FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

9時頃、多比良港に行った。  フェリー出発3分前だった。
最後に乗った。 

10年3月20日 (1)

子供たちが、たくさん乗っていた。 にぎやかだ。
カモメにお菓子をやって、遊んでいた。 カモメは、どこまでも、船に付いてきた。

10年3月20日 (2)

国見の町。 島原半島は、海岸からすぐ、このように高くなっていく。

10年3月20日 (3)

長洲港が見えてきた。

10年3月20日 (4)

天気が大丈夫だったら、筒ヶ岳に登ろうと考えていた。 パラパラと降ってきたので、変更。
蓮華院誕生寺奥の院に、変わった形の五重塔があるので、そっちにした。

山の上にあった。 立派だ。

10年3月20日 (5)

ここは、真言律宗のお寺。 真言は、真言密教。 律宗は、南都六宗の一つ。
分からないのは、このようなのを建てるお金は、どのようにして集まるのか。
信心深い人が、寄付をするのか。

10年3月20日 (6)

これが、五重塔だが、太い。 スマートでない。 でも、美しい。
調べてみたら、体積で日本一だそう。

※ 美しさで日本一を競うのは、大変なこと。 室生寺と言う強敵がいる。
  だから、みんな、別のことで、日本一になろうとする。

10年3月20日 (7)

他にも、日本一はあった。 いや、世界一だった。(自称でなく、実際にそうだった)
 ここに、ぶら下がっている、梵鐘。
高さ、4.55㍍。 重さ、37.5トン。(37500㌔)

10年3月20日 (8)

大きいということは、音が低いということか。 聞いてみたい。

10年3月20日 (9)

どっしりと、貫禄充分。 台風で、倒れることはない。
美しさは、どの程度でしょう。 室生寺五重塔には、はるかに及ばないかな。
             ※ 室生寺五重塔  法隆寺五重塔  羽黒山五重塔  清水寺三重塔

10年3月20日 (10)

仁王門。 仁王様がいる。 お相撲さんの格好だ。
毎年ここで、横綱の土俵入りがあるそうだ。 九州場所の時か。

大仏さまが、遠くに見える。

10年3月20日 (11)

大仏様。

10年3月20日 (12)

どうして、相撲と関わりがあるのか?

10年3月20日 (13)

仁王門と鐘のお堂(鐘楼堂)

10年3月20日 (14)

本堂は、五重塔の1階にあった。

10年3月20日 (15)

大仏様のいる、山の上に向かった。

10年3月20日 (16)

10年3月20日 (17)

頂上に着いたが、見晴らし台に向かった。

10年3月20日 (18)

こんな石像。

10年3月20日 (19)

有明海は、見えなかった。

10年3月20日 (20)

後ろ姿。

10年3月20日 (21)

10年3月20日 (22)

少し太めの五重塔かな。

10年3月20日 (23)

南大門を作る計画がある。 そこに納める仁王様。

10年3月20日 (26)

一番右の白いのは、朝青竜が心象モデルだという。 心象モデルだから、そっくりではないのかな。

10年3月20日 (25)

見終わって、道の駅「きくすい」に行った。 少し散歩した。  
肥後民家村があった。 雨が降ってきたので、行かなかった。

10年3月20日 (27)

江田船山古墳。 
この古墳は、こんな古墳だった。(Wikipediaより)
日本最古の本格的記録文書である75文字を銀象嵌(ぎんぞうがん)で記した大刀が出土したことで有名な前方後円墳。

10年3月20日 (38)

ここに、石棺があった。 見学できた。

10年3月20日 (37)

これが、石棺。 80以上の埋葬品が入っていた。

10年3月20日 (34)

こんなのが。 発掘されたものは、全てまとめて国宝に指定された。

10年3月20日 (35)  10年3月20日 (36)

近くに、こんな橋が。 これが、吊り橋だという。

10年3月20日 (28)

向こうは菊池川か。(確認できていない)

10年3月20日 (29)

縄文時代の、復元住居。

10年3月20日 (31)

この顔がいい。 縄文人の目つきって、どうだったのかな。

10年3月20日 (30)

さっき渡った、吊り橋。

10年3月20日 (33)

道の駅「きくすい」の建物。

10年3月20日 (32)

卑弥呼がいた邪馬台国は、九州のこの辺りかも知れないと言われている。
古くから、人が住みついていた。
古墳から出るものも、古い。 だから、国宝になる。
日本の発祥の地かも知れない。


【道の駅】    きくすい

【明日の予定】  菊池に行きます。 しうさんの住む街です。
         二日間菊池を見て、その後、23日の阿蘇火振り神事を見に行きます。 しうさんも一緒です。

【今日の歌】   異邦人(YouTube)

           栄冠は君に輝く(YouTube)   高校野球が始まる。 この人のが、飛びぬけていい。

        
【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で4位です。
                   (週間IN 320 週間AUT 200 月間IN 1050)
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

漠然と、灯籠というものをイメージしていたが、今日見たのは、それとは違った。

国道3号線は、熊本から北に向かっている。 山の中だ。
山鹿市を過ぎたら、福岡県に入る。 久留米市を通り、更に北に行くと、福岡市だ。

山鹿市は、熊本県の北部に位置し、山鹿温泉と山鹿灯籠まつりで知られる町だった。

公共の駐車場が、すぐに見つかった。 灯籠民芸館に向かった。
風情のある街並みが、残っていた。

10年3月5日 (45)  10年3月5日 (46)

ここは、昔、豊前街道の山鹿宿。
国道3号線は、福岡に行くが、江戸への街道は、小倉に向かっていた。

10年3月5日 (36)

この建物が、山鹿灯籠民芸館。 昔、銀行だった。

10年3月5日 (17)

これが、灯籠だという。 吹き抜けになっており、2階から撮影。

10年3月5日 (50)

こんな灯籠だ。 頭にかぶるという。 金灯籠と呼ぶ。

10年3月5日 (8)

こんな風に踊る。 千人灯籠踊り。      山鹿灯籠まつり(YouTube)

10年3月5日 (3)

これも、灯籠だという。 奉納灯籠と呼ばれ、大宮神社に奉納する。
お祓いを受けて、献灯するそうだ。 これも、灯りが点くようになってる。

10年3月5日 (1)

これは、八千代座の中。 この後行くが、行事が入っていて、中は見られなかった。

10年3月5日 (2)

名人と言われる人の作。 水車のある家。

10年3月5日 (4)

熊本城。 灯籠だから、暗くして点灯したのが見たかった。

10年3月5日 (5)

灯籠師と言われる人が作る。 材料は、和紙と糊だけという。

10年3月5日 (6)

静岡浅間神社楼門。

10年3月5日 (7)

建物は素晴らしかったが、期待していたのとは、違った。
灯りが点いて、たくさんの種類のものが見られると、思っていた。
          ※ 今まで、灯りが点く物できれいだったのは、これかな。  弘前ねぷたの館

山鹿灯籠まつりの、ポスターがあった。 原画も。 鶴田一郎と言う人が描いた。

10年3月5日 (9)

10年3月5日 (10)  10年3月5日 (11)

こういうのを見るのも、面白い。

10年3月5日 (47)

10年3月5日 (48)  10年3月5日 (49)

八尾の風の盆や、小町まつりのポスターは、写真ですね。 前年のを利用する。 これはこれで、いい。 (モデルを使う時もあるのか)

10年3月5日 (14)

10年3月5日 (15)  10年3月5日 (16)

同じ敷地内に、灯籠を作っている所があった。  すべてが、紙と糊。

10年3月5日 (12)

10年3月5日 (13)

通りを歩いていたら、こんな門が。  神社の門が、石の門だ。 石橋のよう。
1804年に、地元の石工、甚吉という人が造った。

10年3月5日 (19)

灯籠師のお店。

10年3月5日 (20)

あるお店に飾ってあった。 ランプも灯りが点くときれいだ。  ※ もう一度行きたい温泉はここ。 青荷温泉ランプの宿

10年3月5日 (21)

こんなお店も。

10年3月5日 (23)

街道の通りから、横に入った。 左に、八千代座が。

10年3月5日 (24)

右の、あるお店。
  
10年3月5日 (25)

明治43年に建てられた、芝居小屋。 重要文化財。
貸切で使っていたため、入れなかった。 残念。

10年3月5日 (26)

向かい側に資料館があった。 そこで我慢。 芝居で使った物が、展示してあった。

10年3月5日 (27)

宣伝の原画。

10年3月5日 (29)

10年3月5日 (30)

テレビドラマの撮影が、あったそうだ。

10年3月5日 (28)

ここを出て、街を散歩した。 灯籠民芸館の近くに、足湯が。

10年3月5日 (31)

戻って、街道の道を歩いていたら、こんなお店。 小さな美術館。
面白そうなので入った。 食事もできたので、カレーを食べた。
  ※ 後で知ったが、情報誌のこの店は載っていた。 知られた店だった。

10年3月5日 (22)

許可をもらって、撮影。

10年3月5日 (32)

繭の人形。

10年3月5日 (33)  10年3月5日 (34)

金灯籠。

10年3月5日 (35)

道の駅鹿北の近くの温泉に、大きな水車があった。

10年3月5日 (37)  10年3月5日 (38)  10年3月5日 (39)

10年3月5日 (40) 

ここの道の駅には、たくさんの建物がある。 木の作品を作っている所も。

10年3月5日 (42)  10年3月5日 (41)  10年3月5日 (44)

10年3月5日 (43)

山鹿の町は、歩いて楽しい町。 温泉街だから、安くていい温泉がいっぱい。
そんな感じの町でしょうか。
灯籠まつりは、8月15・16日。 見たいけど、そのころ九州にいるのは、むずかしい。


【その他】    映画「沈まぬ太陽」が、日本アカデミー賞で、賞をもらいましたね。 
                          ※ 関連ブログ 24年目の御巣鷹の尾根~日航123便~

【道の駅】    鹿北   ここです。   福岡県まで、あと少しの所。 


【ブログランキング】   国内旅行1位、旅行全体で4位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。
動物や花を探すのに、苦労しない。 のんびり見学できた。
ここは、動植物園。 たくさんの花もあった。
鳥など、他からのお客さんもいて、それも楽しかった。


熊本市動植物園の正門。 西門もある。

10年3月4日 (1)

ここには、動物は120種、約1000頭を飼育している。
植物は、外の花壇と、大きな温室。

最初に見たのは、ツキノワグマ。 顔つきがやさしい。 ヒグマも、小さい時は、こんなんかな。
                                           ※ ヒグマの大きいのはこう。  北海太郎

10年3月4日 (2)

植物園でもあるから、環境がいい。 幼稚園の子供たちが、たくさんいた。 親子で。 一人前に、よくしゃべる。

10年3月4日 (3)

その辺を散歩している鳥もいる。

10年3月4日 (4)

まだ、名前が分からない。 アオサギでいいのかな。

10年3月4日 (5)

飛んだ。 首は、真っ直ぐではない。(?)

IMG_9728vvcxz.jpg

ダチョウ。 大きな目玉。 頭の中のほとんどが、眼ではないのか。

10年3月4日 (6)

長い舌。

10年3月4日 (7)

柵も檻(おり)もないが、鳥はいる。

10年3月4日 (8)

真っ直ぐ向かってくると、威圧感がある。

10年3月4日 (9)

ここの動物たちの目は、優しい感じがした。 そうなるように育てられているのか。

10年3月4日 (10)

野鳥。

IMG_9804.jpg

ワニの目は、猫の目。

10年3月4日 (11)

頭より、くちばしの方が大きい。  カササギサイチョウ。

10年3月4日 (12)

カワセミ。  急いで、カメラの画素数を最大にする。 下の写真は、望遠で。(15倍)

10年3月4日 (13)

パソコンで、拡大。  今まで撮影した中で、一番きれい。  ※ 鹿児島の喜入でも撮った。

10年3月4日 (14)

花の休憩所。 中に、温室がある。

10年3月4日 (15)

他の花もあったが、ランが多かった。 いつ見ても、いい。

10年3月4日 (16)

美しさを競っている感じだ。

10年3月4日 (17)

白は、撮影がむずかしい。

10年3月4日 (18)

花の中。

10年3月4日 (19)

花だけ撮るのではない方が、面白いかもしれない。 今回、そんなことを感じた。

10年3月4日 (20)

こんな温室。

10年3月4日 (21)

形が、個性的。

10年3月4日 (22)

似た形で、色違い。

10年3月4日 (23)

今が、見所か。

IMG_9878_20100304233707.jpg

花だけ大きく撮るより、いい。

10年3月4日 (24)

ここは、熊本市が経営している。 管理の状態はいい。

10年3月4日 (25)

ランは、伊豆で見たのが一番だった。   ※ 関連ブログ  らんの里

サボテンの温室。

10年3月4日 (27)

サボテンの花。

10年3月4日 (26)

ベニゴウカン。

10年3月4日 (28)

ベニは、紅。  ネムノキ(合歓木)に似ているから、この名前だそう。  ※ ねむの花は、「象潟や 雨に西施が ねぶの花」に。

10年3月4日 (29)

名前は、フイリソシンカ。

10年3月4日 (30)

滝があった。 裏から見たので、裏見の滝。 恨みの滝ではない。 どこかで、必ず見ますよ。

10年3月4日 (31)

ピンクの部分は、葉っぱかな。 ブーゲンビリアが、そうだった。 

10年3月4日 (32)

菜の花。

10年3月4日 (33)

クジャクの背中。

10年3月4日 (34)

鳳凰のような、威厳がある。   ※ 金網があるから、写真は撮りづらい。

10年3月4日 (35)

スズメは、お客さん。

10年3月4日 (36)

クロヒョウ。

10年3月4日 (37)

動物たちは、健康的なものを食べている。

10年3月4日 (38)

ボリビアリスザル。

10年3月4日 (39)

名前は、?

10年3月4日 (40)

アンゴラコロブス。 遠く、アンゴラを見つめているのか。

10年3月4日 (41)

おれは、どうしてここにいるんだ、って思っているかも。

IMG_9950.jpg

キンシコウ。 ここの動物園の目玉。 かなり珍しい。 
※ 日本では他に、名古屋市の東山動物園だけ。(そこの展示は、3月いっぱいで終了)

10年3月4日 (42)

中国の山の中にいるそう。   キンシコウ(Wikipedia)

10年3月4日 (43)

今日は、苦労しないで、たくさんの動物や花を見ました。
のんびりとした、一日でした。
                      ※ 関連ブログ   冬の旭山動物園    動物園の役割って何? 

【道の駅】      きくすい

【明日の予定】   山鹿(やまが)に行こうと思ってる。 灯篭を見られる所がある。 面白そう。

【今日の歌】     YELL(YouTube)     卒業式の季節です。


【ブログランキング】   国内旅行1位、旅行全体で3位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

五木村の山奥に行ってきた。 小雨の降る中、傘をさして。

自然の中を歩いていて楽しいのは、発見があることでしょうか。
花とか、動物とか。
まだ寒いので、それらは少ないですが、少しは期待できる。

サルや鹿やイタチに出会ったことはある。 でも、熊やイノシシは、まだない。
魚は、しょっちゅう。  ヘビは、時々。   ※ 関連ブログ  マムシ   蕎麦の花も。 きれいですよ。

ここは、白滝公園。 県道25で、八代に抜ける峠の手前。    場所はここ

10年3月3日 (4)

渓谷のある、小さな公園。  高さ70㍍、幅200㍍の、石灰岩の崖がある。

10年3月3日 (5)

小さな神社も。

10年3月3日 (6)

この先に、小さな洞窟がある。 名前はない。 
ここの機械に、100円を入れると、洞窟の中に20分電気が点く。

10年3月3日 (7)

行ったら灯りは点いてた。 ※ リュックには、懐中電灯がある。 突然消えても大丈夫。

10年3月3日 (14)

下は、川だった。

10年3月3日 (8)

階段の所は、滝。

10年3月3日 (12)

奥まで、20㍍くらい。

10年3月3日 (9)

下は川で、大きな穴から、水は出てきていた。  この写真で、右の方から。

10年3月3日 (10)

小さな鍾乳石。      ※ 関連ブログ  鍾乳石の綺麗な鍾乳洞は、滅多にないが、竜ヶ岩洞(静岡県)はいい。

10年3月3日 (11)

出口。

10年3月3日 (13)

右の方から来た。 奥に見える橋を渡って。  この後、橋を渡って、左に行く。

10年3月3日 (15)

山の中から、川が流れてくる。 そこに、小さな洞窟が。

IMG_9654zzxcdm (2)

変わった雰囲気。

10年3月3日 (16)

ここは、旧道だった。 30年ほど前に、右の山の中にトンネルが出来た。 五木方面に行きやすくなった。

これは、削ったんでしょうね。 発破を使わなかったら、大変ですよ。

10年3月3日 (17)

こっちは、水が削ったのか。

10年3月3日 (18)

向こうから来た。 大きな岸壁が見える。

10年3月3日 (19)

砂防ダムか。 小さなダムだ。 砂利で埋まって、何の役にも立っていない。
こうなるのが分かっていても、たくさん作った。

10年3月3日 (20)

目の前にも、大きな岸壁が。 地蔵さんがないか探したが、なかった。

10年3月3日 (21)

いい色だ。 魚を探していた。

10年3月3日 (22)

いた。 イワナか。(ヤマメかも) 25㌢くらい。  婚姻色のように、少し赤かった。 今の時期、そういうのがあるのか。

10年3月3日 (23)

ここの見所は、崖と、川と、洞窟の3つでしたね。 魚釣りに来たら、面白そう。
白滝公園となっていましたが、ここは、白滝渓谷ですね。


ここから、別の道を山に、数㌔入る。 そこに、大滝がある。

途中、犬を見た。 猟をするときの、猟犬と思う。 今まで、山の中で何度か見た。
人間を襲う顔つきではなかった。 

10年3月3日 (1)

ここは、たいへんな山奥だ。 それでも、家はある。 見事な石垣だ。
昔は、年に何度もここから出ないで、生活したんでないかな。

10年3月3日 (2)

炭焼き釜。

10年3月3日 (3)

ここから、歩いた。 800㍍ほど。

10年3月3日 (24)

一人なので、細心の注意を払う。 事故のないように。 ※ 登山の時は、たいてい、他にも人がいる。

10年3月3日 (25)

滝があるところは、源流に近い。 川も、こんな風になる。

10年3月3日 (26)

大滝。 五木村は山奥だ。 その五木村の最山奥に、大滝はあった。

IMG_9654zzxcdm (1)

最近雨が降るので、水量が多い。 しぶきが、飛んでくる。 マイナスイオンになって。

10年3月3日 (28)

高さ、35㍍。

10年3月3日 (27)

ここの滝壺に、イワナの主がいますよ。「釣りキチ三平」のマンガに出て来るような。 
ユラ~って見えたら、感動ものだ。

10年3月3日 (29)

このサイズの滝で、今まで見た中で感じの良かったのは、青森県の「暗門の滝」かな。

階段があったので、登った。 どこに行くかは分からない。

10年3月3日 (32)

水は、ここから落ちていた。

10年3月3日 (33)

さらに行ってみた。

IMG_9662ddbbv

この写真を撮って、戻った。 この風景は、奥入瀬に負けませんよ。

10年3月3日 (34)

戻る途中。 谷の下を見た。

10年3月3日 (35)

こんな道を戻る。 もうすぐ車。  傘をさしての撮影は、少し大変。

IMG_9677vvccx

切り株。 上が南ですね。 温かいから、成長が早い。

10年3月3日 (36)

八代市に向かった。 峠を越えたら、石橋があった。

10年3月3日 (39)

ここは、八代市東陽町。 石橋の技術者が、昔、この町にいた。 通潤橋や雲台橋も作っている。
笠松橋。 小さく、かわいい、石橋だ。
調べてみたら、この橋は、明治2年に作られていた。    ※ 関連ブログ  通潤橋   霊台橋

IMG_9694vvccxxz

昔は、ここを車が通ったと、通りがかった人が教えてくれた。

10年3月3日 (37)

もう少し暖かくなれば、植物も動物も活発になりますね。 あと少しです。

峠を越える時、少ししか登った記憶がない。 でも、下りは、延々と続いた。
五木村は、かなり高い所にあった。 そういうことですね。


【道の駅】      竜北    ここです

【明日の予定】    熊本の、動物園を考えています。 植物もあるというし。 雨が降っても、どこかは見られる。
             のんびりする。

【今日の歌】     北の岬 (YouTube)   どちらも、1000を越えていました。

             愛の終わりに(YouTube)   出だしが好き。


【ブログランキング】   国内旅行1位、旅行全体で3位です。(3位と4位を行ったり来たり。 2位は遠い)  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

予報とは違い、天気は晴れた。
仰鳥帽子山を、1時間ほど登ったら、福寿草の群落があった。
初めて見る、風景だった。

  
昔、谷底に集落はあった。 私は、その時代に一度通ったことがある。
川沿いに、道はあった。

今は、家も学校も、右の山の中腹に。 左の方の高台にも家がある。

※ 小八重橋の中間に車を停めて、撮影。

IMG_9280vvcxdf.jpg

人に聞いて、ここにたどり着いた。
仰鳥帽子山(のけえぼしやま)を、イラストマップで見たら、かわいい山に見えた。
でも、実際は、頂上まで2時間の山だった。

写真を撮りながら登ると、3時間以上かかるので、頂上はあきらめた。 ここに着いたのは、お昼。

IMG_9288vvghfj.jpg

登山道は谷にあった。

10年3月2日 (3)

最初に発見した、福寿草。 20分ほど歩いた時。

10年3月2日 (4)

下の方でも、かたまって咲いてる所があった。 ピークは過ぎている。 下は暖かいから。

10年3月2日 (5)

1時間ほど歩いたら、花は多くなった。 
昨日の強い雨に、花びらは叩かれた。 状態のいい花は、少なかった。

IMG_9419nnbvc.jpg

やっと見つけた。

10年3月2日 (7)

10年3月2日 (8)

群落は、このような感じであった。 今が満開。

IMG_9363ccfds.jpg

川は、地面の下を流れていたが、上に来たら、出てきた。

10年3月2日 (10)

写真は、すべて道から撮影。 地面を痛めるから、近づけない。

10年3月2日 (11)

10年3月2日 (12)

福寿草と言う名前がいい。 この花を見たら、幸せになれそうだ。

IMG_9343ggggttt.jpg

このくらいの花が、好きだな。 もっと開いて、最後は散る。

IMG_9328zzzzzzz.jpg

10年3月2日 (15)  10年3月2日 (16)

いろんな所に、咲いている。

10年3月2日 (17)

この山の福寿草は、有名なようだ。 山には、20人以上入っていた。

10年3月2日 (18)

苔もきれい。

10年3月2日 (19)

美瑛にいる時、福寿草を、雪の下から掘った記憶がある。

10年3月2日 (20)  10年3月2日 (21)  10年3月2日 (22)

10年3月2日 (23)  10年3月2日 (24)

根室にいた時は、地面を斧(おの)で、割って採った。 根室は地面が凍る。

株全体の花が傷んでいないのは、滅多になかった。

10年3月2日 (25)

この辺りまで、1時間半は歩いた。

10年3月2日 (26)

花びらが開いているけど、美しい。

10年3月2日 (27)

10年3月2日 (14)  10年3月2日 (29)  10年3月2日 (30)

これを撮ったのは、2時少し前。 頂上には行かない。

10年3月2日 (31)

山は岩場なので、面白い所にも咲いている。

IMG_9428ssssaaapp.jpg

戻った。 こんな感じの沢。

10年3月2日 (33)

春が来ている。

10年3月2日 (34)

この沢の奥に行っていた。

10年3月2日 (35)

山を下っている。

10年3月2日 (36)

高野橋から撮影。  最初の写真は、向こうの橋から撮影。

10年3月2日 (37)

上流方向。                     下流に向かって左。

10年3月2日 (38)  10年3月2日 (39)

別の場所から撮影。 道の駅方面。 少し下の大きな建物は、中学校と高校。

10年3月2日 (40)

車を置いて、散歩に出かけた。

道の駅。                     お土産屋さん。 レストランも。

10年3月2日 (41)  10年3月2日 (42)

「新たなるふる里をめざして」という記念碑があった。
冒頭の文は、こうだった。
「五木村は、自らの意志にかかわりなく、新しい一歩を踏み出す」

最初から喜んで、今の状態を望んだわけではなかった。

10年3月2日 (43) 

中学校と、高校。

10年3月2日 (44)

写真の向こうが、川の下流。 谷がこのように、狭(せば)まる。 
少し行くと、相良村になり、村に入った辺りが、ダム予定地。

10年3月2日 (45) 

住宅街を歩いた。

10年3月2日 (46)  10年3月2日 (47)

何でしょうね。 目立つ花。

10年3月2日 (48)

どこも、立派な庭。

10年3月2日 (49)

10年3月2日 (50)

紅梅が咲いていた。

10年3月2日 (51)

駐車場から、上の方を見た。

10年3月2日 (52)  10年3月2日 (53)

下を流れる川は、川辺川。 計画しているダムの名前は、川辺川ダム。

ダムはどうなったのか、地元の人に聞いた。 白紙だと言った。
下流の相良村を含め、反対の市町村が多くなった。
政権も変わり、今はお金のない時代。 ダムが出来るのは、難しくなってきた。
将来、造られることはない、と私は思うかな。

今日は、花だったので、花に関する関連ブログ。

   雄国沼 満開のニッコウキスゲ(2009年6月25日)   サムネイルの写真ですが、とても大きくなります。

   ファーム富田(ラベンダー、上富良野)(2009年7月26日)

   北竜町のヒマワリ(2009年8月17日)
   


【道の駅】     子守唄の里五木

【明日の予定】   県道25で、熊本に向かう。 途中、白滝公園に寄る。 小さな鍾乳洞がある。 石灰岩の絶壁も。

【今日の曲】    ハンガリー舞曲 第5番(YouTube)    ピアノも。


【ブログランキング】   国内旅行1位、旅行全体で3位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。