ぐ向こうに、原爆ドーム。

10年5月10日 (9)

平和の灯(ともしび)

10年5月10日 (8)

広島平和記念資料館に入った。 雨だと言うのに、多くの人が来ていた。

アメリカで原爆が作られた経緯は、こうだった。
これを読むと、完成したら、ドイツを攻撃するためと考えてよさそうだ。

10年5月10日 (12)

昭和20年に入った5月7日、ドイツは降伏した。 ドイツに使用する必要はなくなった。
矛先は、日本になった。

下の内容は、なぜ原爆を使用する必要があったのかが、書かれている。
    (書くのが大変なので、写真です。 ちゃんと撮ればよかった)

IMG_2023ppppllp

下のことが、広島が、候補地になった理由の一つ。 この内容は、旅人さんも言っていた。

IMG_1982bnhmm.jpg

IMG_1982ccvggbn.jpg

候補地は、広島、小倉、新潟、長崎、となった。 下の理由で、広島が第1候補になる。

10年5月10日 (13)

候補が4つに絞られる前は、下の町が候補だった。
 東京 川崎 横浜 名古屋 大阪 神戸 京都 広島 呉 八幡 小倉 下関 山口 熊本 福岡 長崎 佐世保
全部で、17。
この中から、破壊された町は、外れて行った。

上の写真に、8月2日に最終決定とある。
では、その前に、広島に、また日本に原爆を落とされないチャンスはあったのかというと、あった。

8月2日の1週間前の7月26日、日本は、ポツダム宣言で、無条件降伏を求められた。
もしここで降伏していたら、原爆を落とされることはなかった。
国は、最後の最後まで、国民のことを考えることはなかった。

そのことについては、ここに。

IMG_2024kkkkkkk.jpg

8月6日。 広島の空は晴れていた。 広島の運命が決まってしまった。

10年5月10日 (14)

これが、広島に投下されたもの。  高性能火薬、16000トン分の威力。

10年5月10日 (29)

10年5月10日 (10)

10年5月10日 (11)

原爆投下目標地点は、黄色の○。 橋の上。 300㍍ずれて、島病院の上に。

10年5月10日 (16)

黄色の○の上空、600㍍で炸裂。

10年5月10日 (15)

破壊される前は、こう。

10年5月10日 (17)

3時間後、カメラを持って、市内に入った人がいた。

10年5月10日 (18)

座ったまま、動けない人も、いますね。
私は、地獄はないと思っている。 もしあるとすれば、この世にだ。

10年5月10日 (19)

上の写真にも写っている人が、いる。

10年5月10日 (27)

焼けた皮膚が垂れ下がったというのは、実際にあったという。

10年5月10日 (28)

こういう写真は、たくさんあった。
※ 記念館の中の撮影は、フラッシュをたかなければいい。
  多くの人に知ってもらうのは、この方がいいと思う。

10年5月10日 (30)

絵で残す取り組みもあった。

10年5月10日 (35)

爆発後、20~30分して、北西部地域に、黒い雨が降った。 夕方まで続いた。

10年5月10日 (34)

翌日だが、まだくすぶっている。

10年5月10日 (31)

こんな展示物

10年5月10日 (32)

泣いてるように見えてくる。

10年5月10日 (33)

1年後の街の様子。

10年5月10日 (21)

当時の、人の表情が分かる写真を探した。

10年5月10日 (24)

これは、原爆傷害調査委員会(ABCC)の建物。 
ここに、被害にあった人をあつめ、調査・研究した。 治療はしなかった。

海遊旅人さんは、戦後、爆心地から1.5㌔位の所に住み始めた。
小学校に入ってたら、ケロイドのある子供もいたという。
そういう子は、授業中でも、とつぜん、下の建物に連れて行かれた。
※ 検査の時は、全部服を脱がされたという。

10年5月10日 (20)

平和祈念資料館の中は、こんな感じ。 他もあって広い。

10年5月10日 (22)

核の地球儀。

10年5月10日 (23)

戦後も、世界中から戦争は消えない。 これは、ボスニア。 必死に、生きようとしている。

10年5月10日 (26)

原子爆弾は、戦争の産物と言っている。

10年5月10日 (25)


戦争という、取り返しのつかないことをやってしまった。
でも、もし、ポツダム宣言を受け入れていれば、広島や長崎の人達は、死ななくて済んだ。
その判断をした人間は、亡くなった人たちや、苦しんだ人達に、責任を感じたのだろうか。
国を大事とは考えても、国民が大事とは考えない。 だから、反省することは、きっとない。
腹が立つ。

広島は、長崎と同じように、世界へ、平和のメッセージを伝え続けていました。
そのことを確認できたので、うれしい。

海遊旅人さんのおかげで、いい広島になりました。 


【道の駅】     舞ロードIC千代田     ここです

【明日の予定】   山の中を、京都の方向に。 

【今日の歌】    Let The Sunshine In(YouTube)  この歌は、上の写真にあるボスニアで歌われた。
                                   世界のマスコミを動かし、戦争終結への大きな力になった。


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で6位です。  1位は、久しぶり。 感謝。
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/928-d95c7450

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。