キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日いっぱい雨。 夕方から、強くなる。
これが、梅雨。 たいへんだ。 
十分な見学は出来ないから、移動することにした。

朝、今後の大きなコースが決まった。

郡上八幡、高山と行って、野麦峠を越える。 
岡谷からは、高遠の由布姫の墓に寄って、富士山に向かう。 
山に登り、鎌倉・横須賀を通って、房総半島(千葉県)に渡る。
九十九里浜に行く。 その後は、茨城県に。

行きたい所は、他にもあるが、今回は、こんな感じで北上。
(秩父の山の中の、むつばあちゃんの所が気になる)

ということで、美濃市まで来た。 郡上八幡の手前。


四日市を通っている。
たくさんの大きな煙突から、煙が出ていた。
風がないから、空気はよくない。

10年6月15日 (1)

新幹線の列車が通った。 すぐにカメラを持ったが、尻尾しか撮れなかった。

10年6月15日 (2)

信号で停車している。 左に曲がったら、岐阜駅。

10年6月15日 (3)

3時40分に、道の駅 美濃にわか茶屋、についた。
※ 途中、王将で食事。 中華飯を食べた。 王将は、安くて美味しい。

少し前から、この雨。     場所はここ

10年6月15日 (4)

道の駅の前。 国道156。  向こうに行ったら、高山、郡上とある。

10年6月15日 (11)

道の駅の、名前が変わっている。 道の駅のホームページに、こうあった。

   「にわか」とはユーモアたっぷりに物語を展開し、最後に落ちがつく即興寸劇のこと。
   江戸時代に流行したこの「にわか」が紙商人によって美濃の地に伝えられました。
   特に、美濃にわかは、お囃子を演奏しながら町の辻つじで上演して歩くので
   「流しにわか」と呼ばれ、今では、「美濃まつり」の夜に演じられます

   「茶屋」は、江戸時代から旅の休憩場所を、そう呼んでいた。

※ 流しにわか(YouTube)  今年の春のものです。

下のように、道の駅では、長良川の魚を飼っていた。

10年6月15日 (10)

ナマズ。

10年6月15日 (5)

ヨシノボリ。 お腹に吸盤がある。(ヒレが変化した) だから、滝でも登れる。
※ 漢字で、葦登り、と書く。 でも、葦(よし)は、登らないそう。

10年6月15日 (6)

アジメドジョウ。
この魚の口は、頭の下の方にある。 吸盤状になっている。 その口で石に吸い付くように伝い泳ぎができる。

10年6月15日 (7)

IMG_79ll08pp

アユ。 6月から解禁だそう。

10年6月15日 (8)

先日のブログに出てきた、アマゴ。 サケの仲間だから、美味しい。 
※ 海の降りないサツキマスを、アマゴと言う。 サクラマスの場合は、ヤマメ(ヤマベ)
  アマゴには、赤い斑点がある。  北海道には、いない。

IMG_79ppdd21

ウシモツゴと言う、珍しい魚。 (ここでは、ふ化に成功したようだ)
この魚は、絶滅危惧種の、1A類。 一番危険なランク。 イリオモテヤマネコや、ヤンバルクイナが、ここに。

10年6月15日 (9)

道の駅に地図は無い。 長良川がそばを流れているので、そっちに行ってみた。
これが、清流長良川。 三大清流の一つ。 他は、四万十川と柿田川(静岡県)。 ※ 関連ブログ  清流四万十川

10年6月15日 (12)

吊橋が見えたので、向かった。

10年6月15日 (13)

橋は、こんな風に。

10年6月15日 (14)

お姫の井戸、という伝説があった。 その井戸は、上の写真の○に。

10年6月15日 (21)

こんなお話し。 何があって、この話が生まれたのかな。

10年6月15日 (22)

IMG_7vv974

橋から飛び込まないでと、標示があった。 ということは、飛び込む人がいるんだ。
この辺りは中流域だが、大河の様相があって、橋の下は深い。

橋の名前は、美濃橋。 大正5年に出来た。 このような橋では、一番古いようだ。 ※ かずら橋とかは別にして。

10年6月15日 (15)

老朽化しているので、20人以上は載らないでとあった。

10年6月15日 (16)

長良川。 このような大きな川で、本流にダムがないのは、この川だけ。 河口には、堰が出来てしまった。
※ ダムについては、新たに作られる時、必要かどうかちゃんと話し合われるようになった。
  大きな進歩かな。 見えない力が決めることはなくなった。

10年6月15日 (17)

釣りをしている人がいる。 この雨の中で。
「何が面白くて・・」なんて言ったら、「あんたにだけは・・・」と言われそう。

10年6月15日 (19)

伝説の説明は、向こうにあった。
何気なくここにやってきたが、美濃市では、見所の一つだった。
※ この地方の情報誌は、持っていなかった。 必要。

10年6月15日 (18)

戻って来て、撮影。 この橋の、右側上流に、新美濃橋がある。

10年6月15日 (20)

雨が強いので、ひざから下は、濡れた。
戻る時に、見つけた。 朝顔でいいかな。

10年6月15日 (24)

向こう向きにも咲いたら、完璧。

10年6月15日 (25)

雨は、いつまでも止まない。

10年6月15日 (26)

美濃市は、美濃和紙の産地として有名なんですね。
こうやって売られてるのもある。 タオル見たい。

美濃和紙

四国の脇町で、「うだつ」の町並みを見た。 あの時、本州にもう1カ所あると知った。
その1カ所が、ここ美濃市だった。
雨がそれなりなら、明日見てこようと思う。

※ 今後のコースの野麦峠は、昔、映画がありましたね。
  大竹しのぶ、原田美枝子が出演した。 忘れられない。


【水戸の駅】   美濃にわか茶屋

【今日の歌】   青春のたまり場(YouTube)   あさみちゆき   隠れた名曲。 サビのところが、特に好き。 四万十川のブログに載せていた。


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で3位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

鎌倉に!

こんにちわ。
お久しぶりです。

私の住む町・鎌倉にいらっしゃるのですね!
観光地化されていない、材木座界隈もぜひいらしてください。
チャンスがあれば、会いにいきます!

Re: 鎌倉に!

こんばんは。
dokemonoさんの気に入っている所を案内していただけたら、うれしい。
日程は、dokemonoさんに合わせます。
鎌倉は、有名人がたくさん住んでいるんですね。
その理由も知りたいです。
楽しみにしています、


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/965-469e1d22

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。