キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
袋田の滝は、大きな滝だった。
月待の滝は、裏側から見ることができた。

どうして袋田の滝と言うんだろう、と思っていた。
何てことはない、大子町の袋田にあった。   ※ 大子町は、だいごまち、と読む。 むずかしい。

観光地だった。   ※ 駐車料は500円。 でも、500円分の金券をくれた。 後で、それで食事。

10年7月15日 (1)  10年7月15日 (2)  10年7月15日 (3)

トンネルを抜けたら、滝だった。  そのために作ったから、当然か。

10年7月15日 (4)  10年7月15日 (5)  10年7月15日 (8)

日本三名瀑の一つ。  ※ 他は、華厳の滝、那智の滝。

雨で水量が多いという。 トンネルを歩いている時から、轟くような音が聞こえた。

10年7月15日 (6)

高さ120㍍。 幅73㍍。   高さより、大きさを感じた。

10年7月15日 (6)ppsamu

少し横の、吊橋から撮影。

10年7月15日 (7)

ここを出たら、第一観瀑台。 

10年7月15日 (14)

滝は、4段に別れていた。 大きくて、カメラに全部入らない。

10年7月15日 (12)

雨で、少し濁っている。

10年7月15日 (10)

西行もここに来て、絶賛したとあった。

10年7月15日 (11)

さっきは、あの吊橋にいた。 トンネルだ出来る前は、左の方から、吊橋を渡ってきた。

10年7月15日 (9)

トンネルの中に、神社が。

10年7月15日 (13)

ここは、第2観瀑台。 エレベーターで上がった。

10年7月15日 (15)

木が育っているので、下は見えない。 どうして、そのままにするのかな。

10年7月15日 (17)

この滝の水は、落ちたり、滑り落ちたり、いろいろ。

10年7月15日 (18)

こんな風に撮ってみた。

10年7月15日 (16)

大きくなる。

10年7月15日 (16)pp

このエレベーターで、下に下りた。

10年7月15日 (19)

滝だけで観光地と言うのは、他にあるだろうか。 
大きな滝でしたね。
食事をして、月待の滝に向かった。  ※ 500円安くなるので、少し贅沢。

IMG_35kkko97.jpg

滝は、間もなく。

10年7月15日 (20)

久慈川という川。 アユを釣ってる人がいた。

10年7月15日 (21)

もうすぐ。

10年7月15日 (22)

裏見の滝とある。 やさしいって、どういう意味だろう。

10年7月15日 (30)

雰囲気がいい。

10年7月15日 (23)

見えた。 小さな滝。

10年7月15日 (29)

横から見たら、こう。 入って行けそう。

10年7月15日 (24)

これが、裏見の滝。 やっと、見ることが出来た。

10年7月15日 (27)

この滝は、裏見の滝では、日本で5本の指に、入るようですね。

どんなに暑い日でも、ここは、涼しい。

10年7月15日 (26)

水がきれい。 ヤマメも泳いでいる。

10年7月15日 (25)

滝の上には、食事の出来る店がある。 

10年7月15日 (28)

月待の滝は、小さな谷にあった。 そこは、箱庭のように、環境が整えられていた。
いい所だった。

次に向かった。
芭蕉が寄ったという、雲巌寺。

10年7月15日 (31)

いい雰囲気ですよ。

10年7月15日 (32)

1689年5月23日、芭蕉は、この門をくぐった。 この山門は、その時の門。

IMG_36ppllkkj59.jpg

上から。 大きな杉の木。

10年7月15日 (33)

仏殿。 芭蕉が見たのは、これの前の建物。 大正時代に、昔の手法で立て直した。

10年7月15日 (34)

中はこう。 このように、あっさりしたのを、たまに見ますね。 

10年7月15日 (35)

山門。 鎌倉時代の物。 
秀吉が小田原を攻めた時、烏山城も攻めた。(小田原に城主がやってこなかったから)
その時、この寺に多くの者が逃げてきた。 秀吉、それを聞いて寺を焼いた。
でも、この山門は、焼け残った。

10年7月15日 (36)

左に、芭蕉の句碑が。

10年7月15日 (37)

芭蕉は、江戸の深川にいた時、この寺で修行をした、仏頂禅師に会っていた。 芭蕉37歳。 仏頂38歳。
芭蕉は、禅をこの人から学んだ。 人間的な深みを増したと思った芭蕉は、仏頂を尊敬することになる。

それで、仏頂が禅をした小さな建物(庵)の跡を見に来た。

   啄木鳥も 庵は破らず 夏木立

啄木鳥(キツツキ)は、寺の建物をつついて、傷める。
でも、啄木鳥は庵をつつかなかった。

このように、芭蕉は、仏頂の威光を表現した。

芭蕉は、「降り残してや ひかり堂」のように、「特別」を表現するのが、とても上手。

10年7月15日 (38)

建物は、仏殿の上にも。

10年7月15日 (39)

10年7月15日 (40)  10年7月15日 (41)

道の駅、那須与一の郷。 像があった。

10年7月15日 (42)

壇ノ浦での弓。

10年7月15日 (43)

那須神社。

10年7月15日 (44)

芭蕉は、ここに寄って、雲巌寺に行った。

10年7月15日 (45)

袋田の滝は、立派な滝だった。
日本3名瀑と言っても、恥ずかしくないと感じた。

裏見の滝はいい。 他のも見てみたい。

雲巌寺もよかった。 でも、残念なことがあった。
境内の石段は、すべて新しかった。 石とコンクリートを使って。
もったいない。 魅力半減。

  ※ 関連ブログ   華厳の滝   那智の滝  暗門の滝(大きくないけど、この滝が好き。津軽に)
               羽衣の滝(高さ270㍍ 日本で2位。北海道天人峡に)  奈曽の白滝 他(小さいけどいい)  吹割の滝(変わった滝)


【道の駅】    那須与一の郷

【明日の予定】  この近くです。

【動画】     袋田の滝 (YouTube     月待の滝(YouTube)

【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で3位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

袋田の滝

高さだけでなく幅のある滝は迫力が違いますね。
今まで行った滝では奥日光の湯滝なんかが良かったです。

袋田の滝は、なかなか見ごたえありますねー
実は、私も以前行きましたが、
せっかちなので、さっさと通り過ぎてしまいました(^_^;)
携帯なのでたいした写真ではありませんが、
良かったら見てくださいね。
http://utchy507.blog42.fc2.com/blog-entry-21.html

Re: 袋田の滝

大きかったですね。
感動は、大きさほどではないかな。


Re: タイトルなし

感動するには、美しさが必要でしょうか。
木でちゃんと見えないというのは、問題あり。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/998-3543ebab

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。