キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野麦峠への道は、深い谷の、急な斜面に続いていた。
また、みねが見た風景は、昔のままあった。

古川にいたので、町並みを見た。

10年6月19日 (1)

白壁の土蔵。  伝建地区に指定されていないが、いいですよ。

10年6月19日 (2)

瀬戸川が流れている。 
郡上八幡がそうだったけど、水があると、潤いがある。 当たり前か。

10年6月19日 (3)

祭りに使う、起し太鼓が展示されていた。
この町には、古川祭りがある。 日本三大裸祭りの一つだそう。 4月19,20日に行われる。
                                                      ※ 古川祭り 起し太鼓(YouTube)

10年6月19日 (4)

飛騨の匠がいるためか、造りが繊細。 出窓も独特かな。

10年6月19日 (5)

水がいいからか、酒屋さんが多かった。

10年6月19日 (6)

三嶋和ろうそく店。 
私は分からないが、連続テレビ小説「さくら」沼田家のモデルだという。

手を休めず、いつまでも楽しそうに説明してくれた。 話しかける隙間がなかった。

10年6月19日 (7)

野麦峠に向かった。 高山を過ぎて、しばらく走ったら、山の中に入った。

10年6月19日 (8)

国道361を走ってきたが、ここから県道39に入る。   場所はここ

10年6月19日 (9)

ここは、街道だったから、宿場があった。 時々このように、集落がある。

10年6月19日 (10)

カーナビを見たら、目の前に、乗鞍岳があった。 3026の数字で分かった。
今日は見えないが。 ここから、10㌔くらいか。

10年6月19日 (11)

昔の野麦街道があった。 車のタイヤの跡がなければ、もっといい。

10年6月19日 (12)

クマに注意とあったので、深くは入らなかった。

10年6月19日 (13)

野麦峠の説明があった。 分かりやすい。

10年6月19日 (14)

谷は深くなってきた。 左の斜面に野麦街道はあった。 でも、下を見てもない。
後で知ったが、道は川の向こうの斜面に移っていた。
向こうの斜面も急なため、何人もの女工さんが落ちて死んだ。
下に落ちた子を、みんなの帯をつないで助けたこともあったという。

10年6月19日 (15)

私は先日、熊野古道を歩いたが、女工さんたちが冬に歩くのに比べたら、散歩のようなもんだ。

ここが、野麦峠。   場所はここ

10年6月19日 (32)

新しいお助け小屋。 左に像が。

10年6月19日 (17)

みねと辰次郎の像。  ※ 残念ながら、いい像ではない。 

10年6月19日 (16)

お助け小屋に入った。 お土産、食堂、宿泊の3つ。
少しだけ物を買って、展示してある写真などを、撮らせてもらった。

原作者が書いたもの。

10年6月19日 (19)

こんな感じだったのかな。

10年6月19日 (20)

天気がよかったら、乗鞍岳がこんな風に見える。

10年6月19日 (21)

鮮明な写真があった。 こんな人たちが登場しているのだが、全員この写真にいるのかな。
大竹しのぶ  原田美枝子  友里千賀子  古手川祐子

10年6月19日 (18)

野麦峠の館に行った。 映画に関する物は、少しだけだった。
女工さんたちは、こんな姿だった。

IMG_897ccc9 (2)

こんな絵が。

10年6月19日 (22)

表情がいいなと、思った。
特に、左から2番目。 家族が待っていると思うからかな。

10年6月19日 (23)

山本茂実という人は、女工さんだった人に聞いたとありますね。
聞き歩く中で、河合町角川にも行ったということですね。

10年6月19日 (24)

館長さんが出てきて、あっちこっち連れて行って、説明してくれた。 ありがたかった。
野麦峠の碑。

10年6月19日 (25)

写真の真ん中辺りに、昔の街道がある。 ここを下りていくと、岡谷の方に。

10年6月19日 (26)

峠からは、ここを通って、高山に行った。

10年6月19日 (27)

こんな感じ。 

10年6月19日 (28)

上の道の、左手の山の上に、展望台があった。 みねの碑。 書いてあるのは読めない。

10年6月19日 (29)

向こうに行ったら、岡谷。

10年6月19日 (30)

下の写真で、線の所に、野麦街道はあった。 下に来て、さっき歩いた道につながる。
また、昔のお助け小屋は、○の所に。 峠の頂上でなく、風の弱い、少し低い所にあった。

IMG_897ccc9 (1)

下の写真の、撮影場所を下りて行ったら、お助け小屋があった。
野麦峠の頂上について、みねが見た、飛騨の風景は、この風景。
映画のイメージとは少し違うが、これで間違いない。 このことは、館長さんも話した。

頂上に着いたら、そこは飛騨だ。 見えるもの全てが、みねにとっては、飛騨だった。
心の中にある、なつかしい故郷の風景も見えたかもしれない。
みねは、飛騨に帰れたと思って安心した。 そして、静かに息を引き取った。

10年6月19日 (31)

岡谷の方に谷を下ると、こんな風景になる。

10年6月19日 (33)

ダムから下を撮影。 道の駅 風穴の里は、右上に。   場所はここ

10年6月19日 (34)


いつかは来たいと思っていた野麦峠に、やっと来れた。

  ※ 江戸幕府が倒れて、時代は明治になっても、人々の生活は楽にならない。
    こんどは、地主制度が出来上がってしまった。
    どうしても、搾取しようとする人間があらわれる。

    今の時代も、昔に似てきた。
    安い賃金で人を働かせる仕組みが、広がってきた。

明日の動きが、むずかしいです。
乗鞍岳か、上高地。 どちらかです。
女工さんたちが、野麦峠から眺めた乗鞍岳に、本当は行きたい。
無理すると、危険。
明日の朝の天気で決めます。


【道の駅】  風穴の里

【明日の予定】  上に書いた通り。


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で3位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

古川

古川の町並みいいですね。もう10年くらい行っていません。野麦峠は行ってみたいですね。道は細いでしょうか。(自分は軽なので問題ないですが)
今日の天気は曇りですか。乗鞍、上高地どちらも捨てがたいですね。上高地の場合、バスセンターから明神池、田代池、大正池と全部回ると5時間くらいかかるでしょうか。道は平坦なので距離は歩いても楽ですが。

Re: 古川

晴れています。 昼までは天気が持ちそうです。
山に行ってきます。 (朝 7時15分)

野麦峠

本日は2012/4/27です。野麦峠の関連写真をみるといつも胸が痛みます。あなたの写真をみてまた感動しました。曇りの写真もいいですね。工女ではなく女工さんと呼ぶ方が優しいですね。私は来月5月19日にお助け小屋に泊まって翌20日の野麦祭りに参加し女工姿の娘さんたちと旧野麦峠を歩きます。熊笹の葉を2~3枚記念に持ち帰ろうと思っています。前日には岡谷の蚕糸博物館に行ってきます。21日はみねさんのお墓参りにも(角川)行きお線香をあげてきます。長年引っかかっていたものが少しでも軽くなればと考えています。また感動的な写真をアップして下さい。旅にはお気をつけて、お元気で。

Re: 野麦峠

いろいろとありがとうございます。
野麦峠は、一度は行かなければならない、そう思っていた峠です。
映画は、忘れられない映画です。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/969-93b8a4f7

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。