キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南総里見八犬伝の「南総」は、南房総の意味だった。
読んだことがなかったので、知らなかった。
この話は、フィクションなんだが、舞台となる場所があった。

話は、伏姫と八房という犬が登場して始まる。   ※ 伏姫~ふせひめ  八房~はちふさ
その話しの舞台は、富山(とみさん)にある伏姫籠穴。 そこに行くことにした。   ※ 伏姫籠穴~ふせひめ ろうけつ

この道を歩きだしたが、あと1.6㌔の標示があったので、戻って車で行った。 富山は写真の左の方に。

10年7月3日 (1)

IMG_1xxzzc734

道が不安なので、車を置いて歩いた。 山道を上った。 遠い。

10年7月3日 (2)

中尊寺の金色堂のように、急に建物が見えた。

10年7月3日 (3)

駐車場もあった。 伏姫籠穴は、この上のようだ。

10年7月3日 (4)

架空のお話しの舞台が、どうしてあるのだろう。 不思議。

10年7月3日 (5)

このむこうに、ある。     地図では、この辺り

10年7月3日 (6)

白い玉が見える。 かがめば入れるが、写真は入り口から。

10年7月3日 (7)

中はこう。 黒い球が、8つある。 誰がいつ作ったかの説明がない。 分からないようだ。
白い玉に、お札がある。 このお札は、熊野の那智の、青岸渡寺のものだった。  ※ 青岸渡寺の写真。   そのブログ

10年7月3日 (8)

南総里見八犬伝の話のスタートと、概略は、こうですね。  
            ※ 長いので、斜め読みか、知っていたら読まないで。
            ※ 戦国サバイバルより。 平凡社「日本架空伝承人名辞典」から引用している。

  安房の領土をめぐる安西景連との戦いで、飢饉のために里見城が落城せんとするとき、里見義実は戯れ
 に愛犬八房に向かい、敵将を喰い殺せば伏姫を妻にさせるという。八房は景連の首をくわえて戻り、里見
 軍は勝利をおさめる。
  その後、義実は約束を反古にしようといろいろなだめすかすが、八房はあくまでも姫を求める。姫は父
 をさとし、八房とともに山中に入る。伏姫とは人として犬に従がうの意を表す名前であり、八房には、義
 実がいったん助命を口ににしつつ斬り捨てた美女玉梓(たまずさ)の怨霊がついていたのだった。
  山中の洞窟に住み、日々「法華経」を読む伏姫に、八房も耳を傾け、心を澄ませているようであった。
 しかし、その霊的な結合により、伏姫は身重になる。姫を捜しにきた金碗大輔孝徳(かなまりだいすけたか
 のり)は、八房を鉄砲で撃つが、一弾が姫に命中する。
  その場へ義実も来あわせ、いったんは数珠の威徳で蘇生した姫は、八房の胤を受けたものではないことを
 証明するために、みずからの腹を割く。すると白気が立ち上り、姫の身につけた、「仁・義・礼・智・忠・
 信・孝・悌」の八字を彫った水晶の数珠を包むと、八個の珠は光を発して八方に飛び散っていく。
  そして数年後、聖玉を持ち、身体に牡丹形のあざのある八犬士が出現する。おのおのの知勇に秀でた彼ら
 は、悪との戦いの中でめぐり会い、ついにはみずからの出自を知って八犬士が会同し、里見家を助けるよう
 になる。

上の文の山中の洞窟が、伏姫籠穴。
下の方に、こんな場所が。 ここに説明があった。 

10年7月3日 (9)

伏姫籠穴は、いったい何なのかですが、

① この洞窟は、元々あって、滝沢馬琴が江戸末期に八犬伝を書いた後に、伏姫籠穴とした。
② 滝沢馬琴は、この洞窟を知っていたので、話の中に入れた。
※ ここは、富山(とみさん)の中腹。
  伏姫の父としている、里見義実の城は、この近くの滝田城。  今は、城跡。

滝沢馬琴は、話は、里見義実で書くと決めた。
城は、富山の近くあったから、この一帯を調べた。  
そうしたら、洞窟があることを知った。    ※ 洞窟に、伝説があったわけではない。

こんな流れでしょうか。

あと気になるのは、伏姫は架空の人物だが、モデルになった人物はいたのかですね。

中は、何とか人が立てる高さ。

10年7月3日 (10)

調べてみた。 ※ 深みにはまった感じで、夜中ずっと。

伏姫は、里見義堯の娘の種姫でないかと。   ※ 里見義堯は、義実の4代目。 
根拠は、八犬伝は、義堯で書いているという考えが、あるため。
 
詳しくは分からないが、種姫が、伏姫のモデルの可能性がある。 そんな感じでしょうか。 


八房公園。 お話しの中で、八房生誕の地。 八房の像と狸。 八房は、狸に育ててもらった。  場所はここ
 
10年7月3日 (11)

春日神社。 

10年7月3日 (12)

犬掛と呼ばれる地域。  左に少し離れて、富山。

10年7月3日 (13)

八犬伝ではなく、赤山地下壕跡を見に行った。 戦争遺跡。
豊津ホールで受付して、無料で。

10年7月3日 (14)

全長は、1.6㎞。 昭和17年以降に作られた。

10年7月3日 (15)

主に、館山海軍航空隊の防空壕として使われた。 いろんな施設もあった。

10年7月3日 (16)

涼しい。 閉じ込められてる感じで、不安。

10年7月3日 (17)

10年7月3日 (18)

地層の模様が見える。

10年7月3日 (19)

手彫りの跡。

10年7月3日 (21)

ここも、鋸山と同じで、凝灰岩。 爪で、表面が削れた。

10年7月3日 (20)

館山城に、八犬伝の資料があると言うので行った。

10年7月3日 (22)

中は、資料館。 

10年7月3日 (23)

中の撮影は出来ない。 八犬伝のビデオを見た。

海ホタルが見られる時期のようだ。 夜、雨になったが。

10年7月3日 (24)

正面に富士山が見える。 晴れていたら。

10年7月3日 (25)

浅間神社。 本宮は、富士宮市の富士山本宮浅間大社。 
ここから、富士山がよく見えるので、昔からある。

祭神は、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ) この人は、九州が出身地。 
                  ※ 道の駅、きんぽう木花(このはな)館に、像があった。 神武天皇は、この姫の孫とされている。

10年7月3日 (26)

キキヨウ。

10年7月3日 (27)

江戸時代の初め、里見氏の8名の家臣が、ある戦いで殉死している。 その墓。
この墓は、八犬伝より先に出来ていたので、八犬伝のモデルになったとされる。

10年7月3日 (28)

山の麓の道を通って戻った。
そうしたら、こんな居酒屋があった。 寂しい感じの通りだったので、びっくり。
もし、狐が化けたような女の人がいたら、完璧だと思った。
その時は、当然だまされる。

近くに車が停泊できる場所があったら、行っていた。

10年7月3日 (30)

こんな花。

10年7月3日 (29)

南総里見八犬伝は、史実と空想が、入り混じっていた。
作家は、小さな何かをヒントに、また、それを膨らませて書く。
滝沢馬琴は、あの洞窟を知っていた。 そして、伏姫のモデルも、きっといた。 そんなふうに思うかな。


【道の駅】    南総パラダイス    ここです

【明日の予定】  南総パラダイスを見ます。 こっちの方には、花が見られる所が、いっぱいある。

【今日の歌】   恋のバカンス(YouTube)   暑い夏が来ています。

【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で4位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

南総

里見八犬伝は薬師丸ひろ子主演の映画を見たことがあります。房総にも地下壕があるんですね、長野市松代の象山地下壕には行きました。大本営を移すつもりだったそうです。

Re: 南総

薬師丸ひろ子の映画が知られているようですね。
史実との関係は、地元では、十分に整理されていませんでした。

花は、どこでも見られそうですよ。
海ホタルですが、見ることは可能のようですが、館山を通り過ぎてしまった。



こんにちわ
「八房」は「はちふさ」ではなく「やつふさ」です

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/984-e6a9949e

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。