キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4条の河原町にお店が多いので、買い物をすることに。
夏に向けての物。

高台寺が近いので、行くことにした。

石塀小路を通ってみた。  場所はここ。   地図に、高台院が見える。

10年5月26日 (1)

ここは、伝建地区に指定されているため、昔の風情が残っている。

10年5月26日 (2)

高台寺の下の通りで、ねねの道と言われている。
人通りが絶えない。 八坂神社、知恩院、遠く平安神宮や南禅寺もこの道。

10年5月26日 (3)

高台寺の地図。

10年5月26日 (4)

石段を登ると、ここに出る。  この建物は、庫裡。 高台寺の顔のように、まず見える。
                                     ※ 庫裡~食事を作る所

10年5月26日 (5)

高台寺は、豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が、秀吉の冥福を祈るため建てた寺ですね。

遺芳庵という茶室。 田舎屋風の茶室。  
昔京都に、吉野大夫という人がいた。 その人を忍んで、夫が建てたとあった。

10年5月26日 (6)

小堀遠州作と伝わる庭。 
紅葉の時期、夜間、ライトアップされる。 昨年秋見ようとしたが、並ぶ人が多く、入れなかった。

10年5月26日 (7)

こういう庭も。 毎年変わるそう。

10年5月26日 (8)

ここは、方丈という建物。 本堂の役割を担っている。 お参りしている人が多かった。

右は、上の写真の庭。

10年5月26日 (9)

方丈の中。 ※ 仏像は、撮影禁止。

10年5月26日 (10)

方丈から、庭と、上の方の建物。 いい庭に感じた。

10年5月26日 (11)

ねねは、こんな人。 北政所(きたのまんどころ)と言われ、寺に入って、高台院と言われた。
それで、高台寺と呼ばれる。

IMG_4xxz832 (1)

ねねは、おね、ともよばれる。 どっちも使われる。 ねねが、やさしそうで、好きかな。

正面に見えるのは開山堂。 ねねの兄の像などが、あった。

10年5月26日 (12)

霊屋(重要文化財)という建物があった。 1605年の物で古い。 そこに、ねねの像があった。

IMG_4xxz832 (2)

臥龍廊という廊下。 傷みが激しく、通行禁止。

10年5月26日 (13)

傘亭(重要文化財)。 一番高い所に。 伏見城から移築したものとされ、千利休の作。
秀吉好みの茶室と伝えられている。

中が竹で作ってあり、めずらしいそう。 あとで気付いたので、写真は無い。

10年5月26日 (14)

臥龍廊を、下から撮影。 

10年5月26日 (15)

途中、小さな建物で、人形展があった。 ねねの姿などを表現していた。
また、人形が集団で並んでおり、ストーリーを感じるものだった。 ※ 撮影はできない。
作者は、成田順子と言う人。

10年5月26日 (16)

小さな掌(てのひら)美術館があった。 上の方の、ねねの肖像画は、ここに。
蒔絵が多く展示されていた。

10年5月26日 (17)

高台寺を建てたのはねね。 財政面で援助したのは、家康だった。
家康は、ある時期、秀吉の部下だった。
豊臣家と、西と東に分かれて戦うが、ねねに対しては、悪く思っていなかったようだ。
最後まで面倒を見た。


八坂神社に行く途中、芭蕉堂(右)と、西行庵があった。 初めて知った。

10年5月26日 (18)

西行の後を追って、芭蕉は旅をした。 西行を心の師としていた。
西行は、この地で亡くなったとあった。
芭蕉が、この地に寄ったのは、寛文六年か七年頃のよう。(1667年か8年)

 「しばの戸の月や そのまま あみだ坊」という句を詠んでいる。

10年5月26日 (19)

八坂神社の南側の門。

10年5月26日 (20)

祇園の花見小路から、和服姿の女性が出てきた。

10年5月26日 (21)

京都駅に、京都タワーが写った。 今晩は、月夜。

10年5月26日 (22)

家康は、決して人の恩を忘れる人ではなかった。
若いころ、きっとねねの世話になっていた。
高台寺を建てることの支援によって、恩を、100倍にして返したと思う。


【道の駅】    同じです。

【明日の予定】  車検の書類が明日出来るよてい。 まだ京都に。
         大きなアウトドアの店を、息子に聞いた。 
         そこに行ってきます。 どこかで、何かを見ます。


【ブログランキング】  国内旅行4位、旅行全体で10位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/944-ca84898d

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。