キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝、天気がぱっとしなかったので、別な所の見学を考えていた。
ekさんの情報と、道の駅の方の熱心な勧めもあって、鋸山に行ってみた。  ※ 鋸山~のこぎりやま

昨晩は、○の辺りに路上駐車。  大丈夫なことは、コンビニのお兄さんに教えてもらった。

10年7月2日 (4)

朝の6時前に、フェリーの案内の放送で目を覚ました。 6時20分のに乗った。

10年7月2日 (5)

東京湾は、出入りする船が、優先だそう。 他のお客さんが教えてくれた。
だから、このフェリーは、他の船の邪魔ができない。
船同士は、会話ができる。 全ての船の管理は海上保安庁。  
スピードを出すと、「コラコラ」って注意されるそう。 制限速度は12ノット。(時速約22㌔)

下の船は、護衛艦「いかづち」。   みんな教えてくれた。

10年7月2日 (6)

昨日のブログの続きを書くため、道の駅「きょなん」に向かった。  ※ 鋸南(きょなん)町にあるから、きょなん。
ここが、道に駅の案内所。

10年7月2日 (8)

カメラを持っていたので、お店の人が話しかけてきた。
鋸山がいいと言った。 道もていねいに教えてくれた。 行くことにした。

写真は、ブログに載せてることを話したら、これを宣伝してねと言った。 
鶴べえが来たのかな。

10年7月2日 (7)

寺は、そんなに楽しみにしている訳ではないが、ここは山に登れる。   ここです
山全体が、日本寺(にほんじ)の境内。
駐車場に車を停めて、受付を通ってここに。 大黒堂。 秘仏があるそう。 そう言われたら、見たくなる。

10年7月2日 (11)

受付の人が、歩くコースを教えてくれた。
これは、薬師本殿。 この寺の本尊が祀ってある。

10年7月2日 (10)

10年7月2日 (9)

この寺の目玉、日本寺大仏。 高さ31㍍。 
寺の説明では、日本一の大仏様とあるが、これは、正確ではない。
正しくは「座像および石仏としては、日本一の大きさ」ですね。 ※ 調べてみた。

10年7月2日 (12)

江戸時代に作られたが、風化が激しく、昭和40年代に復元工事をした。
日本寺は、寺全体を昔の姿に戻そうとしている。

10年7月2日 (13)  10年7月2日 (16)

大きな蜂の巣だ。 ※ こぶとりじいさんの、こぶではない。 

10年7月2日 (15)

ネジバナ。 ラン科。

10年7月2日 (1)

ラン科の花だけあって、可愛い花。  ちゃんと見ないと、雑草とまちがう。

10年7月2日 (2)

山全体に、網目のように道はある。 ※ 通れない所もある。
階段の数は、2639段。 日本一と書いてるサイトがあるが、間違い。 
日本一は、大行寺山の3333段。            ※ 関連ブログ 日本一の石段

標高329㍍の山の頂上まで石段。 長い石段。 登山の感覚に近い。

10年7月2日 (14)  10年7月2日 (17)

※ 大きさとか数の日本一には、大きな価値はない。 そう思うかな。
  羽黒山の石段の美しさに、大行寺山の石段は、足元にも及ばない。
  どんなに大きな五重塔も、美しさで、室生寺瑠璃光寺には、かなわない。

羅漢像が、道沿いの至る所にあった。

10年7月2日 (18)

羅漢像の表情は、何を意味しているのだろう。 苦しそうだ。 仏像より表情は豊か。

10年7月2日 (19)

ここの石は凝灰岩で、軟らかいそうだ。 それでも、よく彫った。 手彫りですからね。

10年7月2日 (20)

10年7月2日 (21)

不動の滝。 水が見えない。

10年7月2日 (22)

少しの水で、修行していた。

10年7月2日 (23)  10年7月2日 (24)

石段は、どこまでも続いた。

10年7月2日 (25)

百尺観音が見えた。 文字通りなら、高さ30㍍。 一目ありそう。

10年7月2日 (26)

この地は昔、石切り場だった。 だから、こんな風景になった。

10年7月2日 (27)

イワタバコという花。 湿った岩に生えている。 珍しいだけでなく、人気があるようだ。
これを見るために、この山に登る人もいるそう。  
  ※ 珍しい花と、後で知った。 もっとたくさん、ちゃんと撮れば良かった。

10年7月2日 (3)

高い所に上がった。  鋸山の頂上。

10年7月2日 (28)

さっきいた場所は、あそこ。 
上の写真の、出っ張った所から撮影。 根元から折れたらお終い。 怖くて行けなかった人もいた。 

10年7月2日 (29)

10年7月2日 (30)

向こうにも、見晴らし台が。

10年7月2日 (31)

港が見える。 金谷港。 今朝、あそこに着いた。

10年7月2日 (32)

フェリーが見える。

10年7月2日 (33)

鋸南町の市街地。 道の駅は、○の辺りかな。

10年7月2日 (34)

別の道を下った。

10年7月2日 (35)  10年7月2日 (36)  10年7月2日 (37)

この山には、1700年代の終わり頃、1553体の羅漢像が作られたという。
明治に入って、廃仏毀釈で捨てられ、首が折れたりした。
今は、その修復をしている。

10年7月2日 (38)

仁王さんがいた。

10年7月2日 (39)

昔はきっと、柵がなかった。 今の時代だからいるのか。

10年7月2日 (40)

羅漢像の材質に、問題がありそう。 雨とかで、風化が激しい。 彫りやすい石だから、たくさん彫れたのか。

10年7月2日 (41)

あせかき不動。

10年7月2日 (43)

いいですね。 こんなのが見られたら、退屈しない。 羅漢像をつくったのは、プロの集団。

10年7月2日 (42)

大きな宝篋印塔。 江戸時代の物のよう。  ※ 宝篋印塔(Wikipedia)

10年7月2日 (44)

五百羅漢ではなく、千五百羅漢。 たくさんある。

10年7月2日 (45)

聖徳太子像。

10年7月2日 (46)

10年7月2日 (47)

羅漢像を、一つ一つ見ていたら、1日では見切れない。

10年7月2日 (48)

頭が、転がっていた。

10年7月2日 (49)

たくさんのアジサイが咲いていた。

IMG_vvvccd563

山全体が広いので、管理は大変なようだった。
現在は、復興に向けての道半ば、という所でしょうか。
羅漢像と絶景が見たく、また、怖い場所に行きたかったら、鋸山がいいですね。


【道の駅】     きょなん     ここです

【明日の予定】   半島の先に移動します。 何かがありそう。

【今日の歌】   Andre Rieu - Shostakovich' Second Waltz(YouTube)  いいですよ。

          北の岬(YouTube)   もう、ハマナスが咲いてますね。

【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で3位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

房総

2009年の正月に東京方面から犬吠埼まで海沿いをぐるっと周りました。できるだけ海側の道を通ることをお勧めします。見所も多いです。
千倉辺りに行くと花畑が広がっていて花摘みも出来ますよ。

Re: 房総

道の駅で情報はつかめています。 
それでも、本屋があれば、詳しい情報誌を買おうと思います。
房総半島は、見所が多そうです。
花が多いのも、楽しみ。
いい所です。
3日は、雨が心配。 


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/983-4abb17e6

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。