FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

今年の「紋別市流氷祭り」のメイン氷像は、上藻別駅亭
この駅亭は、昨年、「登録有形文化財」に認定された。 たぶん、紋別市唯一の文化財だ。 例年は、前年話題になった物を作ってた。 昨年は、「ザ、ウインザーホテル洞爺」。 そう言う意味で、今年は、いいものを作ってる。 下の写真は、裏側。

  _MG_6768.jpg

横から見たら、こんな感じ。 手前にサイロがある。

  _MG_6771.jpg

これが、実際の上藻別駅亭。  ここのブログ

  駅亭

斜め前から見たら、こう。 手前にあるのは、滑り台。(たぶん)

  _MG_6772.jpg

氷は重たいので、こうやって持ち上げる。 人のそばに、氷をつかむ器具が見える。 一つの氷の大きさは、縦80㎝くらい。横35㎝くらい。(だいたい) 人の力では持てない。 引っ張って動かすことは出来る。

  _MG_6774.jpg

娘が保育所に通ってた頃、保育所で小さな滑り台を作った。 その手伝いをした。 夜、寒い中で。 氷が重いので大変な作業。 休憩所がある。 そこでは、温かいものが食べられる。 タダで。 それは皆、市内の会社や個人からの差し入れ。

氷像は、この他、小さいのも含めて、50基くらいが作られる。
下の写真は、初代ガリンコ号。 近くにある。 

  _MG_6766.jpg

流氷祭りの会場は、ガリンコ号の乗り場、また、オホーツクタワーに近い。



【佐呂間町 栃木】について、追加。

先日のブログに、明治44年に、16戸、137人が谷中村から移住と書いた。 この他にも、渡良瀬川流域の他の村からも来ていて、全体で91戸が入植した。 大正に入ってからも、少しの入植があったようだ。 1年目から離農者がいたとの記録もある。

補償費用に付いて調べた。 農地は反(たん)当たり30円。 家屋は一坪8円。
当時の貨幣価値も考えてみると、 だいたい、一軒、今のお金で、300万円くらいかな。(私の計算。正しいかどうかは?)
多そうに感じるが、家、開拓の道具、生活費、などを考えると、すぐなくなる金額。

政府は、住民に谷中村を離れるように勧告した。でも、実際は脅しだったようだ

移転先は、色々あって、希望したようだ。 北海道の肥よくで広大な大地をもらえると信じて。 実際は、太い木の生え茂る、原生林

明治44年4月7日。 臨時列車で小山駅を出発。 記録には、陸別、」北見、留辺蘂を通り、峠を越えたと書いてある。 若佐を通ったのかな。

移住地の苦労は尋常ではなかった。 厳しい気候と闘いながら未開の土地を開墾し、ジャガイモやハッカの栽培で生計を立てた。 1960年頃からは、酪農に転換する家も多かった。(記録から)

現在は、栃木県出身者の子孫は数世帯。 (直系はいないかも?) この地区には、愛媛、熊本からの移住者もいる。

谷中村は、とっても肥よくな、たくさん米の穫れる土地だった。 それと比べるから、落胆は大きかった。 だから、話が違うと戻る人が多かった。 1972年には、帰郷運動が起こった。

  「サロマ町のカメラスケッチ」に、佐呂間町栃木の写真が、多数載ってます。
  「谷中村や足尾銅山、渡良瀬川」の写真はここ。

※ この追加の部分は、先日の栃木のブログに、いつか移動します。



なお、小山(おやま)駅のある小山市は、江戸と日光を結ぶ日光街道の途中にある。 昔は宿場町。 高校の修学旅行で通った。 街の記憶はない。 野球の江川の出身地。


「今日の歌」は、久保田早紀の「異邦人」(YouTube)

もう1局は、高田みずえの「愛の終わりに」(YouTube) 

今日、初めて知った。佐呂間町にある「栃木」の意味が。

紋別から北見に行くとき、竜巻のあった若佐を通って、ルクシ峠を越える。
そのルクシ峠の手前に、下のような標識がある。 右に4㎞行ったら、栃木。
そこの人達は、栃木県から来たのかな。 それ以上のことは思わなかった。
一度だけ、通ったことがある。 何年も前。 地図の左下の瑞穂から入って、栃木を通って、中園に抜けた。 途中は、林道だ。

6年の国語の教科書に、「田中正造」がある。 ずっと前から載ってる。
今日、ネットで、田中正造のことを調べていた。
そうしたら、佐呂間の栃木と、足尾鉱毒事件が関係があることが分かった。
栃木県の谷中村の人達が、常呂郡サロマベツ原野に移住と書いてあった。
「あっ!」って思った。 もしかして、あの栃木かって。

すぐに、電話した。 その地域の小学校の校長に。 予想したとおりだった。
丁寧に、教えてくれた。

 標識

右下に、栃木がある。  右上の曲がった道は、ルクシ峠。  上に若佐がある。

 栃木

これ以上の山奥はないという、山奥だ。 原野と呼べるほど、平らな感じではない。

 _MG_6740.jpg

中央に、渡良瀬遊水地と谷中湖が見える。 ※ 遊水地の一部が、谷中湖。  
この一帯が、昔、谷中村だった。 ここにいた人達が、佐呂間の栃木にやって来た。 渡良瀬川は、左上に見える。 この川が、足尾銅山から流れてくる。

 _MG_6745.jpg

渡良瀬遊水地一帯が、遊水池だった。 今は谷中湖だけ。
渡良瀬川の水をここに貯め、鉱毒を沈めた。 
現在は、水には鉱毒はあまり含まれないが、土壌には、たくさん含まれる。

鴻之舞の金山の後始末も、これに似てるかな。

 _MG_6742.jpg

整理すると、これは、明治の終わり頃の話し。
足尾銅山があった。 鉱毒を垂れ流した。 渡良瀬川が洪水になったら、谷中村の畑に鉱毒の水が流れ込んだ。 畑はダメになった。 政府は、そこに鉱毒の沈殿池を作ろうとした。
住んでた人達は、追い出された。 1911年(明治44年)、16戸、137人が、サロマベツ原野に移住した。 そこの地名を、故郷の栃木にした。   その後、昭和40年代になって、多くの人が栃木県に戻った。 今残ってるのは、少しの人達だけ。 

この、鉱毒事件で、中心になって戦ったのが、「田中正造」。
田中正造は、ある文に、こう書いた。
真の文明は 山を荒らさず 川を荒らさず 村を破らず 人を殺さざるなり
この人も、チェに似てる。

少し別の話。 明治の中頃の明治17年に、二つの事件があった。 
一つは、加波山事件。 これに、田中正造が関わる。
もう一つは、秩父事件。(埼玉県) これに関わるのが、井上伝蔵。 この井上伝蔵は、死刑を宣告されるが、北海道に逃れる。 亡くなるまで、ひっそりと北見市で暮らす。 有名な話し。


「今日の歌」は、森高千里の「渡良瀬橋」(YouTube) 谷中湖の上流に足利市がある。 この橋はその町に。

    watarasebasi.jpg

変な動画がある。新聞に載ってた。 「函館滅亡!? イカール星人襲来」(YouTube)  

午後、上藻別の駅亭に行ってみたが、閉まっていた。
誰かがいるのは、午前中だったかな。
山道を、周りを見ながら走ったが、動物は見当たらない。 ウサギは夜に活動するのかな。
なんぼ白くても、雪の上を走ったら、キツネとかにすぐ見つかるか。
ところで、ウサギは、キツネにずっと足跡をつけられたら、困らないのかな。
捕まらないために、何か工夫してるのかな。 

何も収穫はないので、紋別港のチカ釣り を見てくるか、となった。
もし、流氷が近づいているなら、大山に登るのだが。

こんな感じで、たくさんの人がいた。 チカが釣れてる。
路面は、ツルツル。 海から離れて走った。

 _MG_6704.jpg 

バケツのそばに、転がってる。 このあと、火ばさみでつかんで、バケツに入れた。
屈まなくてもいいから、楽だか。 芭露川の穴釣りの方が、いっぱい釣れてた。 そっちの方が、面白そうだ。 

 _MG_6705.jpg

ロシア船だ。 錆びて、ボロボロ。 日本の船と違って、鉄でできてる。たいして、大きくない。 波が荒れてきたら、どこかの港に逃げ込むのか。
人は、見当たらない。 この事については後で。 

 _MG_6706.jpg

ロシア船なのに、ロシアの国旗でない。 調べたら、カンボジア。 よくあるのは、パナマやリベリア。 カンボジアの方が、税金が安いからだ。 海のない、モンゴル籍にする船もあるそうだ。

 _MG_6706no2.jpg 

この船の、錆び方は、もっとひどい。 中は、どうなってるのか。 見てみたい。 船底辺りに、寝るとこがあると思うが、おっかないな。

 _MG_6703.jpg

この船は、カニを積んでくる。 全部、活カニかどうかは分からないが。 足だけの冷凍もあるかな。
寒いから、人は船の中か。 夏は、みんな甲板に出てる。
買い物に行って、いないかも知れない。 よく行くのは、ホーマック。 シティ。

コンビニに行くこともある。 こんな場面を見た。 酒の瓶のフタを開けて、匂いを嗅いでた。 店員ともめた。 やったらダメなのは、知ってるけど、やる。 誰でもでは、ないが。 旅の恥はかき捨て放題、という感じ。 自転車は、平気で乗る。 人のに。

昼間から、酒を飲んで目を赤くしてるのもいる。 ロシア人は、ウオッカを飲む。 強い酒だ。
この酒を飲んで、体を温める。 そういう生活をするから長生き出来ない。 ロシア人男性の平均寿命は、58歳。 でも、船に乗ってる人達の平均寿命は、50歳に満たないと聞いたことがある。 だから、ロシアには、おばあちゃんはいても、おじいちゃんがいないと、言われている。  私がもし、ロシアで生きてたら、少なくても、片足は棺桶の中だな。

ロシア人は、寝返りをしないと言われている。 どうしてそうなったか。 冬寒いから、暖炉より高いところで寝る。 そこは、棚のようになってる、せまい寝台。 だから、寝返りをしないで寝るようになった。 
また、ロシア人は、蚊に刺されないそうだ。 すごい蚊の中で生活してるから、そうでなければ生きていけない。 都会の人は、別かな。

日本人は、全体が、ある幅の中にいる。 
ところが、ロシア人やアメリカ人は、その幅が大きい感じがする。 悪人と善人の違いが、日本人よりずっと大きい、ということ。 日本人は、全体に似てる。 ロシア人は、人によって全然違う
そんな感じがします。

あと一つ。 夕方、女の人が一人で港に行ったら、絶対ダメ。 新聞には載らない情報もある。

ロシア人のことを、少し悪く書いた。 日本とロシアが平和条約を結んで、仲良くなったら、いい。 今のロシアの船は、「密漁」とか、暗い部分がつきまとう。 普通に仕事でやって来たら、今のように、退廃的な感じではなくなる。 そう言う時代が来ればいい。 学校の学芸会で、ロシア民謡をやる。 ロシア人を招待する。 市内の学校にいるとき、そんなのを夢見ていた。

オバマが、日本とロシアの関係にも、影響を与えるような政治をやってくれたら、うれしいかな。


下の船は、巡視船「そらち」。 建造してから、25年。 ロシアの船は、何年経つんだ。
この船は、網走管内の、オホーツク海が守備範囲。

 _MG_6708.jpg


「今日の歌」は、ロシア民謡「カリンカ」(YouTube)

          コロブチカ(YouTube)  前奏が2分くらいか。

         別の、コロブチカ(YouTube)       カチューシャ(YouTube)       

今日は、網走に行ってきた。 会議のようなもの。
出発して、気づいた。  カメラを忘れた。  今日の写真は、全部携帯。
携帯は、動きが、のんびりしている。 使いづらい。

出張だから、通り道から、たくさん離れることは出来ない。
おかしな所で事故でも起こしたら、「どうして、そんな所にいるんだ」となる。
オプションの楽しみは、考えてあった。  それを紹介。

まず、芭露川に寄った。 いたいた、人が。 誰でもが釣れてた。
下の写真に、約50人が写ってる。 氷の上には、この5倍の、250人がいた。
今日は平日。 働かないでいいのかな。 この人たち。
もう少ししたら、人のことは言えなくなるが。

チカを釣っていた。 キュウリも釣れてた。 その匂いが、道路にまで届いた。
確かに野菜のキュウリに似ているが、なまぐさい

 DSC00462.jpg

サロマ湖を見て、アララララ でした。 氷が張ってない。 だから、釣りをしてる人はいない。 岸辺に、薄い氷が少し。
カメラを忘れた仕打ちが、ここであった。 アザラシが泳いでた。 少し遠い。 携帯では無理だ。
旅が始まったら、車に積んだ物が、全財産。 だから、物を忘れることはない。 いい。
サロマ湖も、釣れたら、チカ。 芭露川に、あんなに人がいるというのは、他が釣れてないんだな。

 DSC00464.jpg

網走湖です。 この風景は、少し予想していた。
鳥がいっぱいいた。 カラスの他に、なんと、オオワシとオジロワシ。 20羽くらい。
氷の下には、ワカサギの網が仕掛けてある。 ここにいると言うことは、網をあげた後、魚がこぼれるのか。 また、キュウリとか、いらない魚は捨てるのか。 何か、おこぼれがあるからいる。

 DSC00466.jpg

もしかして、この前のオオワシも、ここに来たかも知れない。
羅臼で、スケソウ漁が始まったら、そっちに行くのかな。 魚が大きいから、食べ応えがある。

 DSC00465.jpg

いつだか、食べようと思ったけど、その時は、店が閉まっていた。 ※その時のブログ
カキづくし定食。  お店の名前は、「ところ」  ところにある、ところって、ところ

 DSC00467.jpg

カキは、全部で30個くらい使ってた。 カキのしゃぶしゃぶ。 フライ。 刺身。 カキの味噌汁。  今度は、ホッキの定食か。


この写真は、昨日撮影。 窓越しに。 これも、携帯。  突然発見。
ときどき、屋根の上に足跡があった。 どうやって上るのか、分からなかった。
まるで、忍者だ。 モルタルの壁を、何の苦もなく上ってた。

この写真のあと、リスは、雪の上に降りた。
私は、窓越しに声をかけて、手を振った。 リスはこっちを見た。
ここで、問題です。 リスはこっちを見て、あることをしました。 何をしましたか。
答えは、尻尾を元気に左右に振った。 10回くらい

私を、ちゃんと覚えてる。 尻尾を振るのは、初めて見た。 めんこいな~

 DSC00461.jpg

帰り、ホーマックで、ヒマワリの種と小鳥のエサを買ってきた。


※ ブログ全体が、近々変わるかな。 今、ある人に頼んでる。


「今日の歌」は、 ダリダの「オーソレミオ」(YouTube) 

もう1曲は、木村美保の「白線流し」(YouTube)

おまけ、「ヒグマに追われる釣り人」(YouTube) この動画は、以前テレビで見たことがある。 緊張間がある。 

2時から休みを取った。 山に入る。  明日、明後日はいそがしい。
まず、いつもの、鴻輝の沢に入った。
いない。 1羽もいない。 オオワシが。 

鹿の死骸の周りには、きつねの足跡しかなかった。 肉は食べ尽くして、きつねが骨をかじっているのか。

どこに行ったかを見当付けるのは難しい。 ハンターがどこに入っているかは、分からない。
今にして思えば、オオワシが10羽以上いる風景は、夢のような世界だったのかな。

今日は暗くなるまで、あと2時間。 中立牛に行って、峠を越えて、滝上に出る。 その道を行ってみよう。 この前、ハンターの車が何台かあった。

峠の頂上にある、トンネル。 この前も通った。 逆回りで。
こうやって、山道を走っているときが一番楽しい。 ここが、自分の居場所だなって、思うくらい。

ああそうだ、変わったことがあった。 民家から1キロ以上離れた山の中で、人に会った。 山奥に向かって走ってた。 車を停めて、「遠くまで行くんですか」と聞いた。 そうしたら、「運動してるんだ」って返事が返ってきた。 元気なおじいちゃんだった。

   _MG_6605.jpg

鹿の足跡を初めて発見。 雪が深いから、鹿は移動しにくいのかな。 足跡が少ない。

   _MG_6607.jpg

雄柏に出て、山奥に向かって走った。 数キロで行き止まりになった。 ハンターの車に出会った。 周りを観察していたが、いないと分かって、動き出した。
この家は、どうして写真を撮ったか。 それは、壁に大きく「~~商店」と書いてあったから。
昔は店だった。 この周りには今、数軒の家しかないが、昔はいっぱいあったんだ。
玄関の前は、雪で埋まっていた。 廃屋なのかと思って、前からもたくさん写真を撮った。
あれ? 玄関に向かって細い道があるぞ。 人が住んでるみたいだ。 失礼しちゃった。 だから、店の名前の写真は、出せない。

   _MG_6608.jpg

何を干してあるのかは、分からなかった。 とうきびではない。

   _MG_6611.jpg

農業構造改善センター。 町の建物。 補助金とかで建てたのだろうか。
農家の人にとって、一番うれしいのは、作物を高く買ってもらうこと。 そういう農業政策。
でも、農家のためと言って、こういう建物や、川の護岸整備や、砂防ダムを作ることに、この何十年も国は熱心だった。 どうして、こうなるのか。 これ以上は書けない。 私がもし書いたら何を書くかは、長くブログを読んでる人は、見当がつくと思う。  この地域出身の、小檜山博さんの考えと、私が思うことは、全く同じ。 (※ 退職したら、自由に書けるかな)

   _MG_6612.jpg

昨日の写真。 クルミとかを置いたら、直ぐに降りてきた。 めずらしく3匹。
このリスは、ヒマワリの種のほうが、好き。

   _MG_6584.jpg

このように、上手に立つ。  目の前、2㍍。
クルミが無くなってきた。 以前買った、南魚沼市の店が休んでる。 父さんが入院だ。 ここの店は、10キロ、4500円。 他だと安くても、6000円はする。 しょうないか。

   _MG_6588.jpg

こういう月を、たまに見る。 何て呼ぶのか。 「朧月(おぼろづき)」では、ないようだ。 朧月は春に見える、ぼやけた月のようだ。 童謡の「朧月夜」は、「菜のは~な ばたけ~に」 の歌。  ※ YouTube 倍賞智恵子です。 

   _MG_6581.jpg

正月に旭川に行ったとき、「里中満智子」の漫画を買った。 その時、その本の側に「蟹工船」があった。 小林多喜二のだ。 それも、買った。 読んで見た。 多喜二は、ゲバラ に似てると思った。

この二人のことで、最近一番強く感じるのは、「この二人について、いいとか、悪いとか、好きなように、誰もが言える時代になった」 と言うことかな。 少しずつ、世の中が、また社会が変わった。 ヘイリーが「アメイジング・グレイス」で、「私は、もう迷わない」と歌うように、少しずつ、少しずつ、世の中の矛盾に気づく人間が増えていった。 歌だって、それに貢献したわけだ。 この20年くらいは、そんな時代の様な気がする。

明日、「チェ 28歳の革命」を見てきますね。 いい感想が書けたらいいな。 見終わって「チェ」って言うような映画では、ないでしょう。     ※ 明日は、遅くなっても、戻ってこようと思う。 次の日新年会があった。 昼間に。


「今日の歌」は、 ヘイリーと本田美奈子が歌う「アメイジング・グレイス」(YouTube)

もう1曲は、西島三重子の「鬼無里の道」(YouTube) 鬼無里は、長野市にある地名。

あと1曲は、「チェ・ゲバラ」の歌。(YouTube)  新しい。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。