キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気が変わって、予定を変更した。  ※ 高台寺を調べていたが、大きな魅力が見つからなかった。
龍馬を、少しだけ追うことにした。

※ 建物の中は、どこも写真が撮れない。
  魅力が、建物の中に集中していない所を、探した方がいいなか。

※ 忘れていたことがあった。 京都に来たら、行かなければならない所があった。
  夕方、急にに思いだした。
  過去のブログと関係ある。 もし当てる人がいたら、すごい。
   (住所を教えていただけたら、何か送りますと、言いたいくらい)
  今日のブログの最後で、以前書いた文を紹介する。 
  そこに書いた所に、明日行く。 息子と。


龍馬がなぜ人気があるのか。 それが、むずかしい。
NHKの大河ドラマは見てない。


ここが、二条城。 寺に比べたら、がっしりした建物だ。

10年5月22日 (2)

二条城があるからって、京都は、城下町ではないですね。
もともと、京都の町は、京の都としてあった。 
そこに、江戸時代の初めに、家康が京都の宿泊所として造った。

二の丸御殿。 国宝。  全体が、世界遺産。

10年5月22日 (3)

安全面が大事だから、城になった。

10年5月22日 (1)

二の丸御殿の中を見た。  ※ 写真は撮れないので、写真を3枚買った。

大広間での、大政奉還の様子。 前にいるのは、徳川慶喜。 こっちにいるのは、各藩の殿様。
1867年のこと。 265年間続いた江戸幕府に、幕が下りた。
政権は、朝廷(天皇)に渡った。

10年5月22日 (25)

この大政奉還の、下準備をしたのが、坂本龍馬だと言う。
龍馬は、何をしたのか。

船中八策(せんちゅうはっさく)というものを、幕府に示した。
それには、新国家体制の基本方針が書いてあった。
それを、幕府が了解し、大政奉還となった。

勅使の間(来客用の間)

10年5月22日 (23)

龍馬の考えの特徴は、武力に頼らない政権交代だった。
国内で戦って、国が消耗した時に、外国に攻められると考えたそうだ。

昔の、二条城。 

10年5月22日 (24)

龍馬は、薩長同盟を結ばせるなど、調整役として動く。
そして、倒幕派を、ひとつにまとめていく。
もし、龍馬がいなかったら、別の幕末になったと思われる。

にわか勉強でまとめてみたのですが、こんな感じでしょうか。

広い庭があった。

10年5月22日 (4)

大政奉還の日、龍馬は、
「慶喜公の今日の心中、深く察します」と、涙を流したそう。

石の多い庭。

10年5月22日 (5)

上に書いた、薩長同盟は、大政奉還前年の1月22日に成立した。
次の日の23日、龍馬と三吉(長州藩士)は、伏見の寺田屋で祝杯を上げた。
明け方2時頃、外の異常を、風呂に入っていたお龍が察した。
すぐに、2階の龍馬たちに知らせた。 戦う準備が間に合った。

龍馬は拳銃、三吉は槍で戦った。 相手の人数が多いので逃げた。 龍馬は、左手の指を切られた。
龍馬は材木場に潜み、三吉は、薩摩藩に助けを求めた。 そうして、龍馬は助かった。

3月になって、龍馬とお龍は、薩摩に行く。 そして、霧島温泉で、傷の療養をする。
この二人の旅が、日本で最初の新婚旅行と言われている。

城だから、石垣がある。

10年5月22日 (6)

今年1月に、二人の新婚旅行の跡を追った。  1日いっぱい歩いた日も。

※ 関連ブログ
   ○ 霧島神宮 ~龍馬とおりょうは、高千穂に登り、ここに~             (2010/1/16)
   ○ 龍馬とおりょうが歩いた道                                (2010/1/17)       
   ○ 龍馬とおりょうが歩いた道(その2) ~隼人塚から日当山温泉まで~  (2010/1/18)
   ○ 龍馬とおりょうが歩いた道(その3)~塩浸温泉・犬飼の滝~            (2010/1/19)

10年5月22日 (7)

城が大きいことが分かる。

10年5月22日 (8)

天守への道。

10年5月22日 (9)

龍馬は、大政奉還の後なのに、なぜ狙われたのでしょう。

これについて調べてみたが、分からない。
定説はなく、分かっていないんですね。

もし、黒幕がいるとすれば、明治になって活躍した人間。
龍馬がいないために活躍でき、得をした人間です。
恨みより、こっちの可能性が大きいと思うかな。

 高知新聞  龍馬暗殺諸説

庭は、広い。

10年5月22日 (10)

二条城から、天皇が住んでいた御所は、割と近い。

本丸御殿には、入れない。

10年5月22日 (11)

本丸から出る。

10年5月22日 (12)

舞妓さんがいた。

10年5月22日 (13)

幕府は、当然、ここを二条城と呼んだ。 でも、朝廷側は、二条亭と呼んだそう。

10年5月22日 (14)

この石垣に相応する建物は、大きい。

10年5月22日 (15)

神社の建物ではない。

10年5月22日 (16)

こんな庭に変わった。

10年5月22日 (17)

私は、二条城を見るのは、4回目くらいかな。
でも、龍馬のことを考えながら見たのは、初めて。

10年5月22日 (18)

お寺の庭のように、石の並び方とかに、宗教的考えはあるのでしょうか。

10年5月22日 (19)

江戸幕府は、江戸にあった。 
でも、終わりを告げる大政奉還は、御所のある京都で行われた。

10年5月22日 (20)

広さが分かる。 ただ、御所の広さは、はるかに上。

10年5月22日 (21)

修学旅行生が多い。

10年5月22日 (22) 


龍馬の行動には、夢があるのでしょうか。
多くの人と関わり、信頼されていく。
人脈が出来上がり、政治に大きな影響を与えた。

生き方に、ずるさを見い出せない。
そんな辺りに、龍馬の魅力があるのでしょうか。


【道の駅】    同じです。

【明日の予定】  以前、ブログに、こう書きました。  このブログに。

         「元になる伝説は、どこにあるかと言うことだが、
          有力なのは、京都の山科の小野にある随心院のように思う。 
          小町が住んでいたとされる寺だ。」

         ということで、髄心院に行ってきます。  山科区です。  戻るのは、遅くなります。

※ 追記  嵐です。 困りました。 (23日午前)         

【ブログランキング】  国内旅行4位、旅行全体で10位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

二条城

二条城にはツアーで2回行きました。ツアーでは二の丸御殿しか見れなかったので次は個人で行っていろんな所を回りたいですね。
今日は岡山県北に行ってきました。備中松山城や吹屋など(16年ぶりでした)
笹畝坑道の規模には驚きました。一昨年、石見銀山の龍源寺間歩という坑道跡に行きましたが遥かに笹畝坑道の方が見ごたえがありました。

Re: 二条城

吹屋はいいと思います。
家並みだけでなく、坑道とかあるのもいい。
有名でなくても、いい所はいい。
※ 吹屋は、まあまあ、知られているのかな。


恥ずかしいですよ

×膜
○幕が下りた

Re: 恥ずかしいですよ

ありがとう。 はずかしいですね。
書いた後、ていねいに読んでいませんでした。
他にも、いっぱいありそうな気がしてきました。

楽しく読みました

楽しく拝読いたしました。
他のページもゆっくり拝見しますね。

別に新聞記者じゃないですから、多少の誤字脱字は、ご愛敬って事で、全然気になりませんよ(^o^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/940-dc47e45d

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。