FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

頂上である、日出ヶ岳に着いた頃、雨と風は強くなってきた。
大台ケ原山を1周するコースを歩きだしたが、正木峠で引き返した。
写真を撮れる状況ではなくなってきた。

雨が降ったら、遠くが見えない。 風景も花も、写真にちゃんと撮れない。
山は、天気のいい日に行かないと、楽しみが少ない。

でも、大台ケ原山は、雨の似合う山だから、仕方ないかな。


5時に起きた。 雨は降っていない。 でも、午前中の降水確率は、70%。
すぐに、大台ケ原の駐車場に向かった。

10年6月13日 (1)

持ち物の準備や、入山手続きをしてたら、6時半になった。

ビジターセンターの玄関が開いており、そこに入山手続きの用紙があった。
そこに、人を探すポスターがあった。
この大台ケ原山に入山して、戻ってない人が3人いるという。

先日のニュースで、去年の山での遭難者は2085人で、死者・行方不明者は317人とあった。
遭難者の43%は、道に迷ったのが原因。

※ このことについて少しだけ。 どんな時に、道に迷うか。

  分岐点で、別な道に行く。 途中で間違いに気付き戻る。 戻る時に、再度道を間違う。
  こうなったら、もう戻れない。
  また、山には、岩や石だらけで、道がはっきりしない場所がある。 こんな所でも、迷いやすい。

去年の夏に、山に登ると決めた時、最初に買ったものが、山用のナビだった。
高いものだったが、迷わなかった。
全国の山の、登山道が記録されており、自分が登山道のどこにいるかが表示される。


出発は、6時40分。 雨は、小雨が降ったりやんだり。

10年6月13日 (2)

熊に注意の案内があった。 撃退スプレーを、リュックから出して、左のポケットに入れた。

持った食べ物は、おにぎり4つと、ソーセージ。 他に、カロリーメイトとキャラメル。
※ おにぎりなどは、昨日買って冷蔵庫に。 全部梅。 傷みにくいので。
※ ソーセージには、宮崎産黒豚と書いてあった。 今、たいへんだ。

10年6月13日 (3)

7時頃。 雨は止んだ。 傘は閉じてリュックに引っかけている。

このように笹が生えている。 見通しがいい。
熊や鹿など、動物がいないか、探しながら歩いた。

もし熊を発見したら、すぐに撃退スプレーのストッパーを外す。 そうして、写真を撮る。 そう決めている。
まだ、出会ったことはない。    ※ 関連ブログ。  熊がデントコーンを食べた跡

10年6月13日 (4)

大台ケ原山(おおだいがはらざん)について、日本百名山を書いた深田久弥は、こう言っている。

 大台ケ原は昔、大平と呼ばれた。それが大平原となり、大台ケ原と変わった。
 それにさらにご丁寧に「山」を付けて、現在では大台ケ原山と呼ばれている。
 昔の人が端的に大平と名付けた通り、山上は広い高原で、樹木が繁茂しているのは、雨量の多いせいである。

歩きやすい。

10年6月13日 (5)

大台ケ原山は広い。 その中の、一番高い所には、名前が付いている。 
日出ヶ岳(ひでがたけ)。 1695㍍。

途中で、カメラの三脚を持った人とすれ違った。 写真は撮れなかったと言った。

10年6月13日 (6)

このような道の所が多い。 土のままだと、水が流れて、掘れていく。 
登りらしい登りが、ずっとない。

10年6月13日 (7)

分岐点に来た。 この時、7時半。 雨が降ってきた。

10年6月13日 (9)

地図では、ここ。 少し上に、日出ヶ岳。 1周コースを歩く予定。

10年6月13日 (8)

このツツジが、たくさん咲いていた。 シロヤシオ(白八潮)と呼ばれるそう。 
ゴヨウツツジ(五葉躑躅)とも。 ※ 葉が5枚かたまって、枝先につくので。

10年6月13日 (10)

愛子さんのお印の花が、この花だそう。

10年6月13日 (11)

こんな風に、一気に登り始めた。 霧が濃い。

10年6月13日 (12)

ここを登ってきた。 山と言うより、公園を歩いているみたい。
自然にダメージを与えないためにこうした、と説明があった。

10年6月13日 (13)

この辺りは、風が強いことが分かる。

10年6月13日 (14)

写真を撮るから、傘をさしているが、風が強く支えるのがやっと。
写真を撮らなかったら、傘はいらない。 カッパを着ている。 雨は通さないが、空気は通す。

間もなく、頂上の感じ。

10年6月13日 (15)

頂上の建物が見えた。

10年6月13日 (16)

こういう場所。 上の方の地図とは、逆さま。       地図では、ここ

10年6月13日 (17)

7時40分に着いた。 1時間しか歩いていない。
東の方向。 何も見えない。 

10年6月13日 (19)

実際は、こう見える。 海が見たかったな。

10年6月13日 (18)

こっちは、西。 遠くに、近畿最高峰の大峰山も見えるはず。(明日天気が良ければ、行きたいと考えていた)

10年6月13日 (20)

こんな風に。

10年6月13日 (21)

展望台では、雨宿りが出来た。 おにぎりを一つ食べた。
携帯が使えたので、姉に電話。 姉も昔ここに来ていた。
大台ケ原をリクエストしてきた友人にも。

1周コースを歩きだした。 地図の正木峠に向かった。
ここは、鹿がいっぱいいるので、届く所の高さまで、全部食べられている。

10年6月13日 (22)

こんな所を歩いている。

10年6月13日 (23)

正木峠。 木が無くなってきた。 雨も風も強い。 傘が何度も、裏返しになる。
このまま進んでも、写真は撮れないと判断し、戻ることにした。 8時20分。

10年6月13日 (24)

こんな道を登って来ていた。

10年6月13日 (25)

ずっと動物を探しながら歩いた。 もし熊を見つけたら、雨のマイナスは、全部飛んでいく。

10年6月13日 (26)

駐車場が見えた。 9時10分に着いた。 2時間半しか、歩かなかった。

10年6月13日 (27)

山を下る時、こんな風景が。

10年6月13日 (28)

伊勢に出ることにした。 紀伊半島の中は、国道以外道が細いので、自由に動けない。
この後、雨の日が続くので、土砂崩れも怖い。 
雨は降り続いているが、今朝からの雨だから、まだ危険はない。

吉野川沿いを走ったが、風景はよくなかった。 自然が壊れた感じに見えた。
風景に配慮しないで、橋でも何でも作った。
熊野川は、自然に手を加えたが、風景は壊さなかった。 その違いかな。

でも、吉野川沿いも、景観条例とかを作って、今後きっと良くなると思う。
※ ある地域が、それを掲げて、取り組んでいたから。

山に登る時は、何日も前から天気をにらんでいなければダメ。
それが、反省です。


【道の駅】    茶倉駅    ここです

【明日の予定】  この近くを見る。 見所が少なかったら、伊勢でしょうか。


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で3位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト



コメント

大台ケ原

登山の方は残念でしたね。でも大台ケ原の雰囲気は味わえたのではないでしょうか。
明日はどちらに向かうのでしょう?
十津川村や天川村はいいと思いますがここからだと狭い峠越えの道ばかりなので注意が必要ですね。

Re: 大台ケ原

雨の大台ケ原として、思い出に残ると思います。

山からすぐに脱出して、伊勢の近くまで来ています。
道の駅、茶倉駅です。 
雨が降り続くと、土砂崩れが起きるので、そうしました。

今後の、大きなコースを検討中です。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/963-e312b819

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。