キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高さ120㍍。 とにかく、大きい。
 ※ 高さは、世界一と言っているが、正確には、2番目。 2年前ミャンマーの釈迦の像に抜かれた。 これは、ギネス未登録。

この像は、1993年に東本願寺が、世界一を目指して建てた。
京都の東本願寺は、大きいのが好き。 御影堂は、世界一の木造建築物。

駐車場で、ドアを閉めて、振り向いたらこの姿。 「オッ」って声が出た。

10年7月10日 (1)

大きさの基本情報。 奈良の大仏が小さくなってしまう。 像だけなら、100㍍。

10年7月10日 (2)

世界一は15年間だった。 他から狙われる。 
※ 世界一でなくなっても、パンフレットには、世界一とあった。 文句言われたら、当時は世界一だったとか、言い訳出来る。

10年7月10日 (3)  10年7月10日 (4)

正面から。 遠くにある。

10年7月10日 (5)

像は、東本願寺の本尊を拡大している。

10年7月10日 (6)

東本願寺の本尊は、同じ形の物が、商品として売られている。 手や顔が同じ。

東本願寺 本尊 商品

庭園に入ると、このように。  大きさには慣れてくる。 いつまでも、感動はしない。

10年7月10日 (7)

10年7月10日 (8)

銅板のつなぎ目が分かる。 銅板は、厚さ6㍉ほど。  薄いけど、全体では、1000㌧。

10年7月10日 (9)

銅板は、中の支柱にくっ付いているだけで、全体の重さを支えてはいない。 奈良の大仏と違う。
                        ※ 現代の高層建築と同じつくり。 カーテンウォール工法と言うそう。

大仏の胸の辺りまで、エレベーターで上れる。 高さ約80㍍。
初め、この部屋に入った。 電気が消えて、瞑想の世界。

10年7月10日 (10)

上の部屋の隣。 1階部分は、光の世界。

10年7月10日 (11)

10年7月10日 (12)

浄土の世界を思い描く空間だそう。

10年7月10日 (13)

仏教と、大仏の作り方について、説明があった。

10年7月10日 (14)

こうやって作った。 完成まで、4年かかった。

10年7月10日 (15)

足の親指の先。

10年7月10日 (17)

この大仏の骨組みは鉄。 いつかは錆びる。 何年持つんだろう。
ダメになったら、解体して、また作るのだろうか。

10年7月10日 (16)

エレベーター入り口。 胸のあたりまで行く。   そこは、こんな感じ。

10年7月10日 (18)  10年7月10日 (21)

明日登る、筑波山。

10年7月10日 (20)

霞ヶ浦。

10年7月10日 (19)

ここに、御釈迦様の骨がある、とあった。 本当かなあ。

10年7月10日 (22)

胸にあった、スリットのような窓から。

10年7月10日 (23)

窓は四方にあった。 空気が霞んでいるため、富士山とかは見えなかった。 霞ヶ浦も、霞む。

10年7月10日 (24)

釈迦の一生を描いた絵が、並んでいた。

10年7月10日 (25)

最上階から、階段で下りると、仏の世界があった。

10年7月10日 (26)

御金を出せば、自分の物になるようだ。

10年7月10日 (27)

仏教も経営が大事。 
有難いと思ってもらい、進んでお金を出してもらう。 ここが、経営のこつのように思う。
              ※ たまに、お金を集めることだけに夢中になる宗教が現れる。

10年7月10日 (28)

外には、小動物園があり、リスがいた。 エゾリスとは顔が違った。 少し華奢な感じ。

10年7月10日 (29)

最後にもう一度見た。 何度見ても大きい。 木は、いくら大きくても、かなわない。

10年7月10日 (30)

筑波山に近づいた。 外に、水の蛇口があった。 車の水を満タンにした。 

10年7月10日 (31)

山の下は、市街地になっている。

10年7月10日 (32)

大きな仏像を見るたび、牛久大仏が引き合いに出される。 一度見てみるかとなった。

大きさだけで人を感動させようとしても、その感動は長くは続かない。
美しさに対する感動とは違う。

牛久大仏が出来たからと言って、奈良の大仏の価値は、少しも目減りしない。

どこかに、驚く美しさの、大きな仏像が出来ないだろうか。
美しさがあれば、何度見てもいい。

ああだこうだ言っても、驚く大きさだったかな。


【停泊場所】      筑波山神社の少し下。 無料の駐車場。    ここです

【明日の予定】     筑波山の登山。 一番低い百名山。 ここの駐車場からでも、2時間かからないと思う。
            見所は色々あって、きっと退屈はしない。
            登山口から、山の下への道がある。 筑波道。 昔からの道。
            午後、雨が降らなかったら、そこも歩く。


【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で5位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

千葉より

いつも楽しみにブログを拝見させてもらってます。とは言うものの、実は久しぶりに拝見しました。いつの間にか私の住んでいる千葉を通過しているので驚きました。大多喜町の近くなのでニアミスでした。機会があったら会ってみたかったのですが残念です。今後は茨城を越えて東北方面ですかね?旅の安全を祈ります。

もし、よろしければ

私の友人のブログです。写真とブレーキに関して一生懸命頑張っているので、よろしければ是非見てあげてください。http://abarth.blog.ocn.ne.jp/
千葉より。

牛久大仏

きた~牛久大仏!120mですか、茨城県庁舎(25F・120.2m)と同じ高さですね。
展望はあまり良くないようですが富士山とか東京のビルとかは見えなかったでしょうか?

はじめまして

はじめして。2ヶ月前から拝見させていただいてます。
かすみがうら市に在住してますが、牛久大仏いったことありません。(汗。。;
向かい側にある、アウトレットには時々行ってるのですが。・・・
私も、今秋あたりから、キャンピングカーで旅をする予定で、製作中です。
大いに旅の予定の参考にさせていただいてます。

Re: 千葉より

こんばんは。
あのときは、房総藩半島の内部はどうなっているかなって、大多喜町に行きました。
今回の北上は、千葉を通ると、早くから決めていました。
房総半島は、見る所が豊富。 そんな印象でした。




Re: 牛久大仏

毎日、空気は霞んでいますね。 見えるはずの物は、たいてい見えない。
牛久大仏、大きいですね。
でも、1度見たら、それで十分。

日本一の橋も、日本一の像も、作られた目的は、それですから。
必要にせまられて、何かを作った。 それが、美しいものとして残った。
そんなのが、いいですね。

あと、住民が動いて、何かを作った。 町並みとか。 そんなのもいいでしょうか。

真っ直ぐ、北に向かおうかと思っています。 何があるか分からない。 これから。
水戸の方に、まったく道の駅がない。 それが、問題でした。





> きた~牛久大仏!120mですか、茨城県庁舎(25F・120.2m)と同じ高さですね。
> 展望はあまり良くないようですが富士山とか東京のビルとかは見えなかったでしょうか?

Re: はじめまして

製作中とは、自分でつくっているということですね。

旅をしないで、キャンピングカーを買うのと、1年間旅をして買うのとでは、別の車になるでしょうね。
どんな車でも、工夫次第で何とかなる。 そんな風にも思っています。
軽の車でも、大丈夫。

秋が楽しみです。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/992-fc24ac26

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。